バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。


4 2 9

「芸術にかける度合いが
レベル違い?!」

 
     
バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。
4 2 9
「芸術にかける度合いがレベル違い?!」

バブー

友人ファミリーの娘ちゃんが、
パリにある
「Conservatiore national
supérieur d’art dramatique」
=「フランス国立高等演劇学校」
(フランス語も日本語も長くて難しい!)を
卒業したので、卒業公演を見に行ってきたよ。

「高等」とつくので
ボクたちにとっては紛らわしいけど、
大学卒業資格が得られる国立の演劇学校。

フランスには全国に
13の国立の演劇学校があるのだけど、
どれも受験を突破するのさえ超難しい
素晴らしい学校。
その中でもパリにあるこの学校が
トップオブザトップの最難関なんだよ。


▲パリ9区にあるフランス最難関の国立高等演劇学校。
1,000人以上が受けて受かるのは毎年たった30人。

とのまりこ

日本で演劇専攻の大学卒業というと、
まだまだ俳優の卵ちゃんで
これから花咲くか咲かないか
誰にもわからない、という世界。

全く関係ない世界に進む人も
たくさんいますよね。
専門学校に至っては、
お金を払えば入れるところが多いし、
生徒の本気度がみなそれぞれで全然違うし、
実力あるものだけが選ばれ入り、
そこでその実力を最大限に磨いて
世に羽ばたいていく、
という場所かといったら、
正直かなり違う‥‥。

私自身が小さな頃からその世界に憧れ、
実は大学に通いながら
専門学校まで卒業したりしたので、
その内情とレベルの違いはよくわかり、
フランスの国としての
芸術へのお金のかけ方と、
若者たちの実力にもうただただ仰天でした。


▲ベートーヴェン、ベルリオーズ、ショパン、リストなどがコンサートをしたとか、
ナポレオンが聞きにきていたとかそうそうたるメンバーの名前が連なる
由緒ある建物の中の劇場。

バブー
このパリのの国立高等演劇学校、
毎年だいたい1,000人くらいが受験して
(しかも本気で目指している
レベルの高い人たちがね。)
3次試験を突破して
受かるのはたった30人。
この30人に対し、
だいたい1人年間5万ユーロ(約625万円)の
教育費がかけられているんだって。

それを3年間だから、
なんと約1,800万円。
1人に対してだよ!
国が1,800万円もかけて演劇人を育成する。
さらに親の収入によって
奨学金も出るようで、
友人の娘ちゃんは、
年間1,000ユーロ(約12万5,000円)の
奨学金。
そして学校に交渉して
月400ユーロ(約5万円)の生活費まで
出してもらえていたんだって!

在学中に外国の同じような学校に
短期留学するときは、
また別に必要な生活費が支給され、
クリスマスとかには
お小遣いまで支給されたらしい。

どんだけ〜!!!
(詳細は覚えていないそうですが、
友人の娘ちゃんが3年間の在学中
学校に支払わなくてはいけなかったのが
約75,000円くらいだけだったそう。)


▲ルイ14世の時代、王立声楽・朗読学校だったという
フランスの文化遺産に指定されている建物で学ぶエリート学生たちの生活って
どんななのでしょう?!

とのまりこ
一体、国が学生1人に対して
どれだけのお金を費やしてくれるのかと
感心しかしませんが
(ただ、本当に実力ある者しか入れない学校、
学生とはいっても
すでに子役の頃から活躍している
超有名人や、在学中に賞をとるような人も
各学年いるそうで、
「学生」レベルが違うことは確か。)

さらにさらに、
この学校を卒業した後は3年間、
卒業生が仕事を受けた演劇や
プロジェクトに関する給料の支払いは
国がしてくれるんだそう。

つまり、
『雇う側がただで卒業生を雇える
=若手を起用しやすい環境』
となっているのだそう。


▲卒業公演といっても、もう完全にプロの舞台を見ているようなクオリティ。

バブー
エリート教育主義の国フランス。
国ためになりそうな子たちには
徹底的にお金を使うよ。
これは、今日の演劇の分野だけでなく、
各分野で。
エリート主義、
つまりそれは階級社会でもあり
(日本とは比べ物にならないくらいの階級社会)、
素晴らしい面とそうでない面、
両方出てくる話ではあるのだけど。

とにかく芸術的な分野を
こんなにも国がお金をかけて
支えているからこそ、
この芸術大国が出来上がっているんだなと
ちょっぴりうらやましく思います。

 

※この連載を再編集し、
 書き下ろしも入れて新潮文庫になりました。
 こちらをぜひご覧ください!(2015年8月出版)

フランス雑貨のお店オープンしました。
バブーくんは日本滞在時に、お店にいます。

「Boîte」(ぼわっと)
東京都杉並区西荻北4丁目5−24
【地図】 【駅からの道順はこちら】

 

2020-09-29-TUE

まえへ
トップへ
つぎへ
illustration:Jérôme Cointre