HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

みんな大好き、スマートフォン。
あなたはどんな壁紙にしていますか?
スリープから復帰したときあらわれる「ロック画面」と、
ふつうに使っているときの背景「ホーム画面」。
スマホでは、この2画面の壁紙を設定できます。

イラストレーターの福田利之さんが、
スマホのホーム&ロック画面用に、毎月いちまい、
描きおろしの新作を届けてくれます。
月に一度、ホーム&ロックの壁紙を掛けかえましょう!
いっしょに届く、福田さんの近況報告もおたのしみに。

福田利之のプロフィール
イラストレーター。
1967年、大阪生まれ。
エディトリアル、装丁、広告、
ムーンライダーズやスピッツのCDジャケット、
絵本、テキスタイルなどなど、
さまざまなビジュアル表現を手がける。
「ほぼ日」では、読み物、商品問わず、
様々なコンテンツにご登場いただいています。

〈福田さんが登場するほぼ日コンテンツの一部〉
・「大福田展」@TOBICHI②
・「カッパとウサギのコーヒーさがし」
・「カッパとウサギのコーヒー屋さん」
・「ゴールデンコーヒーウィーク」@TOBICHI②
・「あなたのためのデザイン。」
・「福田のフォト絵」

〈著作物〉
・『いまからノート』(青幻舎)
・『福田利之といくフィンランド』 (玄光社)
・『福田利之作品集』(玄光社)
・『ぼくはうさぎ』(あかね書房)
・『ふたり』(ミルブックス)
・『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)
など多数。
title
さとしの時代
ホーム&ロック画像を
ダウンロードする

※スマホで画像を保存したら、
ホーム画面・ロック画面の壁紙に設定してください。
設定方法は機種によって異なります。
ご自分のスマホの設定方法を調べて設定してくださいね。

最近のこと48
文:福田利之

仕事中、描いたり塗ったりをひたすら繰り返すとき、
だいたいは好きな音楽やラジオがBGMですが
最近はYouTubeを聞く? 見る?
ながらの作業も少なくありません。
内容が面白すぎると、
つい作業を置いて見てしまうので要注意ですが
画面の左上にYouTubeを置いて
仕事している人は多いのではないでしょうか。

自分がつい見てしまうのは、朝倉兄弟からの格闘技系、
きまぐれクックさんなどの料理系、スーツさんの鉄道系、
最近は週1回アップされる、ピエール瀧さんの番組が
地元徳島レコメンドシーズンなので見逃せません。
閉じこもりがちの毎日で世間知らずが進む中、
有識者といわれる方々の忖度のない時事放談も
世の中の動きについていくのに役立っていますが
言いたい放題、かなり偏った情報も多いので、
情報整理能力もだいぶ身につきました。
自分の絵が、ゴリゴリの格闘技系や、
魚を捌いたり、政治の話なんかを聞きながら
描いているとは誰も思うまい‥‥。

視聴メディアの選択肢がまたひとつ増え
前向きに、自分もなにかできないかなーとか、
一応は考えてもみたりはしています。
でも2、3年後にはまた、
いろんなことがすっかり変わっているんだろうなー。
最近盛り上がったClubhouseも
いまだに理解できていないままで
すべてが遅れ気味、後追いのマイペースです。
どこかのタイミングで
世の中の進む速さに見切りをつけ、マイノリティに
小さく活動するのもいいかなと思ったけど、
元々そうじゃん‥‥。
いらぬ心配とはこのことでした。

YouTubeって完璧に出来上がった特別なものよりも
どこか普遍性があって、共感できて、
短時間に完結して、周りくどくなくて
すこし刺激があるものが求められているようで、
自分が今までこうあるべきと考えていた
ものづくりに対する考え方とはだいぶ違いますが、
トップユーチューバーのようなことが、
イージーにだれでもできるはずもなく、
つい見てしまう動画を途切れなく作れる人たちの
才能というのはすごいものです。
自分の近しい人の中では、
ほぼ日のかっぱとウサギの山下哲(さとし)さんが、
最も適していると思っています。
お忙しいから今はそんな時間ないでしょうが、
これからは山下さんの時代です。
時は来たね。

2021-03-25-THU

福田利之のおしらせ

青山のブルーノート東京で、
『あの人が歌うのをきいたことがない』の
楽曲を中心とした
堀込高樹さんのライブが開かれます。
(5/3・5/4)

KIRINJI堀込高樹さんが文章を、
福田さんが絵を手掛けた絵本、
『あの人が歌うのをきいたことがない』(888ブックス)
についてのおしらせは、
ここでも何度かお伝えしてきました。

この度、
『あの人が歌うのをきいたことがない』の
楽曲を中心とした
堀込高樹さんのライブが、
青山のブルーノート東京で開かれます。

絵本に合わせたこの楽曲が
ライブで演奏されるのはこれがはじめてなのだそうです。
KIRINJIファンの方も、福田ファンのあなたも、
この機会をお見逃しなく。

くわしくはこちら、
ブルーノート東京のご案内をお読みください。

気仙沼アンカーコーヒーの
新パッケージをつくりました。

福田さんはこれまでに、
気仙沼「アンカーコーヒー」
ブレンド豆の袋のイラストをたくさん描いてきました。
新しいデザインは、
コーヒー豆などを包むパッケージのイラストです。

気仙沼の海と山をイメージして、
たくさんの動物や植物のイラストがちりばめられています。
どこから見てもかわいいデザイン。さすがです。

アンカーコーヒーのオンラインショップ
お買い求めください。

いままでのホーム&ロック