パリで名高い日本人ポップ・デュオ、 レ・ロマネスクのTOBIさん(細長いほう)は、
    これまでの人生において ピンクなときも、さほどピンクでないときも、 幾多の「ひどい目」に遭ってきました。
    はじめは飲みの席で「ははは。ひどいスね」と 笑って聞いていたのですが つぎつぎ出てくる、 その、質・量ともに稀有な「ひどい目」体験に
    よくわからないけど 「これは、伝えなければ」と思いました。 聞けば聞くほど、笑っちゃう。 よくもまあ、そんなにいろんな「ひどい目」に。
    不定期連載のかたちで、お届けしていきます。 MIYAさん(丸いほう)も、 たまーに、出てくる可能性があります。 お相手は「ほぼ日」奥野です。
ひどい目☆その1

── TOBIさん、おひさしぶりです。
TOBI ボンジューフガッ(摩擦音)。
── 先日、大阪のお好み焼き店で
これまでTOBIさんが経験されてきたという
幾多の「ひどい目」について
深夜の1時すぎまで
えんえん、おうかがいしたわけですが。
TOBI ついしゃべりすぎまして。
── その、次々と出てくる「ひどい目」体験の
質と量に圧倒され、
これは時間と場所をあらためて、
不定期連載のかたちで読者に届けたいなと。
TOBI 何の役にも立たないと思いますが‥‥。
── 今日はまず、第一弾として
以前のインタビューのときにも話していた、
「武装した銀行強盗の一味と
 密室に閉じ込められ
 拳銃を突きつけられた件」について
あらためて、おうかがいできればと。
TOBI 承知いたしました。

ではまず、その前フリとして
「パリではスリに、くれぐれもご用心♡」
という話からしたいのですが。
── おまかせいたします。
TOBI ご存知のように、パリって観光地ですから、
それも人気の観光地ですから、
ものすごい数の観光客が押し寄せるんです。

当然、日本からも、たくさん。

ゴールデンウィークや、盆暮正月などには
知り合いが5人ぐらい来るんですよ1日に。
── そんなにですか。
TOBI 知り合いというのは便利な言葉で
たいして知らないケースも多々あります。

ひどい場合には
「親の同級生の甥っ子の上司の次女です」
みたいな、
完全なる赤の他人が来たりもします。
── TOBIさんを頼って。
TOBI そうそう、他に誰もいないとか言って。

で、そうなると「観光案内」するわけですが、
1日に5組くらい案内していると
だいたい1組はスリかひったくりにやられる。

「他人1」をモンマルトルへ連れてって、
「他人2」をオペラ座へ連れてって、
「他人3」をルーブルへ連れてって、
「他人4」をエッフェル塔へ
「他人5」を、もうどこでもいいけど
凱旋門だかどこかへ連れていってるころには、
「他人1」がスリに遭ってるんです。
── まあ、必ずそうなるかはともかく、
旅行者はそれほど注意したほうがいい‥‥と。
TOBI 防御策としましては、
まず「大事なものを必要以上に持ち歩かない」
というのは基本ですけど
ぼくは、もっといい方法を知っています。
── ぜひ教えてください。
TOBI ぼくは「必要以上にキョロキョロする」
と言うか、
「どことなく挙動不審なやつに見せる」
のがいいと思う。
── それは‥‥なぜでしょうか。
TOBI ようするに、そうすることで
「逆に、スリのように見せる」くらいが、
最大の防御策ではないかなと。
── つまり「同業」を装う‥‥。
TOBI パリのスリに
「あの人もスリかな。挙動不審だもんな」
くらいに思ってもらえたらOK。
── 旅が楽しくなくなりそうですね‥‥。
TOBI まあ、それだけ用心してほしいという
願いを込めてね。

ただ、これだけ言っといてなんなんですけど
安心してほしいのは、
パリでは通常、
拳銃で脅されたりとかはしないんです。
── でしょうね。
TOBI スリとかひったくりは多いけど、拳銃はない。
── みんなが憧れる「花の都パリ」ですものね。

でも、そんなパリの街でTOBIさんは
「武装した銀行強盗の一味と
 密室に閉じ込められ、
 拳銃を突きつけられた」ご経験がある、と。
TOBI そう‥‥あれは、パリへ来て7日目でした。

