BARBA

スキッパーシャツ

¥35,640(税込・配送手数料別)

バルバは、1964年、
アントニオとヴィットリオのバルバ兄弟が立ち上げた、
イタリア・ナポリのシャツメーカー。
創業当初はメンズシャツとパジャマをオーダーメイドで、
ごく限られた顧客にむけてつくっていたそう。
細番手の糸を使った、着心地のよいパターンで
知られることとなりました。
アントニオの息子のラファエルとマリオの代になり、
世界一のハンドメイドシャツ」を目指し、拡大。
伝統的なナポリスタイルに、
そのときどきのトレンドを組み込んだスタイルを確立、
上等な生地を使い、からだの動きにそった立体パターン、
手縫製ゆえのうつくしさで、
世界的なブランドに成長をしています。

レディスラインができたのは、2000年に入ってから。
イタリアでのデビュー当時、
30~40代の働いている女性を中心に支持されました。
その後、トレンドもある中で、
少し大きめのシルエットとボリュームが、
シャツやワンピースに落とし込まれていって、
カジュアルシーンでも幅広く使える服が増えました。
いまでは年齢もシーンも幅広く支持されています。

今回のスキッパーシャツは、デビューして4年目になる、
バルバのカジュアルラインの定番のひとつ。
台襟がなく、通常第一ボタンの場所に
ボタンがないので、胸元がうつくしく開き、
デコルテをきれいに見せてくれます。
後ろ裾が長め(なんと20センチ差!)で、
全体がとても建築的、立体的。
イタリアのひとってこういう造形がほんとうにじょうずで
芸術家の最高峰は彫刻家という国だけある)、
今回のシャツのラインナップのなかでも
独特な輝きを放っている気がします。

ボタン、袖付けがハンドワークです。
ハンドとミシン、どう違うのかと言われると、
たいへん説明に困るのですが、
これは「着てくらべると、ぜんぜんちがう」
としか言いようがない。
とくに袖付け、肩周りは、
動きのある部分だけに、手縫いにすることで、
身体にそってやさしくのびるように動くので、
着ていてとてもラクなんです。

そして身幅はたっぷり、
ドロップショルダーで、
バックスタイルは、首もとからタックがたっぷり入って、
そのドレープがとてもきれい!
貝ボタンには「BARBA」「NAPOLI」の
うんとちいさな文字が入っています。
袖はボタンがひとつ、
メンズシャツの流れで、剣ボロがついています。
襟は芯がないのでやわらかく、袖は七分
小柄なかたは、八~九分くらいになります)。
全体のシルエットは、ボトムスをえらびません。

素材は細番手のコットンポプリン。
密度が高く、光沢のある、
ミラノ製の生地です。

あたたかい季節はキャミソールを下に、
寒くなってきたらタートルのカットソーもおすすめ。
つまり、春夏ものといっても、
季節をとわず着られます。

■素材

綿100%

■洗濯方法について

  • ・石油系溶剤でのドライクリーニングができます。
  • ・ウェットクリーニングはできません。
  • ・漂白剤は使用できません。
  • ・アイロンは110℃までで、スチームなしで使用してください。
  • ・タンブラー乾燥機の使用はお控えください。

■販売時期・販売方法

2019年4月24日(水)

午前11時より数量限定販売

※なくなり次第、販売を終了いたします。

■出荷時期

1〜3営業日以内出荷

■着用リスト

モデル:Sakura Maya Michiki(身長167cm)

スキッパーシャツ(40)

その他スタイリスト私物