こ・ん・ば・ん・は。
さいとうりか です。

先日は、
「ほぼ日の学校」河野通和学校長が選ぶこわい本のコンテンツ、
「河野さんの、こわい本。」の一冊目、

「その女アレックス」について、すでに読んだという方から、

おすすめのメールをいくつもいただきました‥‥!(ひー。)

メールをくださったみなさん‥‥、
夏休みの宿題の読書感想文は
お得意だったのではないでしょうか。
わたくしの「読みたさ」と、
「怖い思いをしたくなさ」が増しまして、
頭を抱えて、ウロウロしております。
(どこかの動物園に、そういうクマちゃんがいましたね‥‥。)

ぶるぶるぶるぶる‥‥‥。

ありがとうございます‥‥‥。

さて昨日更新されたのは、
スティーブン・キングの「シャイニング」

もちろんわたくし、読んでいません。
だって、映画でじゅうぶん‥‥です!

と、思っていたら。

河野学校長はぜひ、本も読むべきだと。
人間の恐ろしさが丹念に書かれていると‥‥!!

き、気になる。

おすすめ上手の方々に、翻弄される、霊和元年でございます。


さて、怪談本編も、快調(!?)です。
では本日も、3篇、どうぞ‥‥。


キャー!



読んで、怖かったらぜひ、
「こわいね!」ボタンをクリックしてくださいね。
結果は「Fearbook」に反映されます。

2004年からこわごわ続く
ほぼ日刊イトイ新聞の人気連載が、本になりました。
読者から募集した14年間分の怪談のから、
よりすぐりって、たっぷり120編収録。
すべて、「実際に体験した」、ほんとうの話ばかりです。
さらに、「怪談」の現場で
当事者に取材した記事「トントンさん」も載っています。
装画と挿し絵をヒグチユウコさん、
あとがきの読みものを石黒亜矢子さんという、
怪談好きなおふたりにお願いしました。

暑い日はもちろん、
目に見える世界以外のものを感じたいときに、おすすめです。

本の購入はこちらからどうぞ

そして2019年7月、Kindle版も登場しました。
Kindle版のご購入はこちらからどうぞ

2019-08-17-SAT

ただいま投稿を募集しています。

あなたの身の回りであった不思議な事を、
なにか思い出されましたら、
どうぞ、教えてください。

あなたが実際に体験した、
または体験した人から聞いた
不思議な話をメールで、件名を「怪談」として
postman@1101.comまでお送りください。

もちろん、「ほぼ日の怪談」を読んでの感想でも、
結構です。

みなさまからのメールを、こころよりお待ちしております。

投稿はこちらから