あのよく晴れた日に、
ぼくは、語学学校の1階に入っている銀行で
知人と待ち合わせをしていたんです。
── TOBIさんは、ワーキングホリデーで渡仏し
三行広告の打ち込み作業など
いろいろなアルバイトを経験した末に
パリでレ・ロマネスクを結成するわけですが
「7日目」ということは
まだ「右も左もサッパリ」な時期ですね。
TOBI そうです。ですから、自宅から
その語学学校へ行くのにも距離感がつかめず、
30分も早く到着してしまったんです。

そこで、約束の時間がくるまで
銀行脇の階段に座り、
日向ぼっこしながら読書することにしました。
── 陽光のもと、パリで読書。素敵なシーンです。
何を読んでいたんですか。ランボオですか。 
TOBI 当時、まったくフランス語ができなかったので
『はじめてのフランス語会話表現』
という入門的な本を「音読」していました。

のんびりとした時間が、過ぎていきました。
あたりには誰もおらず、
銀行窓口に座っているおばちゃんと僕だけ。
── アンニュイなムードのなか、
『はじめてのフランス語会話表現』に出てくる
基本単語や例文を音読されていた‥‥。
TOBI そのとき、でした。

昼下がりの穏やかな空気を切り裂くように、
「パ!」という破裂音、
金属と金属がぶつかるような音がしました。

ぼくは、瞬間的に「なんだろう?」と思い、
その音がしたほうへ、
つまり銀行のロビーへようすを見に行った。
── ‥‥ええ。
TOBI すると、とつぜん、
「ウィーーーーーン」というような感じで
窓口のシャッターが閉まり始めたんです。
── おばちゃんが座っていた、銀行窓口の。
TOBI ぼくは「あ、窓口が閉まってる」と思いました。
おばちゃんは、
シャッターの向こうへ消えていきました。

そして、その閉まりかけのシャッターを
あちら側から、誰かがガンガン蹴ってるんです。
事態を把握しかねているうちに、
背後の「入口のシャッター」まで閉まり始めた。
── つまり、TOBIさんを挟んで前後のシャッターが
みるみる閉まっていったと。

いわゆるところの「密室状態」ですね。
TOBI 次の瞬間です。

ほぼ完全に閉まりかけようとしている
窓口のシャッターの向こう側から
ふたりの男性が
いなずまのように飛び出してきたんです。
── おお。
TOBI 彼らは、ものすごく緊迫したようすでした。

瞬間的にぼくは「被害者だ」と思いました。
ガンガン蹴っ飛ばされているシャッターの内側から
あまりに差し迫った面持ちで飛び出してきたので。
── ええ、ええ。
TOBI 彼らは、ぼくに向かって何ごとかを叫びました。

「助けてくれ!」みたいなことかなと思いましたが
ぼくには、まったく理解できませんでした。
── なにしろ、さっきまで
そこで『はじめてのフランス語会話表現』を
音読してたくらいですもんね。
TOBI いまから思うとおかしいのですが、
ぼくがそのとき感じたのは「がっかり感」でした。

ようするに、彼らのフランス語を
ぼくは、何ひとつ、聞き取ることができなかった。
もしかしたら
ものすごく困っているかもしれない人の言葉を
理解してあげることが、できなかった。

そのことが、ショックだったのかもしれません。
── ご自分の語学力のなさにヘコんだ‥‥と。
TOBI 「ああ、だめだ。こんなにも
 『はじめてのフランス語会話表現』を
 読んでるのに
 ぜんぜん、わからないじゃないか」と。

すると、目の前の男性のうちのひとりが
ぼくに向かって
もう一度同じようなことを叫んだんです。
── ええ。
TOBI ぼくは、とっさに
手元の『はじめてのフランス語会話表現』
に書いてあった
「わたしはフランス語が話せません」
という例文を、そのまま棒読みしました。

「ジュ・ヌ・パルル・パ・フランセ」
── 「ジュ・ヌ・パルル・パ・フランセ」
TOBI そう。ぼくは2度、そう、繰り返しました。
「ジュ・ヌ・パルル・パ・フランセ」

すると、彼らは明らかに苛立ったようすで
みたび、大きな声で叫んだんです。
何かを質問されたことはわかったのですが、
やはり、理解はできませんでした。
── はい。
TOBI だからぼくは、少しでもわかりたいと思い、
じれているような、
怒ったような口調で叫ぶ男性の口元を
じっと見つめながら、
「言ってることがわかりません」
という意志を、どうにか伝えようと思って
耳の後ろに手を当てたんです。
── 「はい?」みたいなジェスチャーをした?
TOBI そう。

