• 検索
  • コンテンツ一覧
  • ここ1週間のほぼ日
  • 最近、人気のあったコンテンツ!
 
「市場で朝めし。」を  テキスト中継 2014
つるとはな
 

今日のダーリン

フォントサイズ中 フォントサイズ大
フォントサイズ中 フォントサイズ大
 
・「お山の大将」じゃいけないとか、
 「井の中の蛙」になっちゃいけないとか、
 ほんとうによく言われることですし、
 常識みたいにもなっていて、
 みんな「そうだよそうだよ」と思っているでしょう。
 ひょっとしたら、子分を集めて、
 「お山の大将になっちゃダメだぞ」なんてね、
 こんこんと説教しているかもしれない。

 しかし、もうちょっとよく考えてみると、
 人って、あんがい「お山の大将」を目指してるものです。
 それは、「お山」という単位がなかったら、
 生きにくいからだとも思えます。
 いま、じぶんが属しているのは、
 どういう「お山」なのかがわかってないと、
 行くも戻るも曲がるも止まるも、判断ができにくい。
 
 よく、すっごく悪いやつが、世界地図を背景にして、
 「ワレワレハ世界征服をスルノダ!」なんて言ってます。
 豊臣秀吉の朝鮮から明を攻めてなどという企みやら、
 チンギスハーンの帝国が、
 とても強く大きかったかなんて歴史もあります。
 これ、視野に世界が入ってるとかね、
 「お山の大将」じゃなさそうに見せてますが、
 要するに世界中にじぶんの「お山」を拡大してるんです。
 世界中が、じぶんの「お山」になるというだけです。
 
 おとうさんが、こどもと歩きながら語るホラ話から、
 どこかの大統領の演説まで、
 みんな「お山の大将」としての発言で、
 「お山」の外にいる人にとっては、
 「へーえ」ってものも多いのだと思うんです。
 あらゆる「お山」は、みんなそれぞれ事情がちがいます。
 損得、善悪、美醜、みんな同じじゃないわけです。
 だから「お山」と「お山」がやっていくのはむつかしい。
 
 「お山の大将」にならないようにするんじゃなくて、
 どこまでいっても、じぶんは「お山の大将」であると、
 ほんとうのことを認めているほうが、いいんじゃないか。
 そんなことを考えつつ、気仙沼で朝めしを食うのよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
それぞれのお山は、大きく見えたり、ちっぽけに見えたり。

土曜日、日曜日と祝日の「ほぼ日」は9時に更新しています。
昨日の「今日のダーリン」を読み逃した方はこちら。
感想を送る ツイートする シェアする



気まぐれカメラ もっと見る
ただいま製作中!
もっと見る
ほぼ日ケイタイ版 メールマガジン ストア発売スケジュール
糸井重里のTwitter
ほぼ日のTwitter
ほぼ日のFacebook
 
 

ほぼ日ストア

詳しくはこちら
ほぼ日で販売されている
商品の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ストア

ほぼ日ブックス

詳しくはこちら
ほぼ日から出版されている
本の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ブックス
 
閉じる

コンテンツ一覧

著者名 タイトル 連載開始日
あ か さ た な は ま や ら わ
↑著者や関わった人が五十音別に並んでいます。行を選んでくださいね。
閉じる
コンテンツ一覧
 
閉じる

ここ1週間のほぼ日

ここ1週間に更新されたおもなコンテンツを紹介しています。
「小ネタ劇場」など、アーカイブが残らないコンテンツは
ここに掲載していませんのでご了承くださいませ。
 

閉じる
閉じる
閉じる

最近、人気のあったコンテンツ!

最近、好評のうちに終了した
コンテンツを紹介します。
見逃していた方、
どうぞ、読み返してみてくださいね。
感想メールもお待ちしています!
 
まだまだ「アンコール!」なコンテンツはたっぷりありますよ!
こちらから探してみてくださいね。
コンテンツ一覧 検索
 

閉じる
閉じる