hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「船を待つ」

気がつけばイースターの余韻もあっという間に過ぎ去り、
5月にして既にギリシャはもう夏目前といった雰囲気です。

今回の絵は、ある年のこの季節に訪れたポロス島のものです。

5月ですと海の水はまだ冷たくて、
海水浴にはちょっと早いのですが、当時来客があり、
誰も行った事がなくて日帰りできる近隣の島に行こうということで、
ポロス島に行くことになりました。

以前から主人に
「ポロス島にはレモンの森があって、
そこを舞台にしたロマンチックな小説があるんだよ。」
と聞いていて、想像を膨らませていました。
そして実際この機会に行ってみたのですが、
これがとんだ期待はずれでした。

というのもそもそもレモンの木がそんなに見当たらない。
(オリーブの木の方がよっぽどあった。)
そして森というよりは誰かの所有地、
といった感じでフェンスが張り巡らされていて
ロマンチックな雰囲気は皆無。
観光名所というにはあまりにも普通で、
タクシーの運転手さんに連れて行ってもらったにもかかわらず、
本当にあれがレモンの森だったのかいまだに確信が持てないでいます。

レモンの森を教えてくれた主人も、
想像だけで行くことを薦めてしまった私も、
お客さんになんでもないところをえんえんと
歩かせてしまってなんとも気恥ずかしかったです。

この記事の為にちょっと調べてみたところ
「3万本以上のレモンとオレンジの木がある」とか、
「たくさんの水車がある」とあるので
きっとどこかで道を間違えたのでしょう。
(と信じたい。)

誰かポロス島のレモンの森に行ったことのある方、
ロマンチックな情報をお待ちしております。

升ノ内朝子

2017-05-26

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

ポロス島はアテネから船で1時間で行けるので、
「あまり時間がないけど、島の雰囲気を味わいたい」
という方にはおすすめの場所です。
さて、気になる「レモンの森」、私も調べてみると、
ポロス島の名産だというレモンジュースとレモンジャムを
紹介する記事をみつけました。ということで、
「レモンの森は存在するんじゃないかな」と思っています。
そのうち行って、たしかめてきます。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.