HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

みんな大好き、スマートフォン。
あなたはどんな壁紙にしていますか?
スリープから復帰したときあらわれる「ロック画面」と、
ふつうに使っているときの背景「ホーム画面」。
スマホでは、この2画面の壁紙を設定できます。

イラストレーターの福田利之さんが、
スマホのホーム&ロック画面用に、毎月いちまい、
描きおろしの新作を届けてくれます。
月に一度、ホーム&ロックの壁紙を掛けかえましょう!
いっしょに届く、福田さんの近況報告もおたのしみに。

福田利之のプロフィール
イラストレーター。
1967年、大阪生まれ。
エディトリアル、装丁、広告、
ムーンライダーズやスピッツのCDジャケット、
絵本、テキスタイルなどなど、
さまざまなビジュアル表現を手がける。
「ほぼ日」では、読み物、商品問わず、
様々なコンテンツにご登場いただいています。

〈福田さんが登場するほぼ日コンテンツの一部〉
・「大福田展」@TOBICHI②
・「カッパとウサギのコーヒーさがし」
・「カッパとウサギのコーヒー屋さん」
・「ゴールデンコーヒーウィーク」@TOBICHI②
・「あなたのためのデザイン。」
・「福田のフォト絵」

〈著作物〉
・『いまからノート』(青幻舎)
・『福田利之といくフィンランド』 (玄光社)
・『福田利之作品集』(玄光社)
・『ぼくはうさぎ』(あかね書房)
・『ふたり』(ミルブックス)
・『福田のフォト絵』(ヴィレッジブックス)
など多数。
title
ねずみのシーモア
ホーム&ロック画像を
ダウンロードする

※スマホで画像を保存したら、
ホーム画面・ロック画面の壁紙に設定してください。
設定方法は機種によって異なります。
ご自分のスマホの設定方法を調べて設定してくださいね。

最近のこと23
文:福田利之

久しぶりに絵本が出るので、告知がらみのお話です。
ごめんなさい。
明治通り沿い、原宿と渋谷の真ん中あたりにある
雑居ビル地下1階にsee more glassという
絵本がたくさん読める、小さな喫茶店があります。

オーナーの坂本織衣さんがひとりで切り盛り。
一般のお客さんに混ざって、
彼女を慕って会いに来る作家さん、編集さん、
デザイナーさんなどが、
お茶や食事をしていることもしばしば。
賑やかな街の真ん中で、
絵本を読みながら静かに過ごせる
ちょっと特別な場所です。

4年前、そこで人形劇をするイベントがあり、
操演師の山田はるかさんに声をかけてもらい、
登場するキャラクターを描かせてもらうことがありました。
その後、劇を元に絵本を作ろうという企画がもちあがり、
3年ほど月日が流れ、ようやく今月末、
「ねずみのシーモア」(あかね書房)という絵本が
発売されます。
本がたくさんある喫茶店に住む、
チーズケーキが大好きな、シーモアというネズミが、
本の中に住むエニモというネズミに導かれ、
成長していくストーリーで、
人形劇のシナリオを担当された映像ディレクター・
池田朗子さんのお話が元になっています。

自分の勝手な解釈ですが、
エニモにあたる人物はオーナーの織衣さん、
お店を訪れる人たちがシーモアに思えてきます。
特に、織衣さんを慕いお店に20年近く通われた
操演師の山田はるかさんは、まさにシーモアそのもの。
彼女は今や押しも押されぬ人気人形操演師として、
各方面で大活躍されています。

シーモアグラスにまだ行かれたことのない人は
この機会にぜひどうぞ。
周りのお店がほとんど撤退した雑居ビルの地下1階で、
小さな奇跡を感じることができると思います。
と、あんまり持ち上げすぎるのも、
オリエニモに怒られそうなのでこれぐらいで‥‥。

3月10日には読み聞かせライブと、
山田はるかさんと福田の、トークイベントもありますよー。
シーモアくんも多分やって来ると思います。
その後も全国いろいろまわる予定ですので、
シーモアくんに会いに、ぜひいらしてください。

2019-02-25-MON

福田利之のおしらせ

福田さんが控えめに宣伝している、
絵本『ねずみのシーモア』の表紙はこちらです

出版元、「あかね書房」さんの方式サイトで、
『ねずみのシーモア』をご購入いただけます。

全国をまわるイベントの予定

SEE MORE GLASS(東京)
2月26日~3月12日
3月10日イベント(要予約)
詳細はこちら。

本の轍(愛媛)
3月21日~4月6日
3月30日イベント(要予約)
Facebookはこちら。

丸善&ジュンク堂書店梅田店(大阪)
4月12日~4月25日
ウェブサイトはこちら。

Niiiwa(北海道)
7月5日~7月20日
7月6日イベント(調整中)
ウェブサイトはこちら。

いままでのホーム&ロック