たぶん
「あなたの言葉が聞き取れませんでした」
ということを
過剰にアピールしようとしたんでしょう。

耳に手を当てて「はい?」というように
気持ち、身体をかしげたんです。
── ええ。
TOBI そしたら‥‥視界の隅に。
── ええ。
TOBI 見えた。
── 何が。
TOBI 右がメタリック・シルバーで、左が黒。

二丁の拳銃が、
まっすぐ、
ぼくの土手っ腹に向けられていたんです。
2014-03-28-FRI

ページトップへ つぎへ


                ~真夏のワンマン・ライブのご案内~
                8月11日の山の日(木・祝)は
                「ながめ余興場」へGO!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どこ? 

というモヤモヤに、直ちにお答えいたします。
今回、レ・ロマネスクが
ワンマンライブを行う「ながめ余興場」とは
昭和初期に建てられた芝居小屋。
古式ゆかしい風情ただよう純和風の建築物で、
「群馬県みどり市」という田舎町にあります。

東京の浅草駅や北千住駅からは
東武伊勢崎線の特急りょうもう号で、約2時間。
終点の「赤城駅」で降り、歩いて15分。
TOBIさんをして
「アマゾン流域かよ」と言わしめた
「高津戸渓谷」を見晴らす高台に建っています。
付近には、過疎地のSF感を歌った
レ・ロマネスクの
傑作エレクトロニック・ダンス・ミュージック
「KASOCHI」のロケ地もあります。

ながめ余興場からの、いいながめ。NOT アマゾン。

‥‥なぜ、わたくし奥野が、このように、
みどり市について
「田舎町」だとか「アマゾン流域」だとか
「KASOCHIのロケ地が近い」だとか、
失礼にあたりそうなことでも
遠慮なく言えてしまうのかと申しますと、
ここで生まれて、ここで育った、
愛すべき「わが、ふるさと」だからです。
実家は、ながめ余興場から車で5分。

ただ、地元の人間の感覚で言いますと、
ながめ余興場って、
とくに若者には、さほど馴染みのない場所。
芝居・浪曲・歌謡ショーで賑わった
昭和30年代には、
年間30万の観光客で賑わったそうですが、
今では、ズラリと並ぶ伝統の菊人形や
たまに開かれる寄席を目当てに、
主に年配の方が、多く集まるスポットです。

東京から2時間の静かな町にある、
ポップやロックミュージックのライブなんて
やったことのない芝居小屋を、
なぜ、ライブの会場として選んだのか‥‥。

「MIYAさんの実家からも近いこともあって、
 以前から、気になっていたんです。
 そこで見学してみたら‥‥ここしかない、と。
 回転式のからくり舞台、二階の桟敷席、
 まっすぐに伸びた花道‥‥
 緞帳なんて3重にもなっているんです。
 なんて素晴らしいステージだと思いました」

「控室に漂うもののけ感も、ハンパじゃない。
 見学専用、
 歴史資料として残されている古い芝居小屋は、
 まあ、あると思いますが、
 いまでも現役で使用されているところは、
 なかなか、お目にかかれるものではないです」

こちら主役級の控室。何かが塗り込められたような雰囲気の壁。

そうなんだ‥‥そんなに素晴らしい場所だったのか。
急に誇らしい気持ちになってきました。
いいぞ、ながめ余興場! がんばれ、ながめ余興場!

今回、はじめて余興場のなかに入りましたが、
実に重みを感じる、どっしりした空間。

そこに、まっピンクの国籍不明デュオが立ったら
さぞかし浮くんじゃ‥‥と思っていたら、
意外や意外、レ・ロマネスクに、ピッタリでした。

「余興場という名前もいいじゃないですか。
 ぼくたちがやりたいこと、
 それって、まさしく『余興』ですからね」

でも、ぶっちゃけ、
レ・ロマネスクの音楽を愛好している人たちが、
人口2万のこの町にどれだけいるのか。
TOBIさん、ここは、パリじゃないんですよ!

