ただいま製作中!ただいま製作中!

2021/09/25 19:00
cho

ビデオグラファー採用募集、
まもなく締切です。

映像コンテンツの収録・編集担当者、
ビデオグラファー採用募集の締切が、
いよいよ週明け、
9月27日(月)午前11時と近づいてきました。

今年6月にリニューアルした
「ほぼ日の學校」をはじめ、
映像コンテンツの製作も
よみものやイベント、商品と並ぶ、
ほぼ日の得意分野にしたいと考えて、
採用募集をすることにしました。

ほぼ日はよいアイデアに対して
とてもオープンで、
それを本当に実現したいと行動する人を
応援する職場だなと感じます。

映像コンテンツへの取り組みは
まだまだ発展途上の中ですが、
表現にとどまらず、
製作工程や体制など
映像を「つくる過程」も含めて
ご経験やアイデアを持ち込んでくださる方に
お会いできたらいいなと願っています。

もし興味をお持ちくださったなら
こちらの募集詳細をぜひお読みください。

ビデオグラファ―募集ページ

正社員募集ですが
フリーランスの方も
業務委託として参画していただけますよ。

みなさまのご応募、
ぜひお待ちしております!
2021/09/25 15:39
akiko.kusaoi

本に呼ばれた!

お散歩がてら、TOBICHIにいらしたお客様。
店内に足を踏み入れるや
「あっ!」と、橋本治さんの新刊
『人工島戦記』に目を留められました。

架空の町であるはずの
『人工島戦記』の舞台、比良野市の
空想地図をあしらったカバーを見て、
「これは福岡では???」と。

比良野市はもちろん橋本さん創造の町ですが、
福岡出身の方には、地図に描かれた
川や市役所がどうもふるさとの姿と
重なるようなのです。
この本が目的のご来店ではありませんでしたが、
「本に呼ばれた」と
お買い上げくださいました。

きっと、他の町出身の読者とは
まったく違った読み解きができるのでしょうね。
うらやましいです。
2021/09/25 11:24
sugano

Eテレ「日曜美術館」で横尾忠則さんの特集

本のYOKOO LIFE
冷静になってじっくり読む余裕ができてきた、
スガノです。

NHK Eテレの「日曜美術館」
横尾忠則さんの特集が放映されます。
新作制作現場も撮影されたそうですよ。
とてもたのしみです。

<放送予定>

2021年9月26日(日)午前9時〜
2021年10月3日(日)午前8時〜
2021/09/24 17:29
sugano

ひさびさの

ミーティング終了時に、
ひさびさに「おじぎ」をされました。
我社では、お願いをするときに
ふかぶかとおじぎをする人たちがいるのですが、
彼らはその一派です。

リモート先のPCの「中の人」に対しても
彼らはおじぎをしていました。

おじぎをされた私たちは
がんばるしかありません。

でもね、依頼される仕事というのは、
いつだって「自分がやりたいこと」に
変化させなきゃいけないと思います。

彼らは、仕事をやみくもに
おじぎでお願いしているのではなく、
「この人に向いているな」と思ったことを、
さらにいきいきした企画になるように
変化させてやってほしい、
そのための対等な協力をお願いしているのです。

でも、あふれ出る感謝の意を隠せない、
だからこその、このおじぎ。

これは私の11月の仕事です。
2021/09/24 14:53
akiko.kusaoi

『人工島戦記』
ほぼ日の學校セット入荷

今日もTOBICHIで
ちいさな「橋本治展」やってます。

橋本治さんの新刊
『人工島戦記   あるいは、ふしぎと
ぼくらはなにをしたらよいのかのこども百科』
の追加納品分が昼前に
ホーム社さんから届きました。
と「ほぼ日ストア特典」を
梱包して準備万端整いました。

TOBICHIの店頭には
ただいま現物がございます。
ほぼ日ストアでの販売は
10月5日午前11時に開始します。

ところで今日のTOBICHIには
凸版印刷の藤井さんが来店されました。
なんと、高校時代に
図書委員の特権を使って、
学校図書館に橋本さんの『窯変 源氏物語』を
入れてもらって全巻読破したという
橋本治さんファンなのだそうです。
とてもうれしそうに、
『人工島戦記』を抱えておかえりになりました。
週末、楽しい読書時間が待ってますね!
2021/09/24 12:17
shino.takeuchi

「錦町ジンジャーレモネード」おすすめです!

