「着る布」から
「使う布」へ。
MITTANの “home”コレクション

2022年夏のMITTANは、
はじめてのこころみとなる
“home”のラインナップを紹介します。
もともと、余り布を使って
展示会用のアイテムをつくっていたのですけれど、
今シーズンはそれを拡大して、
MITTANの考える「使う布」を特集します。
アイテムは3カテゴリー、7つの色とかたち。
大きな布はブランケットに、
小さな布はハンカチにぴったり。
でも、使い方は自由なんですよ!

MITTANは、京都に拠点を置くブランド。
主宰でデザイナーの三谷さんを中心に、
世界のあちこちに遺っている衣服や生地を、
歴史から研究して、現代に反映させた、
「あたらしい民族服」をつくっています。

民族服、といっても、
過剰にエキゾチックな印象はありません。
ゆったりと軽い着心地でありながら、
自然にからだにそって、
男女共に似合う、かっこいい服です。

MITTANの服生地は、
日本各地のほかインド、ラオス、中国など、
アジア圏でつくられた布を使っています。
縫製にもちいる糸は綿や絹、
ボタンなどは貝、真鍮といった天然素材が主。
糸、布、染め、縫製のすべてに気を配り、
腕のよい職人さんが日本国内で縫いあげています。

■MITTANの公式サイト
https://mittan.asia/

LINEUP

0123456789,在庫なし〜営業日出荷時期:以内残円完売しましたカートにいれる(税込・配送手数料別)0123456789,在庫なし〜営業日出荷時期:以内残円完売しましたカートにいれる(税込・配送手数料別)