「はい、パリのオペラ座にも引けを取らない
 世界に誇れる芝居小屋です。
 亡くなったプリンスやデヴィッド・ボウイが
 生前にこの劇場の存在を知っていたら
 きっと公演したいって思ったはず‥‥。
 彼らがあの花道から登場してきて
 純和風の舞台で
 年季の入った照明を浴びたら
 どんなにカッコよかったことでしょう。
 早く知らせてあげたかった。惜しまれます」

「ともあれ、みなさんには、ぜひ、
 この歴史ある芝居小屋を、体験してほしい。
 当日は国民の祝日『山の日』なので
 早い時間に来て
 近隣の森林浴を楽しむのもオススメですよ」

レ・ロマネスクの、ひと夏の挑戦‥‥2016。

どうでしょう、みなさん。
ひとつ乗っかってみては、いかがでしょうか。

たいへん好評だった
5月の大阪・東京公演と同じくらいの曲数を
演奏するとのことで、内容的にも
タップリ満足のいくライブになると思います。

参考ていどに申し上げますと、
今回も私・奥野は
ギター係として出たり入ったりする予定です。

チケットのおもとめは、以下からどうぞ。


レ・ロマネスク コンサート 2016夏 in GUNMA

日 時  2016年8月11日(木・祝/山の日)
時 間  15時~17時(開場:14時15分)
会 場  ながめ余興場
住 所  群馬県みどり市大間々町大間々1635
問合せ  0277-72-1968
H P  みどり市ホームページ

目次 ひどい目☆その1  武装した銀行強盗の一味と 密室に閉じ込められ 拳銃を突きつけられた件。
第1回

パリの午後、
二丁の拳銃。

2014-03-28-FRI
第2回

犯人逃走→発砲→
救出作戦→帰宅。

2014-03-29-SAT
第3回

地下鉄
カツアゲ未遂事件。

2014-03-30-SUN
第4回

絡みあい、
もつれあう、運命の糸。

2014-03-31-MON

ひどい目☆その2 豪華クルーザーで遭難し強烈な陽差しで黒焦げになりながら大西洋を漂流した件。

第1回

セレブの遊び、
無人島ピクニック。

2014-05-28-WED

第2回

大西洋の
ど真ん中でガス欠。

2014-05-29-THU

第3回
最後は
前衛芸術のように。

2014-05-30-FRI


ひどい目☆その3亡命ロシア人から借りた築400年のアパルトマンで壁の電話回線が火を噴き、中から盗聴器が出てきた件。

第1回

光る目玉が、
こっちを見ている。

2014-08-12-TUE

第2回

「水が、
漏れていませんか」

2014-08-13-WED

第3回

「レジーナ・ニジンスキー」
とは誰なのか。

2014-08-14-THU


ひどい目☆その4深夜に上階の住人の汚水が溢れ出し膝下まで洗剤と油と生ゴミに浸かりながら7日間、汲み出し続けたあと8日目にゾンビ役でステージに立たされた件。

第1回

ぼくの7日間戦争、
勃発。

2014-09-17-WED

第2回

キュッ! シュッ!
10秒後にやつが来る!

2014-09-18-THU

第3回

ゾンビになった
トビー。

2014-09-19-FRI


ひどい目☆その5練馬で捨てたはずのステージ衣装がなぜか船便でパリに届き白塗りの人と何度も共演するはめになった件。

第1回

運命の船便。

2015-01-05-MON

第2回

パリ捨てパリ捨て
パリパリ捨て。

2015-01-06-TUE

第3回

第2回
パリ(不法)公演。

2015-01-07-WED

第4回

午後の王子、穢れ、
深夜の王子。

2015-01-08-THU


寒い件。

第1回

寝るために。

2015-11-10-TUE

第2回

1万4000人に
抜かれて。
2015-11-11-WED

第3回

トビーは街へ
柴刈りに。
2015-11-12-THU


ゴミが地層化した練馬のアパートで空き巣と22日間同居した件。

第1回

誰かの靴の跡。

2016-04-13-WED

第2回

不意の来訪者。

2016-04-14-THU

第3回

振り向けば、
そこに‥‥誰かが。
2016-04-15-FRI


地平線を望む雄大な北海道の牧場で深紅に染まる夕陽を眺めながら生ぬるい牛のフンを全身に浴びた件。

第1回

K氏からの電話。

2016-07-25-MON

第2回

ベェ、ベェ、ベェ。

2016-07-26-TUE

第3回

まきばのカール・ルイ
スとなって。
2016-07-27-WED


いままでのレ・ロマネスクさんの関連コンテンツはこちら

©hobo nikkan itoi shinbun