ご近所のおしゃれなパン屋さん、
ポワン・エ・リーニュさんで、なんと!
手かげんしないしょうがシロップ」を
使った、レモネードが飲めるんです。
その名は「錦町ジンジャーレモネード」、
ホットとアイスで提供されています。

開発秘話をお伺いしたところ、
いくつかあるしょうがシロップのなかから
「手かげんしないしょうがシロップ」が
選ばれたとか‥!
あぁ、うれしい!ありがとうございます!
ありがたいうえに、
このジンジャーレモネードが
程よい甘さと酸味が口いっぱいに広がり
とってもおししいのです。
使っているレモンは瀬戸内産の国産レモンで
皮までおいしくいただけますよ。

しょうがシロップが別で添えてあるので、
お好みに合わせて追い蜜する感じです。
最初はレモネードとして味わい、
次に追い蜜して、ジンジャーレモネードに!
2種類の味を楽しめちゃうのもうれしいですね。

すっごくおすすめなので
ぜひ試してみてくださいね。
2021/09/23 22:16
yamashita

#ホテルカワシマは
当日券もございます。

グランドオープンから一週間が経ち、
運営も徐々に軌道に乗りまして、
ようやくこうして「ただいま製作中」から
会場の様子をお届けできております、
こちら渋谷PARCO8階、
「#ホテルカワシマ」でございます。

ご覧のように
「かなりホテル」な会場ができました。
スタッフ一同、にわかホテルマンとして
すっかりその気で
お客様のお越しをお待ちしております。

この「#ホテルカワシマ」、
予約制ということで
ご来場を決めかねている方も
いらっしゃるかもしれません。
そんな方々に、おしらせを。

「当日でも、けっこう入れます」

土日祝日は満室に近いのですが、
それでもぽっかり空いている枠があったり。
平日でしたら、
ふらりと来場しても(現時点では)
当日券をご購入できる状況です。

ご予約のいらないロビーゾーンもございます。
ロビーでは、オリジナルグッズの販売や、
このようなフォトスポットも‥‥
って、ちゃんすごいな!

このようにして、
壁に並べたタグの中から
お好きなタグを自由に選んで
額縁にペタっと貼りつけ
記念写真を撮り放題でございます。
川島明さんの「タグ」が
どれも絶妙で大好評です。

確実に展示を体験したい方はご予約を。
ふらりと様子を見たい方はロビーへ。
当日券も(現在は)ございます。

それでは、
みなさまのチェックイン、
お待ちしております。
2021/09/23 16:14
akiko.kusaoi

橋本治さんが
つなぐ人の輪

TOBICHIで開催中の
「でっかい本の刊行を記念して
ちいさな『橋本治展』」。
本日発売の「ほぼ日の學校セット」は
あいにく売り切れてしまいましたが、
明日午後には追加入荷がある予定です。

本はなくなってしまいましたが、
展示会場では、まるで
橋本治さんが呼び寄せたのか!
と思うようなご縁というか、
人の輪が広がっています。

『人工島戦記』の雑誌連載時の
担当編集者である遅塚さんが来場されて、
ひとことコメントなど書いていかれると、
同時開催中の「床屋かなぶん堂」
かなぶんさんと共通の知人がいることがわかって
盛り上がったり、
と遅塚さんが
本をめぐるあれこれで盛り上がったり。

きっと誰かに出会える
橋本治展でお待ちしています。
2021/09/23 11:35
akiko.kusaoi

ちいさな「橋本治展」の
静かな熱気

ほぼ日ストアでは、
あっという間に完売(再販準備中です)した
橋本治さん待望の新刊『人工島戦記』。

今日はTOBICHIでも販売開始したのですが、
朝からお並びいただいたお客様もあり、
残すところあと1冊となってしまいました。
(これを書いている間に
完売してしまったらごめんなさい)
TOBICHIでの販売も、
追加分が入荷次第、再開しますので、
しばしお待ちください。
(TOBICHIは、明日の午後には、きっと。
正確な入荷状況はtwitterでご案内します)

本をお急ぎの方は近所に三省堂さんや
東京堂さんもある神保町ですから、
ぜひTOBICHIの「橋本治展」を見に
遊びにいらしてください。

雑誌連載時のコピーをお持ち、という
熱心なファンの方や、
橋本治さんのスクラップブックを見て
「こんど歌舞伎座の同じ席で観てみよう」
とおっしゃる方など、
みなさん、それぞれの目線で
展示を楽しんでくださっています。

以前からのファンも、新しいファンの方も
お待ちしています!
2021/09/22 21:30
saya.otaka

床屋かなぶん堂、やります!

明日から26日(日)まで、
TOBICHI東京 に床屋かなぶん堂が
やってくることになりました!

※床屋かなぶん堂については、
こちらのTOBICHIのページ
ご覧ください。
こちらのページは、
前回の床屋かなぶん堂のときのものです。

いつも、かなぶんさんが参加されている
墨田区のイベントがなくなってしまったそうで、
そのためにつくった
「つなぐり」がたくさんあるそうなのです。
せっかくなので、
TOBICHIでお店をしていただくことにしました。

だるまさんシリーズや
ネコシリーズなどの新作が並びます!
墨田区のイベントのために
つくられたつなぐりのお腹には、
「すみだ」の文字が入っていますね。

最後の写真の、
左の緑色の子は「ムムムムン」という名前で、
無のチカラがわいてくるつなぐりで、
右のピンクの子は「ママママン」という名前で、
ありのままでいいよ まんまなつなぐり、とのことです。

「つなぐり」はたくさん種類がありますので、
ぜひ、TOBICHI で実際に見て、
その子の物語を「豆本」で読んで、
お気に入りの子に出合ってください。