福利厚生にもほぼ日手帳!?
2008.04.10
「はじめてのJAZZ。」「はじめての中沢新一。」など
ほぼ日の大きなイベントの舞台美術を
担当してくださっている、
株式会社ジールアソシエイツさん。
空間デザインのプロ集団として
「明日の神話」が2006年に一般公開されたときの
汐留の展示会場やイベントで、あるいは
日本テレビの夏の恒例イベントの
「GO!SHIODOME ジャンボリー」など、
手掛けているので、
スケールの大きな空間を、
体験したかたもいらっしゃるかもしれませんね。
そんなジールアソシエイツさん、
会社の求人広告の福利厚生の欄に、
「毎年ほぼ日手帳を支給」と書かれているんだそうです。
これ、ちょっと冗談みたいに聞こえますがホントの話。

「人と人が集う場所の、ほとんどすべてのデザインを
構築するのが僕らの仕事」と熱く語る
社長の永門大輔さんと、弟でもある常務の永門優作さん、
そしてスタッフ有志のみなさんに、お話をうかがいました。


永門社長の手帳術。
―― 福利厚生のラインナップに「ほぼ日手帳」と
書かれた会社は、おそらくはじめてではないかと
思います(笑)。
いつもイベントでお世話になっているお礼として、
永門さんにほぼ日手帳を進呈させていただいたのが
昨年の暮れでしたでしょうか。
それを使ってくださったのがまず最初、ですね。
永門大輔 そうですね。もともと僕は、
一時期、手帳オタクだったんですよ。
これまでに、いろんな手帳を試していて、
左がウィークリーで右にメモをとれるものばかり
探して使っていたこともあるし、
1日1ページ式の手帳も、他のメーカーのを
使ってみたことがあったんです。
でも、そのときの1日1ページの手帳が、
むちゃくちゃ使いにくかったんですよ。
なぜかというと、僕らの仕事には、
発注スケジュールというのがあるんですね。
たとえばひとつのイベントの仕事があると、
その現場の設営をする日から逆算して、
少なくとも1週間くらいは前倒しにして
制作にかからないと間に合わないわけです。
―― イベントの当日、現場に美術を入れるために
前もって作るということですね。
永門大輔 そうです。だからほんと言うと、僕らの業界には、
デイリーの手帳はあまり向いてないんですよ。
デイリーは、どうしても先の予定が見えにくくて、
いつのまにか発注スケジュールが過ぎてて
間に合わなかった、みたいなことが起こる。
それで、マンスリーかウィークリーの手帳のほうが
いいなと思ってたんですね。
ただ、仕事の打ち合わせの席とかで、
人が使ってる手帳が気になって、
それなんですかって聞いたら、ほぼ日手帳だよ、
なんてこともあって、表面しか見てないけど、
なんかいいな、とは思ってたんです。
でも、デイリーは使いづらかったという印象が
強くて、ずっと手を出せないでいたんですよ。



そうしたら、昨年「ほぼ日手帳」をいただいて。
見ていたら、だんだんはまってきてですね。
ちょっと使ってみるか、って使い始めたんです。
そうしたら、お? 使いやすいじゃん、
みたいになり(笑)。
それからは、説明書やほぼ日の手帳のコンテンツ、
WEB上の情報とかも、めちゃ読みまくりました。
最初のころには、自分の書き方とかを
シミュレーションしてみたりしたんです。
この部分はこう書こうとか、ここはこう書くとか、
いろいろ考えながらやってみたら、
だんだん整理ができてきた。
ほぼ日手帳にはマンスリーもあるじゃないですか。
マンスリーに現場の予定とかを書いて、
1日1ページには、その日にやるべきことを書く。
それと、僕は月が変わるときに、
まず、この1日1ページのTO DO リストの欄に、
その月の、決まってる現場の予定を書くんですね。
◯◯展とか、◯◯ショウとか、レセプションとか、
あと、社員の誕生日とかもですけど、とにかく
その月のスケジュールの動かないものを
あらかじめ書き込んでいくことにしたんです。
そうやってTO DOリストのスペースを使おうと
決めた瞬間から、むちゃくちゃ使いやすくなって、
こりゃあいいな、と。
希望者を募ってみたら。
永門大輔 うちの社員には、スケジュール帳を
持ってないやつもいたんですよ。
メモ帳に書いてたらしいんです、スケジュールを。
いったいどうやって
スケジュール管理してるんだよ! って(苦笑)。
その話をしてたのが、ちょうどタイミングよく
年末だったので、これを配ろうかなと思って、
希望者を募ってみんですね。
そうしたら大半の社員が欲しいと
言ってきたんです。そんな流れで、
ほぼ日手帳を全員に配ることになったんですよ。
―― うれしいお話です。
社員のかたは全体で何人いらっしゃるんですか?
永門大輔 4月入社の新入社員を含めて、32人ですね。
新入社員には入社日にSPRINGの手帳を配ります。
(編集部註:取材は3月下旬に行いました)
―― 優作さんは実際に使ってみていかがでしたか?
永門優作 まず僕は、手帳に関してはいつも
彼がやってることを真似してみるんですね。
永門大輔 真似しんぼなんです(笑)。



