HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

みんな大好き、スマートフォン。
あなたはどんな壁紙にしていますか?
スリープから復帰したときあらわれる「ロック画面」と、
ふつうに使っているときの背景「ホーム画面」。
スマホでは、この2画面の壁紙を設定できます。

イラストレーターの福田利之さんが、
スマホのホーム&ロック画面用に、毎月いちまい、
描きおろしの新作を届けてくれます。
月に一度、ホーム&ロックの壁紙を掛けかえましょう!
いっしょに届く、福田さんの近況報告もおたのしみに。

福田利之のプロフィール
イラストレーター。
1967年、大阪生まれ。
エディトリアル、装丁、広告、
ムーンライダーズやスピッツのCDジャケット、
絵本、テキスタイルなどなど、
さまざまなビジュアル表現を手がける。
「ほぼ日」では、読み物、商品問わず、
様々なコンテンツにご登場いただいています。

〈福田さんが登場するほぼ日コンテンツの一部〉
・「大福田展」@TOBICHI②
・「カッパとウサギのコーヒーさがし」
・「カッパとウサギのコーヒー屋さん」
・「ゴールデンコーヒーウィーク」@TOBICHI②
・「あなたのためのデザイン。」
・「福田のフォト絵」

〈著作物〉
・『いまからノート』(青幻舎)
・『福田利之といくフィンランド』 (玄光社)
・『福田利之作品集』(玄光社)
・『ぼくはうさぎ』(あかね書房)
・『ふたり』(ミルブックス)
・『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)
など多数。
title
急ぎのランチタイム
ホーム&ロック画像を
ダウンロードする

※スマホで画像を保存したら、
ホーム画面・ロック画面の壁紙に設定してください。
設定方法は機種によって異なります。
ご自分のスマホの設定方法を調べて設定してくださいね。

最近のこと24
文:福田利之

モスバーガーで妻と、急ぎの昼ご飯を食べていたとき、
近くの席で一人の男性が、うわずった大きな声で、
後輩とおぼしき相手に、就職面接の心得のような
アドバイスをしていました。
向かい合わせに座る自分たちのしゃべり声より
はるかに大きくとんがった声だったので、
モスチーズバーガーをむしゃむしゃ食べながらも、
どうしてもそちらの方に聞き耳が向いてしまいます。

受かる面接の極意として、
会社の役に立つにはどうしたらいいか積極的に聞く。
質問はないですかと聞かれた時、給料などの話はしない。
最後にくる質問は、正解を求められているのではなく、
瞬間に答えられる頭のスピードを求められている。
などなど‥‥ほとんど面接経験のない自分には
なるほどーとうなずくこともありつつ、
どこかで聞いたことがあるようなワードの連続。
自分の言葉に酔いしれながら、正論のシャワーを、
うぶな後輩に鼻息荒く浴びせかける、先輩無双劇場。
後輩以外のそこにいる全ての人が、
なんともいえない不快感を感じている
息苦しい空間に仕上がっていました。

吉本隆明さんの言葉で、
糸井さんがよくおっしゃっている、
「いいことをしていると思うときは
悪いことをしていると思うぐらいがちょうどいい」
という話を、こちらも鼻息荒くその先輩に
お知らせしたい気持ちでいっぱいになりましたが、
知らない人に小言を言う勇気などは
元々持ち合わせていないので、
腹にたまった淀んだ空気をかかえこみ、
青さゆえである、自分にも思い当たる節はある、許そうと、
ひとり納得し、鼻毛もそよそよとお店を出ました。

同席していた妻も、
同じような居心地の悪さを感じていたのは間違いないので、
外に出ると、その先輩への毒ガス話になるかと思いきゃ、
そんな人には何度も対峙したといわんばかりの
元会社員としての経験の深さからなのか、
どうでもいいことには頭を使いたくないからなのか、
特にそのことには触れず、そのかわり
「残りすくない人生の中で、今日のお昼にモスバーガーを
急いで食べたことに後悔はないか」と突然の質問。

投げられたボールは想像していたものと違っていたので
一瞬とまどいつつ‥‥
「後悔はない。急いで食べてもモスの味の記憶は
変わらず、納得がいくものだ」と適当に投げ返し、
それはなによりだということで話は終了。
気がつくとイライラした気持ちは消えていました。

残りすくない人生発言は置いときますが、
普段からモスバーガーのオニポテセットのオニが
オニオンのオニであるというのを知っているか、
そんなん知っとるわ、みたいな
やる気のないキャッチボールが
9割以上の我が家は、なかなかいいと思う。

無駄にイライラする時間の中を
過ごすことこそ後悔ですよ。

2019-03-25-MON

福田利之のおしらせ

福田利之✕エリック・カール
コラボTシャツが「グラニフ」から!

『はらぺこあおむし』で有名な世界的な絵本作家、
エリック・カールと福田さんがコラボレーション!
上のイラストをよーくご覧ください‥‥。
いるでしょう? はらぺこあおむしが。
福田さんの絵の世界に、かわいくとけこんでいます。
この柄がプリントされたTシャツが、
「Design Tshirts Store graniph」発売されました。
どうぞ早めに、ご購入を!
こちらからお買い求めいただけます。

絵本『ねずみのシーモア』もぜひ!

福田さんの最新絵本は、人形劇から生まれた物語です。

シーモアは、喫茶店に住んでいる小さなねずみの男の子。
ある日の夜、本の世界に飛び込んだシーモアは‥‥。
福田さんの絵をたっぷりと鑑賞できる一冊です。

Amazonでの購入はこちらからどうぞ

いままでのホーム&ロック