バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。
フランスに単身渡って14年。 現在はパリを拠点にヘアメイク&フォトエッセイストとして 活躍しているとのまりこさんが、 愛犬のバブーくん(アイルランド出身)を相棒に、 パリ暮らしのちょっとびっくりな出来事や、 へぇ〜っと感心する習慣などなど(*)をお届けします。 *もちろんすべてのフランス人やフランス全土に共通しないこともあります。 週に1回、でも気まぐれにもっと更新するかも? すてきな写真とともに、おたのしみください。 Amusez-vous bien!

 
とのまりこさんと バブーくんのプロフィール
 




4 4 4

「フランスの県には
番号がある?!」

4 4 4
「フランスの県には番号がある?!」

バブー

ボクの弟分、
3歳のプチモンスターは「パズラー」。
とにかくパズルが大好きで、
1日何回もパズルをして遊ぶよ。

そんな彼が今ハマっているのが、
フランス地図のパズル。
フランス全土の地図、みなさんは
ゆっくり眺めたことはありますか??


▲フランス全土のマグネットパズル。
100ピースに別れていてチンプンカンプンですが、
なぜか3歳の息子はあっという間に場所を覚えていき
若者の脳の凄さを感じます‥‥。

とのまりこ
世界一の観光大国なので、
パリの地図を見る機会はけっこう
あちこちであると思いますが、
フランス全土の地図をじっくり眺めることって
あまりないですよね。

でも実は「地図好き」ってけっこういて、
私たちがやっている
東京・西荻窪のフランス雑貨のお店でも
フランスの地名や山脈や河川などの名前が入った
地図はないか、
という問い合わせがけっこうあります。
ほぼ日の「アースボール」が人気なのも、
やっぱり地図好きが
けっこう多いってことですよね?!

私も息子のパズル遊びを一緒にしながら
すっかりフランスの地図を眺めることに
ハマってます。


▲フランス地図パズルにハマるきっかけになったパズル。
もう28歳になった友人の息子さんが使っていたという貴重なもの。

バブー
さて、そのフランス。
ヨーロッパ内の領土
(いわゆるボクたちが言うフランス)と、
海外にある5つの領土に分けられるよ。

海外の5つの領土はちょっと置いておいて、
ヨーロッパ内のフランスは、
13の地域圏に分けられます。
これは日本でいう
「○○地方」みたいなものだね。

とのまりこ
パリがある「イル=ド=フランス」、
古城めぐりが人気の「ロワール地方」、
世界遺産のモンサンミッシェルがある
「ノルマンディー地方」、
地中海と輝く太陽とラベンダーなんかがイメージの
「プロヴァンス=アルプ=コートダジュール」
(日本では「南仏プロヴァンス」なんて言いますね)
などは日本でもよく耳にする、
馴染みある地方ではないでしょうか?!

日本と同じく、
この地方の中にさらに細かく「県」があり、
フランス本土の95県と、
フランスの南側のコルシカ島からなる
96県があります。

日本は「8つの地方」に「47都道府県」、
フランスは「13の地方」に「96県」
(海外領土の5つを合わせたら101県)。
日本の1.8倍くらいの面積のフランス。
その分、数もフランスの方が多くなります。

バブー
数が多いから覚えるのも大変!
って思うでしょ?!

でもね、フランスの「県」、
案外わかりやすいんだ。
パリと海外圏を除いて、
アルファベット順に
2桁の番号が割り当てられているんだよ。
(コルシカ島は例外的に南北を2つに分けて
2Aと2Bという番号)

01番の「アン県」から
95番の「ヴァル=ドワーズ県」まで。
もし日本だったら「愛知県」が01番、
「青森県」が02番、
「和歌山県」が47番って感じだね!


▲息子のフランス地図パズルにも、県の番号が書かれています。

とのまりこ
そしてそれが、
郵便番号の最初の2桁にも使われ、
車のナンバープレートにも
2桁が表示されるから
「県」と「2桁の番号」が
日々色々なところで紐付けされていて、
県の名前ではなく
番号で表示されることも多いのです。

例えば、今フランスはコロナ対策として、
基本的に夜8時から翌朝6時までは外出制限。
しかし感染状況のひどい県は
夜6時から翌朝6時までと
県ごとに条件が違いますが、
そんなことを表す地図も2桁の番号で
表示されたり。
長々と名前を書くよりも、
シンプルでパッとわかりやすいですよね?!


▲これはコロナの感染状況に応じて夜間外出制限が出る県を表したニュース。
ニュースで登場するフランスの地図も地名ではなく
県の番号で表示されることも多くシンプルでわかりやすい。

バブー
地図といえば、日本の学校では
地方、県、半島、湖、河川、山脈、工業地帯、
県ごとの産業や名産物や、
野菜やコメの出荷量の順位や、
日本で3番目に長い川なんて、
本当に色々なことを覚えなくてはいけないよね?!

中学校受験の社会なんて、
こういう暗記のオンパレードってイメージ?!

フランスの子供たちはどうなんだろうと、
小中学生にきいてみたけれど、
どうやら日本のように「暗記・暗記・暗記」
ということはやっていない模様。
「地方や県や名産物とかは一通り習ったけど、
そんな全部暗記した覚えはないかも?」
「まあ、なんとなくやったと思う。」
「いつ出てきたかは覚えてないけど、
確かやった。」
みたいな曖昧な答えが多かったよ。

国内ですら、気軽に旅することができない今、
地図を眺めながら旅した気分を味わっているよ!

 

 

※この連載を再編集し、
 書き下ろしも入れて新潮文庫になりました。
 こちらをぜひご覧ください!(2015年8月出版)

フランス雑貨のお店オープンしました。
バブーくんは日本滞在時に、お店にいます。

「Boîte」(ぼわっと)
東京都杉並区西荻北4丁目5−24
【地図】 【駅からの道順はこちら】


2021-01-12-TUE

まえへ