hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「モスホナス帽子店」

今回の絵は、主人と一緒にアテネで
友達へのプレゼントを選んでいた時のものです。

私達が入ったのは、
アテネのオモニアというエリアにある
「モスホナス帽子店」。
今となっては数少ない帽子専門店でした。

世界中で言えることだと思いますが、
ギリシャでも大型のショッピングモールや、
海外から入ってくる格安ファッションブランドにおされて、
昔から地元にあるお店はだんだん少なくなってきています。

実際私が普段よく利用するのも、
残念ながらそういう大きなお店が多いです。
というのも、昔ながらのお店は
何かと不便なことが多いからなのですが、
中でも一番の理由は
「お店の人の買え買えオーラがすごい」からです。

私としてはふらっと入って
お店の中のものをさらっと見たいだけなのですが、
店に入ったが最後、
「入ってきた客、手ぶらでは帰すまじ」
とでもいうような
お店の人のテンションをバシバシと感じ、
隣にビタッとマークされます。

そして必ず「(具体的に)何が欲しいの?」と聞かれます。
そういう個人商店では
「何か特に欲しいものがあるわけではないけれど、
ちょっと見てみたいからお店に入る」
という感覚は全く理解されないようです。
また意味なく商品を触られるのも嫌なようで、
特にたたんである洋服は決して広げてはなりません。
なぜなら見本として全種類ハンガーにかけてあるので、
デザインを見たければそれを見よ、ということなのです。

ギリシャに来たばかりの頃は、
そういったお店にうっかり入って出るに出られず、
たいして欲しくもないものを買ってしまうということが
ちょくちょくありました。

というわけで個人商店に入る時には、
できるだけ「ここで絶対買う!」と
腹を決めて入ることをお勧めします。

このモスホナス帽子店は主人が昔から知っていたお店で、
またクラシックな帽子が好きな友達への
贈り物を考えて入ったので、
お互い気持ちよく買い物する事ができました。

オモニアのエリアにはこういった昔ながらのお店が
まだ比較的多く残っています。
散々文句を言ったものの、
私は概念としてはこういった個人商店が好きで、
特にその趣のある佇まいや、時代を感じさせる看板は、
いつまでもそのままあり続けてほしいと思っています。
実際の使い勝手を考えると、
なかなか貢献できないのが歯がゆいところですが‥‥。

でもお店がなくなってしまう前に、
勇気と捨て金を持って、もっと散策してみたいと思います。

升ノ内朝子

2017-07-08

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

ギリシャも、アテネのような大きい都市は
ショッピングモールが数多く並んでいますが、
地方の農村やエーゲ海の島々に行くと、
ほぼ昔ながらの個人商店で成り立っています。
お店の人もたいてい親切で、たった一言でも
ギリシャ語で挨拶すると、大喜びで
お菓子をおまけしてくれる‥‥なんてことも。
ギリシャに行ったら、そういうコミュニケーションも
ぜひ楽しんでくださいね。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.