hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

春の野を行く

新型コロナウイルス騒動が始まってから、
ギリシャで二度目の春が訪れました。
今のギリシャの状況はというと、いまだ第三波の真っ只中。
コロナの波が来るたびに
厳しいロックダウンが敷かれてきましたが、
今回が今までで一番長いものでした。
しかも去年秋の第二波ロックダウンから
ほぼ間をおかず続いており、にも関わらず
新規感染者数は減少するどころか上昇し続けました。
しかしもうこれ以上は経済的にも
国民の精神衛生的にも限界と踏んだのか
ピークの最中の3月22日に、制限措置が一部緩和されました。
今まで市外はおろか徒歩圏外への外出を禁止されていたので、
限られた場所で毎日毎週同じような日々を
ひたすら繰り返してきましたが、
それが緩和されたということで先週末、
久しぶりに少しだけ足を伸ばして、イミトス山へと出かけました。

イミトス山はアテネを囲む4つの山の一つで、
気軽にハイキングを楽しむことができます。
折しも季節は春。前回ここへ来た時は秋で、
オリーブやどんぐりが実をつけ、岩の合間から
小さなシクラメンが顔を覗かせていたりしていましたが、
今回は衣替えをしたように黄色い花々が咲き乱れていました。

野山で花を摘む伝統のあるメーデーももうじきやってきます。
その日もまたこの時のような穏やかな時間が過ごせますように、
と願いつつ、この日この山にあふれていた春の息吹は、
暗い影に浮かぶ木漏れ日のように、私を温めてくれたのでした。
升ノ内朝子

2021-04-22

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

メーデー(5月1日)に花を摘む、という伝統行事、
数年前のゴールデンウィークに、友人家族に混じって
私も参加しました。アテネのような都会でも
原っぱには野の花が咲き乱れていて、
老若男女がめいめいに花を摘んでいる様子は、
なんだかのどかでいいなと思ったものです。
摘んだ花で輪を作り、ドアに飾る風習があるのも素敵でした。
もう一年半以上も現地に行けていませんが、
ギリシャの花々は変わらずにそこに
咲き続けているんだろうな、と想像をふくらませています。
早くまた自由に行き来できるようになりますように。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.