hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「眠らない夜」

もう随分と経ってしまいましたが、
4月8日はギリシャで一番の
お祭りであるイースター(復活祭)、
ギリシャ語で言うところの「パスハ」でした。
学校はパスハの前後2週間はお休み、
仕事も1週間ほどお休みが取れます。

一般的にパスハは家族で田舎に行ったりして過ごしますが、
我が家はよくこの休暇に旅行に行きます。
今年はギリシャ北東の島、ヒオス島へ行ってきました。

ヒオス島のパスハのお祭りは、
ロケット花火のど派手な打ち合いで有名です。
そもそもは二つの教会の権力争いから、
お互いの鐘楼をめがけて
石を投げあっていたのが始まりだとか。
それがエスカレートして
一時は大砲を撃ち合っていたそうですが、
当時の政府に禁じられ、
代わりに何万本もの手作りロケット花火を
打ち合うようになりました。
かくいう私も日本のテレビで紹介されていたのを見て、
ヒオス島の存在を知りました。

ところが‥‥この花火の打ち合い、
周辺の家々の損傷が激しく(そりゃそうだ)、
不満も多いことから近年は
花火の本数が大幅に減らされたとのこと。
それでも幾ばくかの期待をしつつ、
私達は島で用意されている無料シャトルバスで
花火観覧スポットへと向かったのですが‥‥

安全面を考えると仕方のないことではあるのですが、
そもそもこの観覧スポットが花火からはだいぶ離れていて、
まばらに打ち上げられる花火は
まるで流れ星かのような小ささ。
そしてちょっと連続して飛んだと思っても、
長くは続きませんでした。

事前情報では花火の打ち合いは2時間ほど続き、
パスハを迎える夜中の12時がピークだそうで、
それまではなんとか居続けようと思っていたのですが、
1時間ほど経ったあたりで娘が尿意を訴え、
花火も相変わらずしょっぱい感じだったので、
ピークを前に混み合う人の波に逆流しながら、
私達はしぶしぶホテルへと戻ったのでした。

テレビで見たときは、花火を打つ人々のドラマがあり、
火の粉を散らしながら飛び交う花火は
大きく映し出されてすごい迫力だったのですが、
実際に行って見ると、
案外それを実感することができなくて、
ちょっと残念でした。

せめてもの救いは、
ホテルにパスハの食事サービスがあったこと。
パスハの日はツレキと呼ばれる甘いパンや、
子羊の腸やハーブから作るマギリッツァスープが出ます。
また赤く染めたイースターエッグを使って、
運試しのゲームをしたりします。

本来ならば夜中の12時を過ぎてから食べるものですが、
私達はその前に食事を済ませ、花火の音を遠くに聞きながら
早々に眠りについたのでした。

という訳でピーク時の花火がどういうものだったのか、
結局わかりませんでしたが、
翌日色々な人から「大したことなかった」とか、
「かつてはもっとすごかった」という話を聞きました。
観光客にはちょっと残念でしたが、
毎年パスハ前にその年の花火のあり方についての
話し合いが行われているそうなので、
またいつか、かつての凄まじい花火の打ち合いが
見られることもあるかもしれません。
升ノ内朝子

2018-05-29

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

ヒオス島のロケット花火を打ち合うお祭りは、
日本でも何度かテレビ番組や
ネットニュースで取り上げられたので、
ご存知の方もいるかもしれません。
「ヒオス ロケット花火」で画像検索すると
かなり迫力があるシーンが出てきますよ。
ロケット花火が打ち込まれているあいだも、
互いの教会では平然と
厳粛な儀式が行われているのが、
このお祭りの一番すごいポイントだと
個人的には思っています。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.