バブー&とのまりこの パリこれ! 住んでみてわかった、パリのあれこれ。
2003年、フランスに単身で渡り、 現在はパリを拠点にヘアメイク&フォトエッセイストとして 活躍しているとのまりこさんが、 愛犬のバブーくん(アイルランド出身)を相棒に、 パリ暮らしのちょっとびっくりな出来事や、 へぇ〜っと感心する習慣などなど(*)をお届けします。 *もちろんすべてのフランス人やフランス全土に共通しないこともあります。 週に1回、でも気まぐれにもっと更新するかも? すてきな写真とともに、おたのしみください。 Amusez-vous bien!

 
とのまりこさんと バブーくんのプロフィール
 




6 2 2

「褒められたら
喜びで返す?!」

6 2 2

「褒められたら喜びで返す?!」

バブー

みなさんボンジュ〜ル。
今日も元気ですか?!
突然ですが、
みなさんはお友達とか同僚に、
自分のこと、家族のことetc…
ベタ褒めされたらどんな風にこたえますか?!

「うわ〜めっちゃお料理上手ですね!
どうして何やってもこんなに完璧なんですか!」

「ご主人とってもかっこよくて優しいね〜」

「息子くん、すごく賢くて可愛くて
なんていい子なの!」

「その洋服すっごい素敵。似合ってる!」

などなど‥‥。

とのまりこ
「いや〜ぜんっぜん、そんなことないですよ。
◯◯さんの方がよっぽどいつも
すごい料理作っているじゃないですか!」

「いやいや、どこがかっこいい‥‥。
もう週末はゴロゴロで見てるこっちが
イライラしちゃいますよ汗。」

「いやいやとんでもない!
うちの子なんて怒られてばっかりで
何やってもダメよ。
◯◯くんの方がよっぽどすごいよ。」

「いや、まずはこのひどい体型を
直さなくちゃいけないんだけどね‥‥。
お恥ずかしい。」

な〜んてかえしがちだったりしませんか?
私たち日本人。

もちろん、これは人によって、
相手との間柄によって
様々なパターンがあるとは思いますが、
基本姿勢が「謙虚で遠慮がち」だったりしますよね?

バブー
フランス人だって色々な人がいるから
もちろん反応は様々なんだけどね、
一般的にベタ褒めされたこういう時のかえし、
すっごく素直に受け止めて、
「ありがとう」の喜びで返す人が多いんだよ。

「そう?! 嬉しい。
だってみんなのために頑張ったもの!
これおいしいって家族からも大好評なのよ。」

「そうなの〜。うちの自慢の夫よ。ふふふ。
ね〜♪(いちゃいちゃ)」

「あ〜うちのかわいい息子くん♪
チュッ。よかったね〜こんなこと言ってもらえて。」

「え〜まりこったら優しい! ありがとう〜♪
みてみて、このハイヒールも今日のために
張り切って出してきたの!
ネイルもさっき塗ってきたよ! ふふふふ〜♪」

的な感じでね。

とのまりこ
「いやいや、とんでもない。」
と謙虚にとにかく否定しまくって遠慮する、
というのとは真逆で、
「でしょでしょ〜♪」
という感じに前向きに捉えて喜ぶ、
というフランス人の一般的なスタイル。

フランスに長く住んでいる間に、
なんだか会話をしているこちらも
とても気持ちよいし、
褒められたことを素直に受け止めて喜ぶって
チャーミングで素敵だなと思うようになり、
私も褒められた時は、できる限り
前向きな言葉で返すようになった気がします。

随所に
「いやいや、とんでもないですよ。」
の日本人精神は顔を出してしまうけれど

「そんなこと言ってくれるなんて
◯◯ってなんて優しいの! ありがとう♪」

「嬉しいな。そんな風に思ってもらえて。」

という方向で喜び、
お礼を伝えるようになった気がします。

バブー
日本人の謙虚な姿勢も美しいけれど、
フランス人の「わ〜い。ありがとう♪」の
姿勢もチャーミングだよね?

足して2で割るくらいなら誰でもできそうだし、
いい感じにできそうじゃない?

よかったらみなさんも
褒めてもらったことを素直にありがたく
喜んでしまおう♪ を取り入れてみてね!

それではみなさん、
今週も素敵な楽しい1週間を!

 

 

 

 

 

 

 

 

*とのまりこさんの新刊が出版されました*


「シンプルシックで心地よい暮らし
パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」
出版社 : 世界文化社
発売日 : 2021/5/29

 

 

※この連載を再編集し、
 書き下ろしも入れて新潮文庫になりました。
 こちらをぜひご覧ください!(2015年8月出版)

フランス雑貨のお店オープンしました。
バブーくんは日本滞在時に、お店にいます。

「Boîte」(ぼわっと)
東京都杉並区西荻北4丁目5−24
【地図】 【駅からの道順はこちら】

2024-06-11-TUE

まえへ