腕だけで「2.4メートル」もある
謎の恐竜・デイノケイルスや
日本最大の全身骨格・むかわ竜など、
次々とすごい発掘をしてきた
恐竜研究者・小林快次さんは、
子どものころから大の恐竜好き‥‥
なんかじゃ、ぜんぜんなかった!
それどころか、
やりたいことが見つからず、
もがき苦しむ青春を送っていました。
おなじ悩みを持つ若人に、
ぜひとも、読んでほしいと思います。
もちろん恐竜のお話も、たっぷりと。
(もともとその取材だったんです)
担当は「ほぼ日」奥野です。

>小林快次さんのプロフィール

小林快次(こばやし・よしつぐ)

1971年、福井県生まれ。
米国の大学で学部を卒業し、博士号も取得する。
現在、北海道大学総合博物館教授。
恐竜の進化、生活復元、生活地域や移動等、
多岐にわたって研究している。
「恐竜がどうやって鳥に進化したのか」や
「北極圏のような
厳しい環境にどうやって棲めたのか」など、
恐竜について多くのテーマを追求している。
近著に
『恐竜まみれ:発掘現場は今日も命がけ』(新潮社)、
『ぼくは恐竜探険家』(講談社)、
『化石ハンター 恐竜少年じゃなかった僕は
なぜ恐竜学者になったのか?』
(PHP研究者)などがある。

前へ目次ページへ次へ

──
今や恐竜といえば‥‥という感じで、
子ども科学電話相談でも人気の先生は、
なんと、子どものころ、
べつに「恐竜が好きじゃなかった」と。
小林
はい。
──
以前、縄文土器の資料館の館長さんに
お話をうかがったとき、
小学生のころから、掘るのが大好きで、
近所の考古学好き少年を束ねて、
みずから考古学クラブを結成して‥‥。
小林
そんな感じじゃ、ぜんぜんないです。
──
ピンときてなかったんですか。恐竜。
小林
化石は好きでしたけど。
でも、同じくらい仏像も好きで、
お寺さんに通っては、
好きな仏像をスケッチしてたり。
──
渋いお子さま‥‥。
小林
仏像とか、古墳とか、お城とか、
あとは‥‥星とか。
──
そんな人いました? まわりに。
小林
いや。
──
たった一人でやってたんですか、それ。
小林
うん。
──
そのように、化石は好きだけど、
とりわけ恐竜好きというわけでもなく、
むしろ仏像にハマっていた少年が、
どうやって
「ダイナソー小林」になるんですか。
小林
最初から、恐竜の研究者になろうって
夢見た結果が、こうじゃないというか。
本当に「なりゆき」の連続で、
今にたどり着いたって感じなんですよ。

──
なりゆき。
小林
ええ。
──
でも、化石はお好きだったんですよね。
小林
いや、それだって、
ただ化石を集めるのが好きってだけで、
研究みたいなことには、
まったく興味がなかったですね。うん。
──
そんな、そこまでキッパリと。
小林
たしかに中学生のころは、
化石を探しに、
毎日、山のなかに入っていましたけど、
石をパリンと割って、
そこから出てきた化石を見て、
「うわー」ってよろこんでただけです。
──
好きなんだけど、サッパリしてる。
マニアックではなかった。
小林
そうそう、マニアじゃなかったんです。
で、それは今でもそうですね。
むしろ、マニアックな感じの方とかは、
どっちかっていうとニガテでして。
──
恐竜の名前とか、
めちゃくちゃ言える子どもいますよね。
小林
よく知ってますよね、すごいです。
そして、もちろん、
そのことが悪いわけじゃぜんぜんない。
──
では、先生が恐竜に詳しいのは、
職業柄そうであるだけである‥‥と?
小林
暗記とかふつうにキライですし、
覚えようとして覚えてるわけじゃなく、
研究の過程で、
自然とあたまに入ってくるだけです。
──
ははあ。
小林
もちろん、
きっかけは「恐竜大好き!」でいいし、
恐竜の名前を、
どんどん覚えることも素晴らしいです。
でも「研究」っていうのは、
やっぱり、そこから先のことですよね。
──
なるほど。
小林
何をどれだけ「暗記」したかよりも、
どうやって、
情報から自分の考えを生み出し、
ユニークな検証をすることができるか。
それが「研究」だと思うんです。
──
それでは、先生は、一体どの時点から
「恐竜」に向き合ったんですか。
小林
学生時代、アメリカ留学したんですが、
ふとしたときに、
「あ、恐竜、ちょっとおもしろいかも」
って思ったんです。
そんな些細なきっかけではじめて、
ずーっと辞めずにやっている感じです。
──
辞めずにやってる‥‥だけ。
小林
だから、もう恐竜が好きかどうかより、
「恐竜」って聞くと、
体内に埋め込まれた何かが反応して、
身体が勝手に反応しちゃうんですよね。
──
そういう体質になっちゃった(笑)。
小林
アラスカとか、モンゴルの砂漠とかに
発掘に行くんですけど、
現場に立ったら
ウワーってめちゃくちゃ楽しくなるし、
研究のアイデアが出てきだすと、
もう、止まんなくなっちゃうんですよ。

