ただいま製作中!ただいま製作中!

2021/07/31 16:39
hirono

越前和紙のかわいさ、めちゃめちゃ再発見!

「和紙のかわいさ再発見」
トーク第三弾として行われた
「越前和紙のかわいさ再発見」も
かなり熱気に包まれました。

すてきな浴衣でご登場いただいたのは
福井県越前市で創業147年の歴史を持つ
杉原商店の杉原吉直さんと
ブックデザイナーの名久井直子さん。

名久井さんは、トークの前にTOBICHIで
越前和紙でできた
すてきなうちわも手に入れてくださって、
とっても涼やかです。

「越前和紙は、江戸時代までは
 『奉書』として使われていて
 お殿様がすべて買い取ってくださってたのが
 明治維新に伴って、
 イノベーションが必要だったんです」と
まずは越前和紙について、
壮大な時間軸の話がはじまったかとおもえば、
最近手がけた本で
オリジナルの和紙をつくるときに
縦と横の和紙のちぢみの違いに
苦労したという名久井さん。

『デザインのひきだし』編集長の
津田さんは、越前和紙でできた
最新号の表紙の色が決まるまでに
製作途中で、捨てられていた紙を拾って、
「この色で!! とお願いしたんです」という
やりとりも明かしてくださいました。

「ひっかけ技法」というベースの紙と、
柄の入った紙の2枚をあわせた和紙で作られた
かわいい越前和紙の話になると
津田さんと名久井さんも
お買いもの目線で「ほしいオーラ」が
でまくっています。

充実のトークの後は、みんなでTOBICHIへ!
欲しいものスイッチがはいっているので
お買いものブギがはじまりそうです。

そうそう、配信のカメラなのですが
フットワーク軽くいらした
作家の浅生鴨さんが、
腕をふるってくださったので、
いままでの2回と
カメラワークが違うかもしれません。

8月9日(月)午前11時まで
配信チケットも販売していますので
よかったらどうぞ。
2021/07/30 16:25
mogi

アップデート。

「観たぞ!」を編集している
奥の和室の状況のパネルが
アップデートされました。

例の、ピクトグラムですよ。
おくさん。

入浴中というのは、
近所の銭湯にいっているときのことです。
不在は、家に着替えをとりにいったり、
会議にでたり
(出てるんかな‥‥わからん)
のときに使われるやつです。

ちなみに、家に帰るときは、
「藩邸に帰る」といい慣わされているのですが、
それは、あれだ、
2004年の「新選組!」を日曜にみて、
月曜日に座談会して、
金曜日に長いテキストをアップする、
というコンテンツがあったのですが、
この回に登場するセリフです。
あの、桂小五郎はよかった。
あのセリフはよかった。
名作だったなあ「新選組!」。
来年もたのしみだなあ、大河ドラマ。

さて、週末がやってきました。
ぞんぶんに、観ていただき、
投稿をいただけましたら嬉しいです!
2021/07/30 10:22
suzuki

三省堂神保町本店さんへ。

乗組員につくってもらったPOPたち
三省堂書店神保町本店さんへお届けに。
三省堂さん、ほぼ日オフィスから
とても近いので、気軽に訪れてしまいます。

本店長の杉本さんが
「こんなにたくさん書いてくださったんですね。」と
POPたちをしっかり受け取ってくださいました。
杉本さん、
この子たちをどうぞよろしくおねがいします。

うしろの棚には、
の新刊『こどもは古くならない。』が!
三省堂さん、いつもありがとうございます。

三省堂書店神保町本店さん×
ほぼ日ブックスのフェアは
8月1日(日)から開催します。
どんな棚になるのか今からたのしみです。

お近くにいらした際には、
どうぞお立ち寄りくださいね。
2021/07/29 20:06
hirono

世界一うすくて軽い紙を、もっと、楽しめます。

昨日の和紙トーク
ブックデザイナーの祖父江さんを魅了した
世界一うすくて軽い、ひだか和紙さんの
「土佐典具帖紙(とさてんぐちょうし) 」。

この紙に、印刷技術が駆使された
「竜とそばかすの姫」のポスターが
TOBICHIに登場しました!

わかりますでしょうか。
2枚の和紙がかさなっています。

1枚目はすこし厚みのある和紙に印刷されていて、
その上に重なっている2枚目が
「土佐典具帖紙 ひだか和紙」に
印刷されている2枚組のポスターなんです。

近くでみると3D感がすごいんです。

そして、「土佐典具帖紙 ひだか和紙」、
店頭でご希望をたくさんいただきまして、
本日から、TOBICHIで
A4サイズと1mのロールで販売しています。

この軽さと薄さ、ぜひ味わいに来てください〜。
2021/07/29 19:28
mogi

観たぞ!

ちょっと、永田さんのとこに行こうといって
お部屋訪問。

主人が正座してるから
何事かと思ったら
柔道男子100キロの決勝戦中でした。

そのままみんなで固唾を飲んで
画面を見つめておりまして……
勝った!

