• 検索
  • コンテンツ一覧
  • ここ1週間のほぼ日
  • 最近、人気のあったコンテンツ!
 
ほぼ日手帳2015 WEB SHOP
井戸を掘る薫ちゃんと すぐ帰るイトイさん。
 

今日のダーリン

フォントサイズ中 フォントサイズ大
フォントサイズ中 フォントサイズ大
 
『吉本隆明の183講演』がフリーアーカイブとして、
 毎週少しずつ発表されています。
 フリーですから、つまりは無料です。
 デジタルアーカイブ(保存されている記録)ですから、
 腐食したりして朽ちるということもなく、
 よほどのことがないかぎりは永久に残ります。

 思えば、吉本さんがよく考えるテーマにしていた
 イエスキリストにしても、親鸞にしても、
 マルクスやら夏目漱石やら太宰治にしても、
 書いたものとして後世に残ってはいますが、
 その「声と言葉」は、聴くことができません。
 エジソンの歌う「メリーさんの羊」であるとか、
 昭和天皇の終戦の玉音放送のようなアーカイブは、
 歴史的にもとても稀なものだと思います。
 夏目漱石の講演などが、いま記録として残っていたら、
 それはもう、ぜひにでも聴いてみたいですよね。
 
 なんてことをあらためて考えると、
 「吉本隆明」という人の「声と言葉」が、 
 21,746分(363時間)のアーカイブとして、
 いつでも誰でも聴ける状態になったというのは、
 歴史のなかでも、珍しい仕事だったのかもしれません。
 永遠なんてものと人間の相性は、
 そんなにいいわけでもないだろうとは思うのですが、
 いちおう、いつまでも聴ける可能性もあるんですよね。
 
 そしてさらに、でした。
 いざ、このアーカイブのページをオープンしてみたら、
 これからの「メンテナンス」にかかる費用への
 「寄付」も、少しずつ集まりはじめています。
 これだけでも、うれしくてしかたなかったのですが、
 ついに、最近、
 「講演のテキスト化」に協力しようという方が、
 ひとつの講演の文字化を完成させてくださったのです。
 吉本さん世代とは、おそらくお年もずいぶん離れた女性。
 ほんとに、この仕事は、生きもののように動いています。
 「聴いてますよ」という方にも、ずいぶん会いました。
 なんだか、とてもうれしいことばかりです。
 雪の予報を聞きながら、ひとりで、にやにやしています。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「人がほんとうに死ぬのは、すべての人が忘れたとき」と。


感想を送る ツイートする シェアする



気まぐれカメラ もっと見る
ただいま製作中!
もっと見る
ほぼ日ケイタイ版 メールマガジン ストア発売スケジュール
糸井重里のTwitter
ほぼ日のTwitter
ほぼ日のFacebook
 
 

ほぼ日ストア

詳しくはこちら
ほぼ日で販売されている
商品の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ストア

ほぼ日ブックス

詳しくはこちら
ほぼ日から出版されている
本の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ブックス
 
閉じる

コンテンツ一覧

著者名 タイトル 連載開始日
あ か さ た な は ま や ら わ
↑著者や関わった人が五十音別に並んでいます。行を選んでくださいね。
閉じる
コンテンツ一覧
 
閉じる

ここ1週間のほぼ日

ここ1週間に更新されたおもなコンテンツを紹介しています。
「小ネタ劇場」など、アーカイブが残らないコンテンツは
ここに掲載していませんのでご了承くださいませ。
 

閉じる
閉じる
閉じる

最近、人気のあったコンテンツ!

最近、好評のうちに終了した
コンテンツを紹介します。
見逃していた方、
どうぞ、読み返してみてくださいね。
感想メールもお待ちしています!
 
まだまだ「アンコール!」なコンテンツはたっぷりありますよ!
こちらから探してみてくださいね。
コンテンツ一覧 検索
 

閉じる
閉じる