• 検索
  • コンテンツ一覧
  • ここ1週間のほぼ日
  • 最近、人気のあったコンテンツ!
 
イセキアヤコさんの ブローチのお店
 

今日のダーリン

フォントサイズ中 フォントサイズ大
フォントサイズ中 フォントサイズ大
 
・ずっと思っていたことでもあるのだけれど、
 やっぱり、どういうことをやりたいのかが、
 「うまく言えないにしても、強くある」ものは力がある。
 やってるうちになんとかなるんじゃないか、
 と、偶然に期待する方法も、
 ないわけじゃないとは思うものの、
 結局、そういうものは最後の帳尻合わせで
 完成させることになる。
 なんとなく様になっているように見えても、
 「あってもかまわない」というくらいの力しかない。

 昔は、日本の製品やらデザインやらも、
 ほんとうに外国のモノマネが多かった。
 外国のアートディレクションの優れた雑誌を見て、
 それを模写するようにして絵コンテをつくる人が、
 まぁ、いっぱいいた。
 コピーバンドが音楽をコピーするように、
 映像表現をコピーするディレクターたちだったな。
 いまも、そんなふうなことはあるのかもしれない。

 コピー(写し)というものは、
 けっこう様になるし、玄人っぽく見せるのに都合がいい。
 でもそれは、やっぱり、
 じぶんたちのなかから出てきたものじゃない。
 コピーは、さらにコピーされ、競争相手が増えるばかり。
 そういえば、音楽やデザインのことばかりじゃない。
 ビジネスってやつも、コピー(模倣)ばかりじゃないか。

 「アメリカで、こういうビジネスがありましてね‥‥」
 なんてことを、したり顔で言ってさ、
 「その日本版をやろうと思うんですよ」なんてね、
 当然の会話みたいにあちこちでされてそうだけど、
 つまりは、うまくいった外国の発明のマネだろう。
 そんなに、堂々と語れるようなことじゃないと思うのだ。

 マネからはじまって、別物に成長していくこともある。
 だけど、マネじゃないものからはじめようと、
 もっとさ、じたばたするべきときじゃないのかなぁ。
 ずっと、なにもかもマネっこばかりの時代だからこそ、
 もう、潮が満ちてきてるように思うんだよなぁ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
アイディアが出ないなら、じたばたしようや、マネせずに。

感想を送る



気まぐれカメラ もっと見る
ただいま製作中!
もっと見る
ほぼ日ケイタイ版 メールマガジン ストア発売スケジュール
糸井重里のTwitter
ほぼ日のTwitter
ほぼ日のFacebook
 
 

ほぼ日ストア

詳しくはこちら
ほぼ日で販売されている
商品の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ストア

ほぼ日ブックス

詳しくはこちら
ほぼ日から出版されている
本の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ブックス
 
閉じる

コンテンツ一覧

著者名 タイトル 連載開始日
あ か さ た な は ま や ら わ
↑著者や関わった人が五十音別に並んでいます。行を選んでくださいね。
閉じる
コンテンツ一覧
 
閉じる

ここ1週間のほぼ日

ここ1週間に更新されたおもなコンテンツを紹介しています。
「小ネタ劇場」など、アーカイブが残らないコンテンツは
ここに掲載していませんのでご了承くださいませ。
 

閉じる
閉じる
閉じる

最近、人気のあったコンテンツ!

最近、好評のうちに終了した
コンテンツを紹介します。
見逃していた方、
どうぞ、読み返してみてくださいね。
感想メールもお待ちしています!
 
まだまだ「アンコール!」なコンテンツはたっぷりありますよ!
こちらから探してみてくださいね。
コンテンツ一覧 検索
 

閉じる
閉じる