バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。
フランスに単身渡って14年。 現在はパリを拠点にヘアメイク&フォトエッセイストとして 活躍しているとのまりこさんが、 愛犬のバブーくん(アイルランド出身)を相棒に、 パリ暮らしのちょっとびっくりな出来事や、 へぇ〜っと感心する習慣などなど(*)をお届けします。 *もちろんすべてのフランス人やフランス全土に共通しないこともあります。 週に1回、でも気まぐれにもっと更新するかも? すてきな写真とともに、おたのしみください。 Amusez-vous bien!

 
とのまりこさんと バブーくんのプロフィール
 




3 7 1

「保育園にも
長い夏休み?!」

3 7 1
「保育園にも長い夏休み?!」

バブー

「夏休み元気にしている?!」

「うん、みんな元気だよ。
だけど保育園が休み中だから
体力ありあまる、
プチモンスターのお相手が毎日大変‥‥。」

この夏、こういう会話を
日本にいる友人たちとするたびに、

「へ〜!!
フランスって保育園も夏休みがあるわけ?」

と反応が返ってきて、ボクたちは知った。

えっ、なになに?!
日本の保育園は夏休みとかにならないの??


まだまだバカンス真っ只中のおフランス。

とのまりこ

フランスの保育園。
もちろんありますよ、夏休み!

プチモンスターが通っている保育園は
目下、3週間の夏休み中。

他には、年末年始に1週間、
イースターバカンスに1週間。
年間5週間、休みになります。


夏休みが保育園はお休みになるフランス。
毎日体力ありあまるプチモンスターをどう疲れさせようか
作戦を練り過ごしてます。

保育園によって、
細かいことは変わるものの、
大体どこの保育園も年間で
5週間ほどのようです。

幼稚園も小学校も中学校も。
休みだらけ(6週間行ったら2週間の休み)、
ということは今までも紹介したけれど。

保育園だって、そこまでじゃないけど
休みはたっぷりあるのです。

注:ちなみに、フランスで「保育園」という場合、
  日本での「幼稚園」か「保育園」という
  カテゴリー分けではなく、
  「幼稚園」に入る前までの未就学児がいくところが
  「保育園」、というカテゴリー分けになります。

バブー
「じゃあそんなに休みになっちゃって、
働くママとパパはどうするの?!」

って質問されるわけだけど、
そりゃ〜おフランスはバカンス大国。
会社員たちだって、
年間何週間もバカンスを取るのだから、
子供達と一緒にバカンス、という
パターンが最も一般的。

そしてフランスあるあるの
「おじいちゃん&おばあちゃんの家に
何週間という単位で預かってもらう」
というパターンも、とっても多いよ。

ボクの周りも、バカンスのたびに
1週間とか2週間おばあちゃんの家。
夏休みに至っては、1ヶ月くらい、
という子供も少なくなくて。
おじいちゃん&おばあちゃんの
たくましさも感じてるよ。
すごいよね?!


パリにいる保育園友達とも集まったりと
バカンスに行かない人たちはみんなで協力しあったり。

とのまりこ
保育園や学校が休みの時に合わせて
仕事が休めない人だって
当然いるわけですが、
そこは「バカンスありき」が
前提になっている、このおフランス。
何かしら解決方法があるようで、
みんな上手にやりくりしてます。
だから保育園だって、普通にお休みです。

保育園の先生をしている友達によると、
フランスでも例外的に、
8月も開けて、
他の園からの子供を受け入れるという
保育園もあるそうなのですが、
それは数的には本当に少ないのだとか。

そして、8月も開いている保育園だとしても、
先生は必ず違う期間に休みを取ったり、
臨時の先生が来たりするそうで、
働く人のお休みには全く影響はないそうです。

バブー
日本で保育園に
長い夏休みや冬休みがあったら、
大ブーイングになるのかな?!
きっとそうだよね‥‥。

フランスは、バカンスのピークが過ぎて
少しずつパリに人が戻ってき始めたよ。
朝と夜は涼しくて、
窓を閉めていないと
「寒いっ!」って
布団にくるまってしまうくらい。
すっかり秋の気配です。

 

※この連載を再編集し、
 書き下ろしも入れて新潮文庫になりました。
 こちらをぜひご覧ください!(2015年8月出版)

フランス雑貨のお店オープンしました。
バブーくんは日本滞在時に、お店にいます。

「Boîte」(ぼわっと)
東京都杉並区西荻北4丁目5−24
【地図】 【駅からの道順はこちら】


2019-08-20-TUE

まえへ