hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「アポロナス通りの理髪店」

今回の絵はアテネのアポロナス通りに古くからある理髪店です。
飾り気のない内装に古そうな理髪道具が並ぶウインドウ。
店名もただ「理髪店」とあるだけ。
私がギリシャに来た当初からあって、
通る度に気になっていたのですが、
調べてみるとアテネでも数少なくなってきている
伝統的な理髪店であることがわかりました。

日本同様ギリシャでも、髪を切る場所は
大きく理髪店(床屋)と美容院とに分かれています。
理髪店ならではのメニューといえばやはり髭剃り。
古い映画で見るようなたっぷりのクリームに
大きなシェーバーナイフでの髭剃りを
こちらでは体験することができます。
(注:今はコロナのため一時的に髭剃りは禁止されているそうです。)

1950年代、この店の店主が理髪師として
働き始めた頃は理容学校などなく、
見習いとして店で働きながら、師匠から直接学んだそうです。
ギリシャ人男性は髭を伸ばしている人が多く、
特にかつては立派な口髭が男性らしさの象徴とされて
多くの人が理髪店で髭を整えに来ていました。
店先にタオルがはためくと、それは「準備OK」のサイン。
髭剃りのための清潔なタオルの準備ができてます
ということを意味しました。
男性のみが集う理髪店は
いつしかギリシャ人男性の社交の場となり、
そこでは政治やスポーツ、
ゴシップや個人的な悩みなどが交わされて、
理髪師はさながらパーソナルカウンセラーのようだったと言います。
また古くからヨーロッパでは、理髪師の仕事として
抜歯や瀉血(しゃけつ)なども行ったという
驚くべき伝統がありますが、
この店主が小さい頃にそれを見たということから、
ギリシャでは1950年くらいまでは続いていたと思われます。

瀉血というのは人体の血液を抜くことで
症状の改善を求める治療法の一つです。
実際瀉血によって改善する病状もあるそうなのですが、
当時は熱にも咳にも下痢にも、
どんな症状にでも瀉血が行われたそうです。
しかも瀉血にはヒルが使われていたそうで、
当時の理髪店にはヒルの入った瓶が並んでいたり、
いい抜歯の腕を示すために、
店先に親知らずの歯が飾ってあったりしたそうです。
こういった理髪店が、ギリシャでは
比較的長く続いていたことに驚きです。

残念ながらこのお店を引き継ぐ者はなく、
あるタイミングでお店は畳むつもりだそうです。
最近では伝統的な雰囲気を逆手に取った
おしゃれな理髪店も増えてきてはいるのですが、
店主はこう言います。
「今は理髪師になろうという者はいない。
みながなりたがっているのはアーティストだ」と。
時代の生き証人でもある“理髪師”の憂いを帯びたそんな一言が、
私には無性にかっこよく聞こえるのでした。
升ノ内朝子

2020-09-11

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

瀉血にヒル‥‥読みながらぞくっとしました。
理髪店といえば、赤・青・白のサインポールが浮かびますが、
それも、当時の瀉血の際に使用していた棒が
原型になった、という説があるそうです。
理髪店、奥が深いですね。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.