糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの

今日のダーリン

・「忙しい」と言わないようにしている。というか、忙しいと言ってよいほどは忙しくない。ほんとうに忙しい人がいることを、ワタシは知っているので、そういう人に比べたら忙しくないと思っている。まだやれることはある、時間の余裕がないわけじゃない。

‥‥でも、よしたほうがいいね。いまでも、十分にやれるだけのことはやってる。そして、ちょっとくたびれた感じがある。若くないから、とか考えるのは残念だけれど、そのせいもきっとあるだろうと思う。

「ほぼ日」の外から提案される仕事を、たくさんお断りしてしまっているのは、安請け合いしても、よろこばれる結果を返せないからだ。また、はんぱな知識しかないことについては、対談でも取材でも、ご遠慮するようにしている。引き受けてみたいなぁと思うような人との対談だとか、参加してみたいと思うような企画への依頼があっても、「いまは無理です」と言わざるを得ない。

若いときだったら、虚栄心も手伝って、「やってみたいです」とか言っていたのだろうな。その都度、冷や冷やしながらも「なんとかなった」という程度の結果の積み重ねが、ぼくの経験になったはずなので、それでよかったのだ。いまだって、そういうことをしたいとは思う。まだまだ新しい経験はしてみたいし、それをしなくちゃいけないという気持ちがある。

じゃぁ、なんでいまは断るのよ?そりゃぁ、決まってますよ。じぶんやじぶんたちで企画してやっていることが、 いっぱい進行しているからだ。手を抜いたらだめになるし、ていねいにやりたい。しかも、ちゃんとしっかりやったら、必ずおもしろいことになりそうだぞ、と思えるのだ。そのためにもっと働きたいから、それ以外をセーブする。けっこう、あたりまえのことのつもりなんですよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。少なくとも今年来年再来年くらいまで、ぼくはおもしろい。

最新情報

今日のメニュー

ほぼ日のメールマガジン、SNSなど

ほぼ日ストア

パソコン版、ケイタイ版