古典を学ぶ場「ほぼ日の学校」の学校長の河野通和は、
もともとは編集者、そして大の本好き。
あらゆるジャンルの本を読み尽くしてきました。
その、学校長がコツコツ口説いてきた本屋さん、
この場限りでオープンする本屋さんなど
「おもしろい本屋さん」8店舗が、
2月22日〜24日の3日間だけこの場にあつまります。
しかも、日替わりママの「バー・X」も開店。

このイベントの詳細と、
「おもしろい本屋さん」の1軒ずつを、
これまた本屋好きの作家の
浅生鴨さんとご紹介していきます。
紹介の順番は取材の順番です。

前へ目次ページへ次へ

no.6 双子のライオン堂


攻めの選書で乗り込む。

渋谷のNHK出版さんの後は、
ひと休みをして、今度は赤坂へ移動です。
ちょっとくたびれてきたところで、
カメラマン・フジーがこういいました。
「鴨さん、モギさん、
お疲れのようですから、
もう、赤坂までブブりましょう。」
一瞬何をいわれたかわからなかったのが
不覚だったのですが、一拍おいて理解をし、
夜の赤坂までタクシーを飛ばしました。
(ブーブーで行く=タクシーで行く)

ついたそこでは、
「本」の文字のライトが私達を迎えてくれます。
がんばれ、NIWAKAカメラマンのフジー。
夜にライトがついてるところでは、
うまいこと写真が撮れないぞ。

たくさんシャッターを切り、やっと撮れた1枚。たくさんシャッターを切り、やっと撮れた1枚。

こちらは、鴨さんがよく通っているという
「選書」専門の本屋さん。

入口のドアノブ。入口のドアノブ。

わ。ドアノブがライオンだ!
ディテールがすばらしい!

ところせましといい本が並ぶ店内。ところせましといい本が並ぶ店内。

わ。いい! いい雰囲気だ。
長居していいでしょうか‥‥。
早速、本の物色をはじめそうになる3人を
にこにこしながら見ているのは、
店主の竹田信弥さん。

店主の竹田さん。店主の竹田さん。

本は後にしましょう。みなさん!
先にお話をお伺いしましょう。
竹田
いいですよ。いいですよ。
先でも後でも、僕は大丈夫ですから。
いやいや。
全部の棚を一通りみなくてはならないので
おまたせしてしまいますから。
このたびは、イベントにご参加いただきまして
ありがとうございます。
竹田
いえいえ。こちらこそ、たのしみにしています。
鴨さんが、「ほぼ日の学校」の河野さんにうちの店のことを
紹介してくださったんですよね。
そうです。だって、いい本屋さんなんだもん。
僕は、竹田くんとは随分前から知っていて、
赤坂にお店が移る前の白山の頃からお店に来ています。
ちょっと竹田くんのことを最初からきいてもいいでしょうか?
竹田
はい。もちろんです。
最初の頃というと結構前にさかのぼります。
僕が、本屋さんを始めたのは高校生の頃なんです。
本屋さんに関する本を何冊か読んで、
のめり込んでしまって。
その本を参考にしながら、
インターネットだけの書店をオープンしました。
2003年のことです。

その若さで、かれこれ書店主歴17年。
竹田
(笑)
そのあと、大学生になってからも社会人になってからも
ほそぼそと続けていたんですが、
2013年に東京の白山の知り合いの会社のガレージで、
とうとうリアルなお店をオープンしました。
そして、赤坂に引っ越してきた、と。
白山の頃と、赤坂となにか変化がありましたか?
竹田
前は、白山という場所でどの繁華街からも遠かったので
お店のことを知ってわざわざ来てくださる
という方が多かったんですが、
今は、近所の会社の方が昼休みや仕事終わりに
ふらっと立ち寄ってくれるという感じが多くなってきました。
町の本屋さん化してきたんでしょうかね。
ここは、他の本屋さんにないこととして、
色んな人に依頼をして
「選書」をしてもらっているんですよね。
竹田
そうなんです。
もちろん僕が選んで置いている本もあるんですが、
選書者ごとの本棚もあります。
僕らが、このあとに訪問する、
出版社のミシマ社の三島邦弘さんの棚もありますよね。

