HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

みんな大好き、スマートフォン。
あなたはどんな壁紙にしていますか?
スリープから復帰したときあらわれる「ロック画面」と、
ふつうに使っているときの背景「ホーム画面」。
スマホでは、この2画面の壁紙を設定できます。

イラストレーターの福田利之さんが、
スマホのホーム&ロック画面用に、毎月いちまい、
描きおろしの新作を届けてくれます。
月に一度、ホーム&ロックの壁紙を掛けかえましょう!
いっしょに届く、福田さんの近況報告もおたのしみに。

福田利之のプロフィール
イラストレーター。
1967年、大阪生まれ。
エディトリアル、装丁、広告、
ムーンライダーズやスピッツのCDジャケット、
絵本、テキスタイルなどなど、
さまざまなビジュアル表現を手がける。
「ほぼ日」では、読み物、商品問わず、
様々なコンテンツにご登場いただいています。

〈福田さんが登場するほぼ日コンテンツの一部〉
・「大福田展」@TOBICHI②
・「カッパとウサギのコーヒーさがし」
・「カッパとウサギのコーヒー屋さん」
・「ゴールデンコーヒーウィーク」@TOBICHI②
・「あなたのためのデザイン。」
・「福田のフォト絵」

〈著作物〉
・『いまからノート』(青幻舎)
・『福田利之といくフィンランド』 (玄光社)
・『福田利之作品集』(玄光社)
・『ぼくはうさぎ』(あかね書房)
・『ふたり』(ミルブックス)
・『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)
など多数。
title
喫茶地蔵
ホーム&ロック画像を
ダウンロードする

※スマホで画像を保存したら、
ホーム画面・ロック画面の壁紙に設定してください。
設定方法は機種によって異なります。
ご自分のスマホの設定方法を調べて設定してくださいね。

最近のこと36
文:福田利之

やりたいことがパッと浮かぶと
それがどうすれば実現できるかを
あーでもない、こーでもないと数日考えて
気がつくと普段の仕事の波に巻き込まれて
やりたかったことは海のもくずへと消えていく、
そんなふうにしてほとんどのアイデアは
浮かんでは消えていくものですが、
ときどき熱量がスパークして
考えるより先に動き出してしまうことがあります。

そういうときは当然進めながら考えながらの
不安な作業になるため一人ではできないことも多く、
壁にもたびたびぶち当たるのですが
熱量がやたら高い、いわゆるハイ状態だと
困難や苦労すらなんだか楽しくて、
手伝ってくれる人との関係も良好で(多分)
仕事が終わるのが寂しいと思えるほどです。

最近ではKIRINJIの堀込高樹さんと作った
「あの人が歌うのをきいたことがない」
という絵本があります。
自分の熱量=売れるもの、
ということではないけれど、
自信を持って世に残せるいいものができたと思っています。
予定外で堀込さんが絵本のために作ってくださった楽曲が
また素晴らしくて、そこは自分が考えていた
完成形の想像も超えていき、すごく良い経験だったなー。
これがあるからイラストレーターはやめられない、です。

さて、次に何をやりたいか、
目標があるとそれだけで普段の生活も楽しくなるので
つねにモチベーションは探しています。
ひとつ昔から公言していることでは、
喫茶店を開く、というのがあります。
本気でシミュレーションしてみると、
イラストレーターもやりながら
片手間に自分なんかができるほど、
簡単なことではないのはすぐにわかります。
でもなにか可能性は感じていて、
ずっと捨てきれない夢のひとつで、
種火はずっと灯っています。

自分の人生振り返ってみると
喫茶店にはずいぶん世話になっています。
この原稿だって喫茶店で書いているもんね。

最近引っ越した徳島の最寄りの駅が
「地蔵橋」という無人駅で、
駅に「喫茶地蔵」というのを作ろうと考えたときは、
ほんの少し種火が大きくなりました。
ネーミングって大事。
あと無人駅の活用って絶対いいと思うんだけど、
JR四国さんどうですかー(聞こえそうで聞こえない声)。

小さな喫茶店が街を変え、人まで育てている
黒磯のSHOZOさんのような在り方とかとても憧れます。
名前が地蔵(JIZO)なのはたまたまですが
勝手に縁を感じて動機にしよう。そうしよう。

小さな箱であっても、定期的に県外からも講師を招いて、
ワークショップや、小さなライブなど、
イベントも定期的に開催して、
年齢こだわらず、かっこつけず、気楽だけど上品な(大事)
学びの場みたいな箱としても使いたいなー。

閉塞感がただようご時世なので、ほどよい熱量で
自分なりの少し先の楽しい未来につい書いてみましたよ。

2020-03-25-WED

福田利之のおしらせ

KIRINJIの堀込高樹さんと福田利之さんによる、
「聴こえる」絵本、
『あの人が歌うのをきいたことがない』
(888ブックス刊)が4月に出版決定!

3月29日まで開かれる
福田さんの原画展会場で先行販売されています。
先行販売の絵本は、
堀込高樹さんがこの絵本をもとにしてつくった
楽曲のCDがついている、特別版なのだそう。
(絵本のみの通常版は4月1日発売)

KIRINJIのサイトはこちら。
福田さんの原画展が開かれる
パールブックショップ&ギャラリーについては、
こちらをご覧ください。

堀込さんの曲を聴きながら絵本を読むって、
どんな感覚なんでしょう‥‥。
体験してみたいですよね。
この機会にぜひ、特別版を!

いままでのホーム&ロック