おらがトマト

ファンが増え続けている
最高級のトマトジュースを今年も販売します。
つくり手は、北海道・余市に暮らす中野さんご一家です。
植物の生命力を最大限に引き出すといわれる
「永田農法」で育てたトマトは、
真っ赤でツヤがあり、小ぶりなのに
持つとずっしり重いのが特徴です。
平均糖度は9以上。
2018年は初夏に長雨が続くなど、
トマトにとって非常に厳しい天候だったのですが、
中野さんの真摯な努力により、
「おいしい!」と驚きをもって飲んでいただける、
あまくて濃厚なジュースに仕上がりました。
食塩無添加で、健康志向のかたにもおすすめです。
贈りものとしてだけでなく、
自分へのごほうびにもどうぞ。

小瓶
180ml 810
(税込・配送手数料別)

小瓶・お得な
6本まとめ買い

180ml×6本 4,536
(税込・配送手数料別)

大瓶
710ml 2,970
(税込・配送手数料別)

※賞味期限は、未開封の状態で製造日より約2年です。
こちらは2018年秋の製造で、賞味期限は2020年秋です。
※開封後は冷蔵庫に入れてお早めにお飲みください。
※この商品は国内のみの発送です。
※ほかの商品との「とりまとめ」もできます。

北海道余市の夕陽をあびて育った、
平均糖度9の、あまくて濃厚なトマトを
ジュースにしました。

中野さんのつくるトマトには、
葉や茎に細かい産毛が生えています。
これは、「永田農法」という、
水分を極限まで制限し、
植物本来の力を最大限に引き出した
栽培法を用いているからです。
産毛が生えているのも、
空気中のわずかな水分を吸い上げようと
トマトが生命力をふりしぼっている証拠なのだとか。
そんなふうに厳しく育てられたトマトは、
養分がたっぷりと備わっています。

特筆すべきは、濃厚なあまさ。
平均糖度は9を超えます。
そんな極上のトマトをそのまま、食塩も水も一切加えず、
トマト100%のフレッシュなジュースへと加工したのが
「おらがトマト」です。

2018年は中野さんにとって試練の一年でした。
6月末から7月頭にかけての
西日本豪雨で各地が甚大な被害を受けましたが、
その時期、遠く離れた北海道でも
例年にない長雨が続いたのだそうです。

「永田農法」は極限まで水を控えて育てる農法。
空気中の湿度すら管理する必要があります。
ビニールハウスに雨どいを設置するなど
対策は十分に行っていますが、
それでも防ぎようのないほどの雨が降り続き、
雨水は地面を通じて
トマトの根に染み渡っていったそうです。
その後、猛暑によって急激に高温になるなど、
トマトにとって過酷な状況が続きました。

その状況下でも、
おいしいトマトをつくるために中野さんは奮闘します。
与える水分を極限まで下げ、
海藻などのミネラルを葉の表面に与える
「葉面散布」の回数を増やしたり、
ビニールハウスのビニールを上げ下げして、
風通しをよくするなどの工夫をしたり、
日々、トマトと向き合ってきました。
その結果、平均糖度9以上のジュースが
今年も無事に完成したのです。

ひとくち飲むと、
さわやかな風味が口のなかに広がります。
手間ひまかけてつくったトマトジュースは、数量限定です。
どうぞこの機会におためしくださいね。

おいしい飲みかた

冷やしすぎると香りが飛びますので、
お召し上がりになる直前に
冷蔵庫で冷やしていただくのをおすすめします。
※開封後は必ず冷蔵庫に入れてください。

2019-01-11-FRI