おらがトマト - ほぼ日刊イトイ新聞

おらがトマト

発売以来、好評をいただいている
トマトジュースを今年も販売します。
作り手は、北海道・余市に暮らす中野さんご一家です。
植物の生命力を最大限に引き出すといわれる
「永田農法」で育てられたトマトは、
あまくてフレッシュで、
これまで味わったことのないおいしさです。
大量生産では決してできない、
手間をかけて極限まであまさを引き出した
極上ともいえるトマト。
それを食塩無添加のトマトジュースにしました。
自分用にも、贈りものにもどうぞ。

小瓶
180ml 810
(税込・配送手数料別)

小瓶・お得な
6本セット

180ml×6本 4,536
(税込・配送手数料別)

大瓶
710ml 2,970
(税込・配送手数料別)

※賞味期限は、未開封の状態で製造日より約2年です。
こちらは2017年秋の製造で、賞味期限は2019年秋です。
※開封後は冷蔵庫に入れてお早めにお飲みください。
※この商品は国内のみの発送です。
※ほかの商品との「とりまとめ」もできます。

北海道余市の夕陽をあびて育った
平均糖度9の、とびきりあまくて
濃厚なトマトをジュースにしました。
約30年前からこのトマトを
生産しているのは、中野さんご一家です。
中野さんは、永田農法の創始者である永田照喜治さんに
「最もトマトの栽培に適した、理想的な環境」
と絶賛された畑を持ち、
日々、トマトを徹底的に観察しながら
丹精こめて育てています。
水分を極限まで控えるという栽培法によって
育てられたトマトは、あまさもコクも群を抜いています。

昨年は、天気に恵まれた余市でしたが、
今年は、春の季節外れの雪、
真夏でもなかなか上昇しない気温‥‥と、
パーフェクトとはいえない気候でした。
そんななか、
「天候に左右されずに、
少しでもおいしいトマトジュースを作り、
お客さまに喜んでもらいたい」と
中野さんは一家総出で日夜トマトを徹底して見守り、
手塩にかけて育てます。
そんな努力の結果、
充分に「あまい!」「おいしい!」
と驚きをもって飲んでいただける
トマトに仕上がりました。
ジュースへと加工する際も、
食塩や添加物などは一切加えていません。
さらに今年から自社工場も設立し、
トマトの栽培からジュースへの加工まで
すべてを中野さんご一家が担っています。
くわしくは予告編をどうぞ

とっておきのトマトジュースを
どうぞこの機会におためしくださいね。

おいしい飲みかた

冷やしすぎると香りが飛びますので、
お召し上がりになる直前に
冷蔵庫で冷やしていただくのをおすすめします。
※開封後は必ず冷蔵庫に入れてください。

2017-12-18-MON