──
大好きにならない段階ではじめて、
今や、
好きかどうかを超越してしまった。
小林
そう。
──
ひょっとしたら、
それが「仕事」や「はたらく」という
ことかもしれないですね。
小林
うん、自分の一部になっちゃってます。
好き嫌いとかじゃないんです。
好きか嫌いかの感情ってないんですよ。
──
その感覚、わかります。
小林
自分は、ほぼ半分以上「なりゆき」で
進む道を選んできて、
その結果、自然に、今の状態なんです。
恐竜のことを考えていない時間だって
たくさんありますし、
でも、いざ発掘調査に行けば楽しいし、
目の前の現場に夢中になるし、
ぽんっと化石を手渡されたら、
いろんなアイデアが生まれてくるので。
──
自分の好きなことって、
いつか見つかるんだろうか‥‥って、
みんな思いますよね。
とくに、就職活動中の若い人だとか。
小林
ええ。
──
自分は以前に就職関係のコンテンツを
やっていたこともあるんですが、
内定はもらったけど、
自分のやりたいこととちがうといって、
悩む人がすごく多いんです。
小林
ああ、わかります。
──
でも、何が本当にやりたいか‥‥なんて、
はたらきはじめてみないと
わからないケースが、
たぶん、ほとんどだと思うんです。
本当にやりたいことが
就活の段階でわかっている人がいたら、
その人は、
ものすごーく幸せな人だといいますか。
小林
いや、そうですよね、本当に。
ぼく自身も、
ずっとやりたいことがなくて悩んでて、
あるときに、
「あ、恐竜おもしろいかも」
という些細なところからはじまって、
ずっと来ているので。
──
で、そんな感じで、もう30年くらい。
小林
そうなんです。
ずっと「三日坊主」だったんですけど、
ようやく「恐竜」という、
続けられるものが見つかったんですよ。
──
なるほど。
小林
たまたま。
──
たまたま。恐竜。
小林
はい。たまたま恐竜(笑)。

(つづきます)

2019-07-25-THU

前へ目次ページへ次へ
  • デイノケイルスが!むかわ竜が!
    恐竜博2019、開催中。

    小林快次先生が中心となって発掘調査した
    「ナゾの恐竜・デイノケイルス」と、
    日本の古生物学史上、
    最も完全な形で発掘された「むかわ竜」の
    全身骨格が、
    現在開催中「恐竜博」で公開されています。
    とくに、
    ギリシャ語で「恐ろしい手」という意味の
    デイノケイルスの大きさは、
    全長約11メートル、高さ約4.5メートル!
    「こんな生き物が本当にいたのか‥‥」と、
    ある意味ボンヤリしてしまいました。
    会場は、東京・上野にある国立科学博物館。
    夏休みの子どもたちで一杯だと思いますが、
    あの大きさ‥‥直に体感してほしいです。
    開館時間や休館日、チケット情報など、
    詳しいことは、公式サイトでご確認を。

    また、小林先生の新著もぞくぞく刊行中。
    アラスカでグリズリーと出くわすという
    ハラハラドキドキな場面からはじまる
    新潮社の『恐竜まみれ』と、
    この連載にも通じる内容の
    PHP研究所の『化石ハンター』です。
    どっちもおもしろいですので、ぜひとも!