お気に入り記事の保存はアプリが便利!

ほぼ日刊イトイ新聞

2021-05-09

糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの今日のダーリン

・わぁ。いま、ふと気がついちまったよ。
 じぶんで気がついたことなのに、びっくりしたよ。

 「サブスク」ってあるじゃない? 
 「サブスクリプション(subscription)」の略で、
 ある商品やらサービスを、ある期間、
 一定の金額で利用できるような仕組みのことですよね。
 一回につきいくらでもなく、どれくらい使ったらいくら 
 なんてことでもなく、期間内では使い放題で、
 まったく使わなくても一定のお金は払えよってしくみ。
 毎月引き落としされるけど、電気料金なんかは
 「サブスク」じゃないし、水道料金もちがうよね。
 いまだとネットフリックスだとかのことを、
 思い出す人が多いかもしれませんが、
 よくよく考えてみたら、「サブスク」の元祖って、
 「月極駐車場」かもしれませんね。

 ぼくも、けっこういろんな「サブスク」やっています。
 とても利用頻度が高くて、それなりのお値段のもあるし、
 お安いけれど、年に一度も使わなかったというのもある。
 それにしても、ぜんぶを足すとそれなりの金額にはなる。
 でも、高いといっても、びっくりするほどじゃない。
 いのちに関わるようなコストを支払うようなことはない。
 そして、これがなかったら、いのちに関わるというほど、
 すっごく大切な「サブスク」があるというわけでもない。
 そりゃぁ、そうだ、そういうものだろうとね、
 思っていたのですよ。
 ところが、あった! 
 「いのち」に関わる、とんでもない「サブスク」。

 契約は基本的に一日ずつということなのかな。
 一日に、コンテンツ見放題、使い放題、
 いくら使ってもいいし、無駄にしてもかまわない。
 金額は、貨幣じゃなくて「いのち」そのもの。
 なんでもありだし、基本的になんでも自由、無限かも。

 「サブスク」のブランド名は「LIFE(人生)」だ。
 だれでも会員で、脱会も自由だけど、永久は無理だね。
 そして、コンテンツに、じぶんで参加できるんだ。
 すでに、ずいぶん、むだにしてきちゃったかなぁ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「つまらんつまらん」と言ってても、一日分のお支払いだ。


ここ1週間のほぼ日を見る コンテンツ一覧を見る