糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの

今日のダーリン

・毎日、感情にまかせて、言いたい書きたいということを探してみたら、きっと、だれかに文句を言いたいとか、こういうことに腹が立ったとか、こんなこと言われたけど、それはちがうぞ、とか、そういうことばかりになってしまうのではないか。そんな気もする。

たいていの人は、毎日、だれかに誤解もされてるし、なにかしら望まぬことをしているし、思うようにならないことに泣きそうになるし、じぶんとちがうルールの人が目に入るし、そういうことをことばにして、吐き出してみたいという気持ちを持っていると思う。ぼくは、そんなのぜーんぜんありましぇーん‥‥って、それはうそで、ありますよ、ぼくも。

でも、せっかく人が集まってくれて、いわば、見えない焚き火にあたりながらさ、お茶でも飲んでいるような場面で、「聞いてくれ、あいつが憎らしいんだ!」なんてそれぞれが言い合っていたら、なにかいいことでもあるかい、ないよなぁ。そう思って落ち着くわけだ、大人はね。

せっかく! ここにこうして集まっているわけだから、しかも、わざわざやってきてくれるのは、「ちょっとでいいから、いい時間を過ごしたい」と、たのしみにしているようなことだと思うから、ぼくも、そういう場をつくっていられるようにしたい。まぁ、バーや喫茶店のマスターが、人の悪口やら、文句ばかり言ってたらいやだもんなぁ。ずいぶん昔に、ある大人気の俳優さんが、「衛生無害」だとか皮肉られていたけれど、衛生無害で人の役に立っていること山ほどあるよね。「毒がある」とかがほめ言葉だった時代だけど、その安い毒が自家中毒起こすこともあるからなー。「ほぼ日」は「いい時間だった」と思ってもらえるように 真剣も冗談も平凡も、ミックスしてお出ししています。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。「TOBICHI2」の雲がうまれるさん、たのしくやってるよー。

土曜日、日曜日と祝日の「ほぼ日」は9時に更新しています。昨日の「今日のダーリン」を読み逃した方はこちら。

最新情報

今日のメニュー

ほぼ日のメールマガジン、SNSなど

ほぼ日ストア

パソコン版、ケイタイ版