お気に入り記事の保存はアプリが便利!

ほぼ日刊イトイ新聞

2022-11-27

糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの今日のダーリン

・本日、2022年11月27日(日曜日)は、
 歴史的な一日ってことでもないのでしょうが、
 なかなかいろんなことが重なる日になります。

 ほとんどの人がすぐに思い出すのが、
 夜7時からのサッカー「日本対コスタリカ」でしょう。
 これだけでも、十分に待ち遠しいですよね。
 しかし、それに重なって『鎌倉殿の13人』第45回がある。
 NHK総合なら夜8時から、BSPなら6時からですから、
 7時からのサッカーの前に急いで見ることもできます。
 でもねぇ、そんなに大あわてで見る回じゃないですよね。
 もうじき最終回の山も山、大山場の第45回ですからね。
 ぼくは、いつも6時からのBS放送を録画しておいて、
 8時から見るというのを習慣にしているのですが、
 今回は、サッカーが終わって落ち着いた深夜に、
 じっくり腰を据えて音声をヘッドホンにして続きを見る。
 そんな計画をしているのですが、これにしたって、
 サッカーでのコスタリカ戦がどうなるかで変わりますから。

 と、いかにもたいへんな日曜日のように語っていますが、
 株式会社「ほぼ日」のぼくらとしては、
 鎌倉殿もサッカーもはじまってない昼間にね、
 神田でライブの大きなイベントがあるわけです。
 そうです、株主総会と、株主ミーティングの日なんです。
 「ほぼ日」は、企業としてはとても小さな会社ですが、
 株主総会への参加人数では日本でも有数というか、
 400名以上の出席というのは珍しいケースらしいです。
 コロナ前のようにご家族でどうぞ、としていたら、
 もっと多くなっていたでしょうけど、400名はすごい。
 準備に大きなエネルギーも必要とする大イベントです。
 土曜と日曜の神田の街は、人通りも少なくて、
 開いているお店も少ないので、ちょっと残念なのですが、
 ご近所を「遊覧」してもらえるような企画も考えてます。

 ここらへんで「大相撲九州場所も千秋楽なんだけどなぁ」
 と、相撲ファンが言ってるかもしれないし、
 他にも、それぞれいろんな大事なことがある人たちは、
 「それどころじゃないよ」と思っていることでしょう。
 だけど、ぼくは、ぼく自身の11月27日しか迎えられない。
 一生のうちのたった一日だけど、なかなか大事な日です。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
かつて台本の「社長着席」を声に出して読んだ社長ですけん。


ここ1週間のほぼ日を見る コンテンツ一覧を見る
ほぼ日の學校
吉本隆明の183講演
ドコノコ
ほぼ日アプリ
生活のたのしみ展
TOBICHI東京
TOBICHI京都