hobonichi

Greetings from Greece ギリシャからのおたより。

升ノ内朝子さんのプロフィールとご挨拶

升ノ内朝子(ますのうちあさこ)
1977年生まれ。千葉県出身。
慶應義塾大学哲学科卒業。
セツ・モードセミナー基礎科修了後渡英し、
University of Brightonにてイラストレーション科を卒業。
2005年よりフリーのイラストレーターとして活動中。
http://www.asako-masunouchi.com

~ご挨拶~

はじめまして。升ノ内朝子と申します。
至ってシンプルなわけあって、
ギリシャで暮らすことになり、かれこれ7年になります。

それはギリシャ人の主人と結婚したからでありまして、
今は今年5歳になった娘と3人で暮らしています。

こちらに来てから何度も何度も聞かれた質問があります。
「ギリシャは好き?」
「大好き!」と答えたいところですが、
7年も暮らしていながら、いまだに答えに困ってしまいます。
結婚したときは確か「遂に来てしまった」と思ったような。
その後、ギリシャでの生活は現実であって
好きとか嫌いとか言っても仕方ないから
考えるのを停止したと思われます。

そんな私ですが、気がつけば年々描き溜まる
ギリシャの風景画。
ギリシャの架空の島まで作り上げて、個展をしたことも。
ここ何年かの日本帰省の際には、
ギリシャが恋しくなっているのもまた事実です。

波間に漂うブイのように、私の想いは
ふわっふわっと揺れ動いていますが、
思うようにままならず、不便で、いろいろ不器用だけど、
大らかで優しくて、とっても熱いこの国に
だいぶ愛着が湧いているようです。

皆さまにも、これからお届けする
ギリシャの生活や出来事を楽しんで頂けたら嬉しいです。

升ノ内朝子

升ノ内朝子さんはギリシャ・アテネに暮らす
イラストレーターです。
2016年版「やさしいタオル」の
デザインも手がけてくださったんですよ。
そんな升ノ内さん、ギリシャのすてきなところを
みなさんに知ってもらいたいと、
現地で心を掴まれた風景やできごとを
イラストに描いてくれることになりました。
遠い国から届く絵ハガキをながめるように、
いろいろ想像して楽しんでくださいね。
不定期連載。担当はほぼ日のギリシャ好き、フジタです。

「月曜日の饗宴」

ギリシャでは、キリストの復活祭が
一年を通して最も盛大に行われるお祭りです。
一般的にはイースターとして知られていますが、
ギリシャ正教を始め東方正教会では「パスハ」と呼ばれています。
毎年変動するパスハの日付ですが今年は4月8日で、
今はパスハの前の節食期にあたります。

この約40日間続く節食期は、
キリストが行ったと言われる断食にちなんで、
肉や魚といった血の通った食べ物、
またその産物である卵や乳製品の摂取を控えます。
大きなお祭りの前に、節制をすることで身を清めるのです。

しかし今日では、この期間中ずっと
節食を実践している人は少なく、
「カサリ・デフテーラ」と呼ばれる
節食期の初日の月曜日と、
パスハ直前の1週間だけ実践する人が多いようです。

我が家では、毎年カサリ・デフテーラに
友人らと料理を持ち寄って集まるのが習慣となっており、
今回の絵も、ある年のこの日に訪れた
友人宅を描いたものです。

テーブルには様々な豆料理に、
タコのグリル、イカのフライ、
エビのごはんやトマト煮込み、
マカロニやタラモサラタ、この日にだけ登場する
「ラガナ」と呼ばれる平たいゴマつきのパン、
そして私の持ち込んだ手毬寿司が並びます。
タコやイカ、エビ、貝類といったシーフードは
血が通っていないとされ、
この日によく食されるのです。
さらにギリシャの代表的な蒸留酒で
シーフードに合うとされる「ウゾ」や
ワインのアルコール類もたっぷりと用意されていました。

しかし毎回思うのですが、
この日は節食を謳っているのに
皆いつも以上に食べるし、飲む。
クリスマスよりもお正月よりも、
一年で一番食べているんじゃないかとさえ思う。
唯一対抗できるとすれば
ラム肉をこれでもかと貪るパスハ当日ですが、
今はそのパスハのための節食期のはず。
なのに主人なんか毎年この日は
記憶をなくす程飲むのがお約束になっているし、
シーフードはギリシャでは比較的高額というのもあって、
私からすると節食というよりむしろ贅沢、という印象です。

さらにこの日訪れた家の友人は
肉なしでは生きられないようで、夕方には我慢しきれず、
先ほどまで魚介を焼いていたその網で
すでに肉を焼いていました。

人によって信仰心の度合いは違うので、
同じギリシャ人でもカサリ・デフテーラの
過ごし方はまちまちですが、
私の周りのギリシャ人にとっては、
節食とは程遠い日なのでありました。
升ノ内朝子

2018-03-20

乗組員フジタのひとことギリシャメモ

節食期の最初の月曜日(カサリデフテーラ)には、
シーフードを食べること以外に、
家族揃って「あること」をします。
それは、凧揚げ。
なんと、ギリシャ人も凧揚げをするんです。
私も10年近く前の春、友人とそのご両親に誘われて
アテネ郊外の空き地で凧揚げをしました。
ビニール製のシンプルな凧でしたが、
家族揃って凧揚げを楽しむ日があるなんて、
まるで日本の正月のようだなと
感じたのを思い出します。

Weather in Athens

いまのアテネ

Sunny

晴れ

20°C
10:00a.m.