わー!
なんてタイミング!
2021/07/29 16:46
suzuki

たくさんのPOPたち。

本屋さんでよくみる本を紹介するPOP。
なぜこんなにたくさんここにあるのかしら?

それは、三省堂書店神保町本店さんで、
ほぼ日ブックスフェアを
開催していただけるからです!

書籍の担当乗組員が心をこめて、
一枚ずつ手書きでPOPをつくりました。
8月1日(日)から開催する
三省堂書店神保町本店さんの
ほぼ日ブックスフェアで
華麗に棚を飾る予定です。

そして、のパソコン画面にうつる
おさるたちも棚を飾る予定の子たちです。
ちょっとおさる多すぎやしないか?

POPを作成した乗組員のみなさん、
三省堂さんにしっかり届けてまいりますね。
2021/07/29 16:07
mogi

投稿、おまちしております。

さて、ロッカーの奥の
オリンピック競技を延々と写す
テレビとモニタの間

さっきは、
Don't Disturb札が
かかっていました。

これがかかっているとき、
この部屋の主は、
更新前で、作業が佳境でまじやばい、
もしくは、仮眠中です。
いつくらいの「観たぞ!」シリーズからかは
忘れたけれど、
テレビとモニタの間のドアに
かけるべく、
私がいつも家から持ってきます。

今日もきっと
投稿数すごいんだろうな‥‥。
柔道で4000通を越えていたから。

そうそう、今年から、
投稿システムをつくってくれた、

いや、もしかしたら、
ちゃんが
ベースを作ってるのかな?
で、ジャブが退職しちゃったから、
今回は、くんが
引き継いでくれたんですが、
ただくんの「やさしさ機能」が
追加されていますよ。

この「つづけて投稿する」ボタンですよ。
いままでは一回一回
もとにもどらなくては
ならなかったのですが、
今回は連続してじゃんじゃんいけます。

投稿、おまちしております。
2021/07/29 11:27
mogi

めちゃめちゃお得!

本日、
ほぼ日の學校のアプリでは、
松田美緒さんの
『「歌う人」があつめた
忘れてはいけない世界と日本の歌』を更新。

こちら、ペアの担当です。

世界中、日本中を旅をしながら、
その土地の歌をあつめて歌う
松田美緒さんのお話は、
旅好きのひとにはたまらないやつです。
ひょいと違う街にいって、
歌と人柄ですぐに
馴染みの人になっちゃうんだろうなー、
ああ、旅行行きたい。

もちろんお話もおもしろいわけですが、
松田さん、歌ってくれるんです。
伸びのあるすてきな声で。
それが、すばらしいので、
なにはなくとも、一回ご視聴を!
2021/07/29 11:19
mogi

TOBICHIトーク、
ご覧いただけますよー!

昨晩の神田ポートビルでは、
TOBICHIで開催中の
「神田かわいい和紙祭り」
スペシャル企画の
和紙にまつわるトークイベントの
第二回
「土佐和紙のかわいさ再発見」
が開催されました。

ご出演は、
デザイナーの祖父江慎さん、
グラフィック社の津田さん。
そして、土佐和紙代表で、
ひだか和紙 の鎭西寛旨さん。

祖父江さんが、世界一薄い和紙を
ご覧になったことから、
作っている人と話してみたい、
ということで実現したこの企画。

和紙を前にした祖父江さんが
かわいく猛烈に盛り上がるところ、
逆に切れ者の目をして、
紙の解説をしてくださるところ、
そして、この薄い和紙に
どうやって印刷するのかを
鎭西さんから聞き出そうと
たびたびトライしているところなど、
たまらない場面がたくさん。
たのしいトークでした。

トーク中に登場した
その世界一薄い和紙でできた名刺、
そして紙そのものも
TOBICHIで販売中です。

そして、31日(土)の14時からは、
トークのラスト、
デザイナーの名久井直子さんと
越前和紙の杉原さん、
そして津田さんのトークです。
こちら、会場チケットは、webとTOBICHIで。

そして、配信チケットは、
第一回目、第二回目、第三回目と
すべて販売中です。
840円(税込み)。
視聴期限は
8月10日(火)午前11時までです。

よろしかったらどうぞ。
2021/07/28 21:11
hirono

祖父江さんもびっくり!

たのしく、びっくりの連続だった
和紙トークを終えて、
ブックデザイナーの祖父江慎さんと
『デザインのひきだし』編集長の津田さんが
TOBICHIに来てくださいました。

和紙でできた最新号の表紙の
すごさをまじまじと見た後、
今日のトークの主役だった
世界一薄くて軽い
「土佐典具帖紙 ひだか和紙」でできた
ちぎり絵にまたびっくりされています。

この紙のすごさ、祖父江さんの
これからの「デザインのひきだし」に
入ったかもしれません。