永門優作 というか、使ってみ、って言われて(笑)。
なのでさっき言ってた最初の1日1ページ式の手帳も、
僕は使ってみたんですが、それはえてして、
気づいたら「明日現場だ!」みたいなことが
多々あったんです。「あ、発注してねえ!」って。
なぜかというと、その手帳はどうにも、
マンスリーに書き込むのがハードルが高くて、
いちいち書かなかったんです。
でも、ほぼ日手帳はしおりがあるので、
ピッ、とすぐ開けるじゃないですか。
永門大輔 そうそう、しおりが便利だよね。
永門優作 それでもう、マンスリーとデイリーと、
非常に便利に使ってますね。
永門大輔 僕はマジではまって、
グッズもずいぶん揃えたんですよ。
下敷き、付箋、これとかも。
—— 『日経ビジネスアソシエ』の付録も‥‥!
永門大輔 ええ。それから路線図。
永門優作 電車、乗らないじゃん。
永門大輔 そう、乗らないんだよね(笑)。
あと、このシャーボもそうです。
永門優作

僕は下敷きを買おうとしたら、もう売ってなくて、
自分で下敷きを作ったんですよ。
ジールチキンズ(会社の公認部活動である
バスケットボールチーム)のロゴをいれた、
メンバーの6名くらいしか持ってない、
オリジナルの下敷きなんですけど。



—— すごい! 素材は何で作られたんですか?
永門優作 紙にラミネートをかけただけなんですけどね。
メンバーそれぞれの背番号も入れて。
この上の部分には「2008年目標達成」って
書いてあるんですが、手帳のページに挟むと、
そこが少し手帳から出るようになってるんです。
—— あ、「目標達成」というのが
見えるようになってるんですね。
永門優作 そうなんです。
普段はそんなに下敷きを使わないので、
後ろのメモのあたりに挟んでおいて、
そのページに今年の目標を書いておこう、
そうするといつも見るでしょ、と。
—— そこに書いている目標は、
会社の売上目標とかですか?
永門優作 そういうことですね。
あと、「バスケに勝つ!」とかね。
ところが、最近誰も使ってないよね(笑)。
永門大輔 使ってないね。
だって、ほぼ日の下敷きのほうが使いやすいし。
永門優作 薄かったんですよね、紙が。手作りなもので。
—— 手帳カバーは、社員のみなさんも
好きなものを選べるんですか?
永門優作 そうです。ただ、革は部長以上ですね。
永門大輔 ちなみに僕は最初、ヌメ革を使ってたんですけど、
食べ物をポロポロこぼすもんで(笑)、
汚しちゃって、これはすでに二代目です。
あれは失敗したなあ。
—— みなさんには何色が人気なんでしょう。
あ、黒が人気のようですね。
永門優作 うちのコーポレイトカラーが黒なので、
どうしてもね。


みんなの手帳の使い方。
—— では、社員のみなさんも手帳について思うことを
何でも、自由に話していただけますか?



