洗濯ブラザーズに訊け白ものと、デニム。

毎日のようにお気に入りが着たいし、
なるべく清潔な状態でいたい。

だから服は着たらすぐ家で水洗いがしたい。

でも、好きな服にかぎって
ドライクリーニングっていう表示がある!
‥‥困っちゃいますよね。

この服、家で洗えそうなのに!
あるいは、きれいな色柄ものを
色あせさせずに洗いたい。

首のまわりが黄変しちゃったTシャツを
もういちど真っ白にしたい。

うっかりつけちゃったシミを、
家でなんとかきれいにしたい。

洗濯の悩みって尽きません。

このコンテンツでは、洗濯のプロ集団である
「洗濯ブラザーズ」に、
家での洗濯のいろいろを教わります。

「洗濯ブラザーズ」は、茂木貴史さん、茂木康之さん、
今井良さんからなる男子3人組の洗濯ユニット。

母体はクリーニング店なのですけれど、
シルク・ドゥ・ソレイユをはじめとして、
幾多のアーティストの舞台衣裳の洗濯を手がけている、
凄腕の洗濯チームなのです。

週末は、ポップアップという形で
全国各地のアパレルショップへ行き、
全国のアパレルショップなどで
「センタクノシカタ」と銘打ち、
洗濯&選択のノウハウを伝えながら、
洗濯に関する悩みを解決し、
洗濯の楽しさを伝える活動をしています。

そのポップアップイベントを、
「ほぼ日」上でひらいていただきました。

なやめる洗濯者たちよ、あつまれー!

洗濯ブラザーズのプロフィールを見る

  • 洗濯ブラザーズ・長男 茂木貴史

    洗濯ブラザーズ・長男 茂木貴史

    1978年大阪出身。京都産業大学経済学部を卒業後、
    オーガニックコスメの輸入販売の会社で
    ヨーロッパや、アジア、アメリカから買い付けた
    約30ブランドのコスメを日本に紹介する仕事に就く。

    2016年、実の弟(茂木康之)と株式会社バレルを設立、
    服のアンチエイジングをテーマにした
    洗濯洗剤ブランド「リブレヨコハマ」をスタート、
    総合プロデュースを担当。

    2018年、同ブランドでパリの展示会に出展、
    ニューヨークのCorso Como NYCにセレクトされる。

    現在では、エストネーションや
    バーニーズニューヨークなど、
    ハイエンドファッションを扱うショップでも
    販売されている。

    洗濯ブラザーズとして全国各地のイベントに積極的に参加、
    アパレルブランドとのコラボレーションアイテムの企画、
    PR活動も行う。

    2019年、アスコムより洗濯ブラザーズとして
    『間違いだらけの洗濯術』を出版。

  • 洗濯ブラザーズ・次男 茂木康之

    洗濯ブラザーズ・次男 茂木康之

    1980年大阪府出身。村上学園柏原高校卒業後、
    アパレルのテキスタイル事業部に入社。

    プレタポルテ、生地修整、検品、縫製指示、
    インキング、加工技術、プレスを習得。

    その後、クリーニング機器製造コンサルタント会社に転職、
    クリーニング業界へアパレル仕上げの生産品質を提案。

    2007年横浜市青葉区で
    宅配専門クリーニング店・リブレを起業。

    2012年、ライブコンサート衣装の
    クリーニングをスタートする。

    2014年クレイジーケンバンドライブツアー衣装、
    2015年劇団四季『ARADDIN』、
    2016年cilque du soleil 『TOTEM』東京公演、
    2018年cilque du soleil 『KURIOS』東京公演など、
    現在も多くの舞台衣裳のクリーニングを担当している。

    実際にエンドユーザーの方が持ちこんでくる
    日々、変化するファッションの流行を追いながら、
    衣類の生地に合わせて洗剤の開発を行ない、
    いい服を長く着てもらうための
    クリーニング業に勤しんでいる。

  • 洗濯ブラザーズ・三男 今井良

    洗濯ブラザーズ・三男 今井良

    1974年神奈川県出身。明徳学園相洋高等学校、
    文教大学情報学部情報システム学科を修了後、
    総合商社に入社、アパレルライセンス関連業務と
    営業企画を担当。

    その後、外資製薬会社でMRライセンスを取得。

    特定疾患領域を10年経験後、
    IT企業でのプラットフォーム事業を経て、
    2018年2月に茂木兄弟と「洗濯ブラザーズ」を結成、
    「リブレ ヨコハマ」のブランディング担当する。

    日本全国で行うポップアップショップに足を運び、
    一般目線で洗剤や洗濯をかみ砕いて
    分かりやすく紹介する活動をしている。

    もともとIT企業で
    プラットフォーム営業をしていた経験をいかし、
    洗剤の生産管理とWEB(直販サイト)の
    在庫管理・出荷業務などバックオフィスも担当する。

[洗濯ブラザーズの洗剤とは]

白ものと、デニム。

白もの用粉洗剤/White Detergent Powder

スペアミントの香り/蛍光剤・漂白剤フリー

<綿、麻、合成繊維用>500g

蛍光剤、漂白剤フリー

¥3,850(税込・配送手数料別)

──
つづいては粉洗剤です。
今井
粉ですよ粉。粉、最強。
──
なぜテンションが上がるんですか(笑)。
康之
これ、研究所とやりとりして完成したとき、
「ほんとうにすごいのができましたよ。

