バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。
フランスに単身渡って14年。 現在はパリを拠点にヘアメイク&フォトエッセイストとして 活躍しているとのまりこさんが、 愛犬のバブーくん(アイルランド出身)を相棒に、 パリ暮らしのちょっとびっくりな出来事や、 へぇ〜っと感心する習慣などなど(*)をお届けします。 *もちろんすべてのフランス人やフランス全土に共通しないこともあります。 週に1回、でも気まぐれにもっと更新するかも? すてきな写真とともに、おたのしみください。 Amusez-vous bien!

 
とのまりこさんと バブーくんのプロフィール
 




3 6 1

「シラミは
おなじみの虫?!」

3 6 1
「シラミはおなじみの虫?!」

バブー

日本ではあまり耳にすることはない
ワード「シラミ」。

フランス、
特に子供のいる家庭では
超おなじみのワードなんだよ。

とのまりこ

もし、フランスに来てからの、
超衝撃だったことをランキングにして
書き出せと言われたら。

日々ビックリなことが多すぎて
なかなか難しい順位決めですが、
もしかしたら割と上位に
ランクインするかもというくらい
衝撃を受けたのが、この「シラミ」です。

日本で生まれ育った私にとって
それまで「シラミ」って、戦後とかの話?
と思ってしまうくらい身近ではなく。

私が小学生の頃は
夏休みに入る前に学校から
「シラミ」について
ご注意が書かれたわら半紙のお知らせを
いただいていましたが、
あれはごくごくたまに発生するものに備えて、
「念のため‥‥」的に配られていたのかな、
と思っていました。

バブー
ところがフランスでは
「シラミ」は「水ぼうそう」に近いくらい
身近なお友達?!

「今幼稚園でシラミが流行ってるの〜。」

「また友達から
シラミもらってきちゃったわ。」

「お泊まりに来てる
子供の仲良しちゃんの頭に
シラミを発見しちゃった。」

「先週末は、
姉弟全員シラミ駆除騒動だよ〜。」

「学校にシラミ注意報が
張り出されたわ‥‥。」

などなど。
「シラミ」にまつわる話を
身近な人からも1年に何回か耳にするんだ。

もちろん日本にも「シラミ」はいるし、
数年前に流行したらしいという
噂も聞いたけど、
十数年前、パリに来たころは
ほとんど縁がないことばだったから、
まりこちゃんはびっくりしたんだって。

とのまりこ
も〜! やめて〜!!
だから毎日髪洗わなくちゃ
ダメなんだって!!
(フランス人は毎日どころか
数日に1回くらいしかシャンプーしない)

と、初めて聞いたときは
衝撃的すぎてギョッとしたけれど、
みんなの「またか‥‥」的な
落ち着きぶりを見るたびに、
この国にいたら「シラミ」ちゃんは
当たり前にやってくるものなのだと
思っていなくちゃいけないらしい、
と、自覚するようになりました‥‥。

フランス人の柔らかくてなよっとした髪質は
「シラミ」ちゃん達がしがみつくのに
最適な毛質らしく、
つきやすいし取れにくいのだそう。

「日本人の髪の毛は
直毛でサラサラまっすぐだから
案外つきにくいから平気だよ〜。」

と、先輩ママ達に
喜んでいいのか悪いのか
よくわからないアドバイスをされつつ(汗)、
私もいつか、息子シラミ騒動で
洗礼を受けるのかと
戦々恐々としています‥‥。

バブー
おフランスで、「シラミ」ちゃんが
いかに堂々と暮らしているかは、
薬局の「シラミ」コーナーの
商品数の多さを見てもよくわかるよ。

夏を前にして、最近は
かなり前面に押し出されてきた
「シラミ」対策グッズ。
薬局で、けっこう大きな幅をとってます。

 

 

 

※この連載を再編集し、
 書き下ろしも入れて新潮文庫になりました。
 こちらをぜひご覧ください!(2015年8月出版)

フランス雑貨のお店オープンしました。
バブーくんは日本滞在時に、お店にいます。

「Boîte」(ぼわっと)
東京都杉並区西荻北4丁目5−24
【地図】 【駅からの道順はこちら】


2019-06-11-TUE

まえへ