「WASH! 洗濯ブラザーズに訊け。」
家庭でできるプロの洗濯法を教えてくださった3人。

こんどはシーズンごとに、
お洗濯のポイントを教えてくれることになりました。

不定期でとどく、洗濯ブラザーズさんからのお手紙、
こちらでご紹介していきますね。

今月のお手紙へ >

また、
彼らの母体となるクリーニング店
「LIVRER YOKOHAMA」(リブレヨコハマ)では、
「衣類のアンチエイジング」を目標にしたさまざまな洗剤や、
洗濯周りのアイテムを開発・販売しています。

その一部を、「ほぼ日ストア」でもご紹介。

どうぞおためしくださいね。

商品ラインナップへ >

今月のPICK UP

今月のお手紙

こんにちは!
洗濯ブラザーズ三男の今井でございます。

これまでのお手紙で、
さまざまな生地の洗い方についてお話してきましたが、
今回は「布マスクが長持ちする洗い方」について
お話ししようと思います。

マスクは僕たちの生活の中で必需品になりました。

最近ではさまざまなマスクが登場しています。

使い捨てのマスクばかりではなく、
デザイン性が高いものや、肌に優しくフィットするマスク、
機能性を重視したマスクなど、
ご自身のファッションに合わせて
色々なマスクを愛用している方も少なくないですよね。

でもここで意識してほしいのは、
マスクは直接肌に触れるものであるということ!!
洗って何度も使用するマスクは、
肌着と同じ感覚でお洗濯も意識したいものです。

おすすめの洗い方

布マスクを洗う際にポイントとなるのは、
やはり「プレウォッシュ(予洗い)」です。

皮脂(鼻の頭の部分)やファンデーション(ほほの部分)、
リップクリーム(唇の部分)などがついてしまった場所に、
しっかりとプレウォッシュ液をシュッシュッと
スプレーします。

  • ※ふだんお使いの洗剤でも、
    簡易的なプレウォッシュ液をつくることができます。

    洗剤1:水1の割合で混ぜたものを
    空のスプレーボトルに入れてください。

  • ※洗濯ブラザーズが開発した
    「プレウォッシュスプレー」も、おすすめです。

プレウォッシュ液をスプレーした部分は、
水で濡らした洗濯ブラシでしっかりと叩きます。

汚れに刺激を与えてあげるイメージです。

このとき、こすってしまうと生地を傷めてしまうので、
こすらないように注意してくださいね!
特に鼻の頭の部分がついている皮脂汚れは
重点的にケアしてあげるといいですよ。

15分ほど時間をおいたあと、
手洗いまたは洗濯機で洗ってください。

洗濯機を使用する場合は、
必ず洗濯ネットに入れましょう!
この時、ネットに空いたスペースを作らないよう、
しばってしまうか、
ネットごとヘアゴムなどで留めて洗うと、
型崩れが防げます。

洗いの時間は3-5分程度でOK。

脱水も型崩れしないように、
短め(1~2分くらい)に設定してくださいね。

  • ※デリケートな生地のマスク
    (シルクやリネン、ガーゼなどを使用しているモノ)は
    手洗いをおすすめします。

乾燥機を使ってしまうと縮んでしまう恐れがあるので、
必ずピッチハンガー
(ハンカチや靴下などを乾かす洗濯ばさみが付いたタイプ)
でマスクを広げて乾かしてください。

  • ※耳のゴムや紐部分をひっかけて乾かすと
    伸びたりたるんだりしてしまうので注意。

これで愛用しているマスクがより永く使えると思いますよ。

ぜひ日々のケアを実践してみてくださいね!

2021-06-02-WED

LINEUP

販売インフォメーション

販売方法 数量限定販売

出荷時期 お申し込み後、1~3営業日に出荷

こちらの読み物も、ぜひどうぞ。