でもこれ、売るんですか、ほんとうに?」って。

つくるのが大変ですよってことなんです。
貴史
これ、弱アルカリ性の液体せっけんを、
煮詰めて、粉になるまで、
乾燥時間をゆっくりかけてつくるんです。

だから、ものはいいんだけれど、
たくさんつくることができない。

「それをほんとうに売るんですか」って。
──
煮詰めただけ、じゃないですよね。

白ものに特化した工夫が。
貴史
衣類の黄ばみや黒ずみの原因は、
汗のなかのミネラル、鉄分が蓄積して
酸化することで起きるという話は、
以前もしましたよね。

この洗剤の特徴としては、
液体洗剤には入ってないものが1つあって、
それはキレート剤なんです。

金属封鎖剤ですね。

康之
効果的な使い方ですが、
白物を集めて、40度くらいのお湯に、
この洗剤をよく溶かして、
30分~1時間ほど浸けおきします。

さっきの「スポーツ」とちがい、
一晩とか浸け置きはNGです。

なぜかというと、アルカリ度が増していくので、
逆にアルカリ焼けっていうのを起こしちゃうんです。

それをいちど脱水機にかけてから、
ほかの洗濯ものと一緒に、
あらためて洗濯機で洗ってください。

「ホワイト」はスペアミントの香りなので、
「洗濯洗剤 無香料」や
「スポーツ」との併用がおすすめです。

注意点としては、
生成りやペールトーンの衣類に使うと、
生地が白っぽく、
ときには斑点みたいになることがあるので
気をつけてくださいね。
今井
このホワイトでプレウォッシュ液をつくると、強力ですよ。

トートバッグや上靴なんかの汚れも落としやすいです。
康之
そのあと、スチームをかけてあげると、
より汚れが落ちやすくなりますね。

洗濯用洗剤 デニムウォッシュ/Denim Wash

無香料

<洗濯糊(せんたくのり)配合、色止め効果をプラス>

600ml

¥3,300(税込・配送手数料別)

──
「デニムウォッシュ」という洗剤がありますね。

デニムの洗い方って、もうほんとうに
いろいろいな意見があって、
究極は「洗わない」というものさえあって。
康之
僕は、洗濯の中で一番難しいものがデニムだと
ずっと思っていて。

大好きなんです。

デニムもインディゴの染めたものも大好き。

そして、水洗いで何回も失敗してきてるんですよ。
──
ああ、洗濯ブラザーズですら!
貴史
いい洗剤がなくて、アーティストの衣裳のデニムは、
ドライで処理しちゃってたんです。ずっと。
──
ドライで?! 汚れが落ちない気がしますね。
康之
ところが向こうもドライで、って言ってくるんです。

理由としては色落ちさせたくないから。
──
そうか、印象をひとつにしたいですよね、衣裳。

ツアーの最初と最後で印象が変わっちゃだめですよね。

デニムは経年変化が楽しいという面もあるけれど、
「ここで止めたいな」という気持ちもありますよね。
今井
最初の青々したデニムが好きな人は、
買ってすぐに色落ちちゃうと、悲しいですよね。
康之
でも僕らは、水で洗ってあげたほうがきれいなのに、
って思うんです。

衣裳じゃなくて日常使いのデニムなら、
汗だけじゃなく、おしっこの汚れだってあるし、
汚れが蓄積していくとにおいがこびりつく原因にもなる。

だからいい色を保ったまま、においを取る洗剤を、
と考えて、中性洗剤の中に糊的なものを配合して、
色をとどめることにしました。
──
糊!
康之
ヒントは和服の、浴衣の洗い方で、
基本的には糊で浸けおきして色を止めるんですよ。

クリーニング屋の場合は、糊を1回温度を上げて、
煮糊という手法を使うんですが、
家庭ではそんな面倒くさいことはできない。

でも中性洗剤の中に、
安定する糊を入れればできるんじゃないかっていって、
研究所にオーダーしてみたんです。

そしたらば、水洗いしても、デニムの色がおさまった。
──
これも洗濯機で。
貴史
いや、最初だけは手洗いをしてください。

商品を買って最初の洗濯は、必ず手洗いにして欲しい。

デニムに関しては、みんな洗濯機で洗うんですが、
あえて、最初はそうしてください。
康之
一度そうやって洗ったあと、二度目以降は、
色落ちさせたくないデニムは手洗いを続け、
普段着だから普通にガンガン洗っちゃうよ、
というデニムなら洗濯機で大丈夫です。

なぜかというと、インディゴの染料って、
糸の表面にくっついてるだけなんです。

洗濯機の回転によって、どんどん色が抜け落ちる。

なので、一回、洗濯機で洗っただけなのに、
かなり色が取れちゃうんです。

その表面を糊でカバーして、
おさえにかかってるっていうのが、
この洗剤の特徴です。
──
デニム以外にも使えるんですか?
今井
シャツも洗っていただくこともできます。

シャツって糊付けをしてるほうが、
汚れも蓄積しにくくなりますし。

──
ある程度古くなって黄ばんだシャツをこれで洗っちゃうと、
汚れごと閉じ込められちゃうことはないですか?
康之
あっ、それはあります。気をつけてくださいね。

逆に、濃い色のシャツは、これで洗うと、
きれいな色が持続しますよ。

チノパンやコーデュロイ、ミリタリー系もいいと思います。
貴史
「デニムウォッシュ」は、
ぼくらの“こだわり”の部分だと思うので、
売れなくてもいいくらいの気持ちでつくりました。

分かってくれる人には届くといいな、くらいの。

(まだ、つづきますよー!)

2020-02-28-FRI

WASH!洗濯ブラザーズに訊け。オリジナル洗剤のお店。

販売インフォメーション

販売時期 2020年3月5日(木)午前11時販売開始

販売方法 数量限定販売

※なくなり次第、販売を終了します。

出荷時期 お申し込み後、1~3営業日に出荷