hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「アネモネの丘」

アネモネの語源はギリシャ語で「風」を意味する
「アネモス」から来ており、またギリシャ神話の中でも
美少年アドニスが命を落とした時に流した血より
この花が現れたという伝説があります。
春の風によって咲き、
次に吹く風によって儚く散っていく短命な花。
そんなロマンチックな花を一面に描いた今回の絵は、
ギリシャの架空の島、アノニモ島の風景です。

こちらの景色のモデルとなっているのは
アナフィという40km2ほどの小さな島です。
中心となる街は標高260mの崖の上に位置し、
その頂きにある城塞を取り囲むように
エーゲ海特有の白壁丸天井の家々が
まるで積み木のように建てられています。

アナフィは船でしか行けない、
なかなかアクセスしにくい島ですが、
実はこの島の建築がアテネのど真ん中、
アクロポリスの麓で見ることができます。
というのも19世紀にギリシャが独立して
アテネが首都となった時、
王宮を改装するのに集められた
職人の中にアナフィ島民がおり、
アクロポリス麓の岩の多い急な斜面を選んで家を建て、
そのまま移住したというわけです。
その地区の名はアナフィオティカと言われ、
アテネにいながらちょっとした島気分を
味わうことができます。

かくいう私もアナフィにはまだ行ったことがなく、
アナフィオティカにはギリシャに来て間もない頃、
友人に連れて行ってもらいました。
アテネの一等地にこんな感じのところが?
と思ったのを覚えています。
斜面続きで登るのは一苦労ですが、
アテネ滞在時間に余裕のある方は、
小さなアナフィを見つけに
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
升ノ内朝子

2019-04-27

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

この絵のように、いまの季節(春)の
ギリシャは、野生の花がいっせいに咲き、
たいへん美しいです。
旅行を検討されている場合、
泳ぐことを優先するなら夏がベストですが、
そうでない場合は、春はかなりおすすめ。
アネモネのように、ギリシャ語由来の花は多く、
同じ春の花であるマーガレットも
ギリシャ語で「真珠」の意味があります。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.