hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「アポロン神殿」

言わずと知れた事ですが、
ギリシャには無数の遺跡があります。
中でも一番有名なのは首都アテネにある
アクロポリスだろうと思いますが、
島々にも多くの遺跡が存在します。
「神殿」と名のつく遺跡は、
ほとんどの島にあると言っても過言ではないでしょう。

今回の絵は、かつて私の作った架空の島
「アノニモ島」の一枚です。
アノニモ島にも観光名所として
アポロン神殿を作りました。
そしてアポロン神殿がそびえるゴルゴン岬では
素晴らしい夕陽を望む事ができるという設定です。
この夕陽は、サントリーニ島の
イアという街がモデルになっています。
イアには神殿こそありませんが、
白亜の美しい街並みの隣に水平線が真っ直ぐと伸び、
日没の一部始終を見届けることができます。
そこで見る夕陽は世界一との謳い文句もあり、
夏の間は、毎夕観光客で賑わっています。

太陽が地平線に近づき始めると
そこからはもうあっという間で、
街の色も瞬間的に変わっていく。
空と街は全て薄いブルーに染まり、
その中で灯りがポツポツとつき始める様子は
とても幻想的です。
日中は日中で、まぶしいほどの白壁に
青いドーム型屋根が点在する様はザ・ギリシャの島。
あまりに観光地なので、何事も少々お高いのが玉に瑕ですが、
想い描く通りのギリシャの島に出会いたいのなら、
サントリーニ島はおすすめです。
升ノ内朝子

2018-11-30

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

サントリーニ島へは、アテネから
飛行機で約50分、時間があるかたは
船でのんびり行くこともできます。
この島で最も賑わっているのはフィラという街ですが、
街並みがかわいくて、より落ち着いたムードなのは
夕陽で有名なイアの街です。
フィラに泊まるかたも多いのですが、
夕陽を見終えた後のフィラに戻るバスも混雑しますし、
ゆっくり滞在がしたいかたは
イアに泊まるほうがおすすめです。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.