三島さんの棚。三島さんの棚。

竹田
ごらんになりましたか?
くわしくは、お店のサイトをチェックしてもらうのが
いいと思うんですが。
そうですね。たくさんいらっしゃる‥‥。
PARCOに持ってきていただく本は、
竹田くんが選書されるとおもうんですが、
どんなことを考えていらっしゃるんですか?
竹田
んーーー。
いま、本屋さんが集まるようなイベントって
増えてきているんです。
それ以外にも、地方で開催されている、
キャンプのイベントで本屋さんが出店するような
こともあります。
結構、呼んでいただくことも多くなってきたんですが、
ぼく、いままで惨敗なんですよ‥‥。
惨敗て! わはははは。まじですか?
竹田
わはははは。
選書が尖りすぎているんですかね。
僕、イベントに持っていく本を
けっこうがんばって集めて持っていくんですけど、
どうも、そのイベントで売れる本ではないものを
持っていっちゃうんですよ。
もう、それは自覚をしてるんですけど。
そのことが、PARCOにくるお客さんと、
どう反応するかなというのが
気がかりです。
歴戦惨敗の男が、どう雪辱をはたすのか‥‥。

竹田
友達の本屋さんで「H.A.B」の松井さんと
けっこう一緒にイベントに出ることが多いんですが、
彼のほうは、おさえていて、
めちゃくちゃ売れるんですよ!
もう、手伝ってもらったら?
竹田
わははははは。そうですよね。
なんかね、うちはこの店の雰囲気込みで
本を売っているようなところがあるから、
よそにいくと借りてきた猫みたいになっちゃって。
売れなくて、いじけて、
ずっと川を見てるみたいなことも。
がははははは。
ちなみに、たとえば、
どんな本を持っていっちゃうんですか?
竹田
うーん。世の中に入門書ってあるじゃないですか。
ものすごい数あるんですよ。
その中から、2~300冊持っていったことがあるんですよ。
業界の人はおもしろいっていってくれたけど、
だれも買わず。
結局10冊くらいしか売れなかったですね(遠い目)。

それは‥‥‥。
竹田
あとはですね。
僕なんか勝手に、普段買わないような本は
お祭り的な雰囲気のときには買ってくれるって
信じてたところがあって。
めっちゃ分厚い本をいっぱい持っていったこともあります。
わはははははは。
やめてやめてー。
竹田
普通の百科事典じゃなくて、
あるジャンルに特化したおもしろ系の
百科事典ってあるんですよ。
フジー
イベントに行って重い本は買わない‥‥ですよね。
竹田
そうですよねー。
僕は、旅行とか行っても、
ここでこの本買って帰ったら、
お店の人よろこぶだろうなとか考えちゃって、
テンションがおかしくなって
重い本でも買っちゃったりするんですよ!
だから!
いいなあ~。わはははは。
今回、惨敗記録は止まるのか!
竹田
半分くらいは、松井さんにちょっと習って選んで。
でも、半分は負けじと行きます。
おれの勝負はこれだ、と。
ぜひ、それは期待しています(笑)。
あと、僕からの提案というか
お願いも聞いてもらえますか?
竹田
なんでしょう?
竹田さん、本棚の写真を送ると、
その本棚を分析して、
毎月、選んだ本を送ってきてくれるサービスを
やっていますよね?

竹田
はいはいはい。『本棚からの便り』ですか?
そうそう。それ。
これの簡易版をPARCOでやるのはどうでしょうか?
自分の家の本棚の写真をとってきてくれたら、
PARCOの手持ちの在庫のなかから
ぴったりの1冊を選んでくれるという。
竹田
いいですね。やりましょう。やってみましょう!
では、このページをお読みのみなさん、
とりあえず、遊びに来る前には、
家の本棚の写真をスマホで撮影してきてください。
「双子のライオン堂」でのたのしみが増えますよ!
竹田くん、今日はありがとうございます!
竹田
ありがとうございました!

そして、鴨さんは再び、同人誌を納品し、
そして、近刊の『だから僕は、ググらない。』に
バリバリバリっとサインをして、
そして、またどっさり本を購入して帰りました。

丁寧にサインをする、われらが鴨さん。丁寧にサインをする、われらが鴨さん。

この日の取材はここで終了!

別の日にあらためて、
ミシマ社にお伺いしました。

(つづく。次回は「ミシマ社」さんへガオー(GO、です。ひきつづき))

2020-02-10-MON

前へ目次ページへ次へ