• 検索
  • コンテンツ一覧
  • ここ1週間のほぼ日
  • 最近、人気のあったコンテンツ!
 
ほぼ日手帳2015 WEB SHOP
アートで世に出ていく ということ
 

今日のダーリン

フォントサイズ中 フォントサイズ大
フォントサイズ中 フォントサイズ大
 
・なんだか、十一月、十二月と、
 ずいぶんたくさんの人たちに会って、
 ずいぶんたくさんの食事をしているような気がする。
 いや、気がするのではなく、会って、食べている。
 
 なにかを「たくさんやる」というのは、
 若いときには、とても必要なことだと思っている。
 本を読むでもいい、映画を観るでもいい、
 うまいと思ったものを食うことでもいい、
 遊ぶならバランスをこわすほど遊ぶのもいい。
 あれをすることでも、なにをすることでもいい。
 げっぷが出て、もういやだというほどやって、
 やっと「なんだか、もういいかも」なんてね、
 落ち着けるようになるものだと思う。
 それが、なにかから自由になるために必要なことだ。
 ちょっと足りないくらいがいい、なんてことは、
 実はまったく足りないのではないだろうか。
 嫌いになるくらい、それをする。
 消化しきれないなにかが体内にたまって、
 ひょっとしたら毒になるようなこともある。
 若いときには、それくらい行き過ぎてもかまわない。
 そうでないと、それを「眺める」だけで終ってしまう。
 それと「格闘する」ことのほうが、たぶん大事なのだ。
 
 そうやって、若さのあるうちに懲り懲りの目にあって、
 やっと「ちょうどよくやる」ほうがいい、と理解する。
 はじめから、そんなことわかっていた、と言うなかれ。
 はじめからわかっているようなことは、
 ぜんぜんわかってないことと同じようなものなのだ。
 
 「ちょうどよくやる」が、
 ちょうどよく見つからないうちに、年を経てしまって、
 やがては「ちょっと足りなめに」ということになる。
 たぶん、消化しきれないことがもたれるようになるのだ。
 腹にもたれたり、腹をふくらませたりするのは、
 また味わいたくなるという意欲を失わせる。
 若いときに必要なことの、逆のことが大事になる。

 その流れの順に逆らって、よく会い、よく食っている。
 これは、果たしてよいことなのか、わるいことなのか。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
なんにせよ元気でくたびれたりしているので、ま、いっか。

土曜日、日曜日と祝日の「ほぼ日」は9時に更新しています。
昨日の「今日のダーリン」を読み逃した方はこちら。
感想を送る ツイートする シェアする



気まぐれカメラ もっと見る
ただいま製作中!
もっと見る
ほぼ日ケイタイ版 メールマガジン ストア発売スケジュール
糸井重里のTwitter
ほぼ日のTwitter
ほぼ日のFacebook
 
 

ほぼ日ストア

詳しくはこちら
ほぼ日で販売されている
商品の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ストア

ほぼ日ブックス

詳しくはこちら
ほぼ日から出版されている
本の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ブックス
 
閉じる

コンテンツ一覧

著者名 タイトル 連載開始日
あ か さ た な は ま や ら わ
↑著者や関わった人が五十音別に並んでいます。行を選んでくださいね。
閉じる
コンテンツ一覧
 
閉じる

ここ1週間のほぼ日

ここ1週間に更新されたおもなコンテンツを紹介しています。
「小ネタ劇場」など、アーカイブが残らないコンテンツは
ここに掲載していませんのでご了承くださいませ。
 

閉じる
閉じる
閉じる

最近、人気のあったコンテンツ!

最近、好評のうちに終了した
コンテンツを紹介します。
見逃していた方、
どうぞ、読み返してみてくださいね。
感想メールもお待ちしています!
 
まだまだ「アンコール!」なコンテンツはたっぷりありますよ!
こちらから探してみてくださいね。
コンテンツ一覧 検索
 

閉じる
閉じる