照井

じゃあ口火をきって。
正直言いまして、今回社長から、欲しい人全員に
ほぼ日手帳を支給するよ、と言われた時に、
もう今年の手帳を持ってたんですよ。
以前から使っているウィークリーのもので、
長く使っていたので使い勝手もよかったんです。
だけど、「ほぼ日手帳はすっごくいいぞ」と(笑)。
そこまで言うならお願いしようかな、
みたいな感じだったんですね。
いざ使ってみて、これまでと変わったのは、
いろいろと書き込むようになったことです。
半分メモ、半分自分の日記とまでいかないけど、
思ったことや、これ言わなきゃというようなことを
書き込めるだけ書いてます。
前に使っていた手帳はもっとシステマティックに、
スケジュールと大事なことだけを
書いていたんですが、
ほぼ日手帳はどちらかというと、
落書き帳というかメモ帳という感じで使っていて、
今すごく重宝してます。



キム 僕はスケジュール管理って、
デジタルでやってたんですよ。
いってみればデジタル手帳だったんですけど、
使ってみると、やっぱりアナログだな、と(笑)。
—— それは、どういうあたりがよかったんでしょう?
キム

書くことによって覚えるというのがありますね。
あと、1日1ページというのが魅力なんですけど、
もっと厚くなりそうなのに思ったより薄くて、
嵩張らないところがいいなと思ってます。



木下

私は、みんなでこの手帳を持つことによって、
お揃いのもので、でも個性を出せるというのが
気に入ってます。
人によっては可愛いカバーを選んでて、
意外な一面が見えたりもして(笑)。
あと、私はシールが好きなので、
マンスリーのところにシールを貼ったり、
毎月それを変えたりして楽しんでます。



タク もともと僕は手帳を書くのが下手なので、
24時間の時間軸とか、TO DOリストとか、
メモスペースがいっぱいあったりして、
使い方が簡単というか、
わかりやすくて助かってます。
永門大輔 彼は、現場にずっといることが多いんですよ。
たとえば「明日の神話」の時とか、
毎朝シャッター開けてたのも彼で。
それにステージの進行の補助とか演出とか、
そういう方面のこともしてるので、
毎日いろんなスケジュールが入るから、
この手帳があると便利だよね。
タク そうなんです。そういう現場だと、
1時間刻みで打ち合わせがあったりもするので、
かぶりそうになってもすぐわかるし、便利です。
永門大輔 そういえば、僕が知る限りでは、
クリエイティブ職の人間って、
あまり手帳を持たない人が多いんですよ。
なのにこの手帳は、うちのデザイナーたちが
全員ちゃんと使ってて、すごいと思ったんです。
照井 たしかにクリエイティブの人って、
手帳ベースでスケジュール管理をする人って、
少ないですよね。
営業はこれが起点になるんですけど。
——

クリエイティブ職のみなさん、いかがですか?



佐藤

僕はクリエイティブなんですが、たしかに、
今まで手帳って、一度も持ったことがなくて、
基本は覚えるという感じですね。
実際手帳を持ちはじめてからも、
スケジュール管理はまだ頭の中でしてて、
じゃあ何に使ってるかと言ったら、
打ち合わせに行ったときにメモをするとか。
あと、現場調査に行ったときなんか、
方眼がすごい使いやすくて便利です。



樋口

私もクリエイティブですが、
私の場合は打ち合わせで使うというよりも、
その日に終わらせなきゃいけないことを毎朝
書いてます。あとはプライベートも含めて、
気づいたことをちょっとメモしたり、
聞きたい音楽とか観たい映画とか書いておいて、
休みの日にそれをしようとか、
楽しみのひとつとしても使っています。



稗田 ポケットがいっぱいあるってのがいいですよね。
名刺を入れたり、ペンも2本させるし。
僕の場合は、この三角スケールも必須です。
使い方はスケジュール帳というよりはメモ帳で、
打ち合わせに行っても、この手帳ひとつで、
打ち合わせできちゃうのが素晴らしいと思います。
—— 今ちらっと見えた、その一番最後のページに
貼ってあるのは何ですか?



稗田 これは紙の寸法表ですね。
パッと見てすぐわかるようにここに貼ってます。
永門大輔 それさ、単価表とか紙の寸法表とか、
そういうのをこのメモ帳サイズの小冊子にして、
ウチの秘密手帳みたいなの作ろうぜ。
パッと見て、70インチのモニターはいくらです、
とかさ(笑)。それよくない?
よし、それ作ろう!

********************

秘密手帳、いいですねー。
またいつか拝見させてくださいね。
(それじゃあ秘密にならないか‥‥)


ジールアソシエイツさん、
お忙しいところありがとうございました。
お揃いの手帳で、チームワークもいっそう強く、
ますますのご活躍を期待しています!

ジールアソシエイツさんのお仕事について
くわしくはオフィシャルホームページへ。