古典を学ぶ場「ほぼ日の学校」の学校長の河野通和は、
もともとは編集者、そして大の本好き。
あらゆるジャンルの本を読み尽くしてきました。
その、学校長がコツコツ口説いてきた本屋さん、
この場限りでオープンする本屋さんなど
「おもしろい本屋さん」8店舗が、
2月22日〜24日の3日間だけこの場にあつまります。
しかも、日替わりママの「バー・X」も開店。

このイベントの詳細と、
「おもしろい本屋さん」の1軒ずつを、
これまた本屋好きの作家の
浅生鴨さんとご紹介していきます。
紹介の順番は取材の順番です。

前へ目次ページへ次へ

no.5『100分de名著&学びのきほん』(NHK出版)


既刊も新刊も新シリーズも。

護国寺駅の光文社「古典新訳文庫」の取材のあとは
渋谷に移動をします。
渋谷駅からイベントの会場「ほぼ日曜日」が入る
「渋谷PARCO」を通り過ぎまして、
もうすこし、代々木公園のほうに歩いていくと、
NHK出版さんのビルがあります。
取材が終了したら、
「ほぼ日曜日」にも下見にいきましょう。

浅生鴨さんは、NHKの職員だったことがありますので、
NHK出版のビルも、勝手知ったる感が溢れ出ています。
「ビルの下には、飲食店もはいっています。」
鴨さん、そういえばお腹が減りましたね。

まずは受付に。まずは受付に。

このメタルメタルしい看板は、
カメラマン・フジーが映り込みがちです。
なかなか撮影が難しく、
鴨さんがどんどんと看板に近づくことになりました。

さっそく、上に上がりましょう。
今回、お話をしてくださったのは、
NHK出版の「編集局 教育・趣味編集部」の
白川貴浩さん。

今日は、お時間ありがとうございます。
白川
こちらこそありがとうございます。
こちらから一方的にですが、存じ上げております。
著書も拝読しました。
ありがとうございます!
いや、いや、いや、なんだか恐縮です。
僕も働いていたときには、
NHK出版さんに顔見知りがたくさんいたのですが、
退職してから数年が経ってしまったので、
みんなどうしていますかね?
でも、建物もこちらの部屋もなつかしいですね。

まずは、挨拶をするふたり。まずは、挨拶をするふたり。

白川
そうですよね(笑)。
すみません、こんな端っこで‥‥。
ぜんぜんぜんぜん。お気になさらず!
今回は、ご参加くださってありがとうございます。
「ほぼ日の学校」は古典を学ぶ場ですし、
『100分de名著』と共通項目もたくさんあるなとおもって、
ぜひに!と、お店をだしていただいたんだと、
「ほぼ日の学校チーム」から聞きました。
白川
はい。おさそいいただきましてありがとうございます。
今回は、『100分de名著』と『学びのきほん』のシリーズを
お持ちしようと思っているんです。
僕が、NHKさんのことを知りすぎているので、
話がすっすっと進んでいってしまいますね。
まずは、『100分de名著』ってなんだ?
というところから、教えていただいていいですか?

白川さん。白川さん。

白川
そうですね。最初からいきましょう。
『100分de名著』は、
毎週月曜日の10時25分から放送している、
Eテレの番組です。
案内役はタレントの伊集院光さん。
ゲストに登場していただいて、
1冊の名著を100分で読み解いていくというものです。
僕らは、この番組のテキストを作っています。
特集番組の時代をふくめて、
随分長く放送している番組ですよね。
白川
はい。
2011年4月から始まった番組ですから、
もう9年近くになります。
とりあげられた著作も、解説された方々も
錚々(そうそう)たるメンバーですよね。
白川
はい。なので、テキストブックの方も
かなりの冊数になっていますし、
内容もずいぶんと充実しています。
ですよね。
いきなり、名著にぶつかっていくという読み方もありますけど、
解説があってから、本を実際に読むというのも方法だからなー。
白川
そうですよね。テキストのほうもご好評をいただいています。
一方で、テキストは次の号がでてしまうと、
後から欲しいとおもっても、
なかなか入手が難しいという声もあります。

まれに、アーカイブもおいてある書店さんもありますが。
白川
とはいえ、数は少ないですよね。
本棚のスペースには限りがありますし。
なので、今回はあらんかぎりのアーカイブを探し出して、
持っていけるものはすべて持っていくつもりです。
それはいいですね!
びっくりするくらい昔のもあったりして。
ちょっとたのしみですね。それ。
そのテキスト片手に、
会場内の「光文社古典新訳文庫」のお店に行って、
「入門書」と「本編」がそろっちゃったりして。
僕たち、さっき取材にいってきました。
白川
いいですね。運良く両方揃って、買って帰れたら最高です。
そしてさらに、『100分de名著』シリーズには別冊がありまして。
『読書の学校』というシリーズがあります。

こちらは?
白川
実際に、養老孟司さん、齋藤孝さん、池上彰さんなどに
実際に学校に授業をしにいっていただいて
それを1冊の本にまとめたシリーズなんですが、
この最新巻の発売日が2月25日なんです。
ということは?
白川
今回のイベントで、
先行発売をさせていただこうと思います。
能楽師の安田登さんが、
開成高校で特別講義をしてくださった『史記』です。
高校生のみなさんに、
「未来を読むために過去を参照する」ということで
取り上げたのが『史記』なんです。
正式に活字にしますと。
別冊NHK100分de名著 
読書の学校 
安田登 特別授業『史記』
となります。
刊行を記念して、
PARCOでもイベントを開催させていただこうと、
いま調整をしているところです。
わ、すごい。
これ、イベント自体は無料ですよね?
フジー
はい、会場への入場もふくめて、
イベントをご覧いただくのは
すべて無料です。
白川
まだあるんですが、いいですか?
すみません、長くなってしまって。
3つ目が『学びのきほん』シリーズです。
こっちは、連動している番組はありませんが、
「学ぶこと」についての
新しいシリーズなんですけれど。
これは最近はじまったシリーズですよね。
くわしく存じ上げずにすみません。
白川
いえいえ。
こちらは、去年はじめたもので、
まだ、6タイトルしかでていません。
『100分de名著』の番組をみたり、テキストを読んで、
もうちょっと深くなにかを知りたいな、
となった方向けのシリーズとして作りました。
装丁がかわいいし、お値段も手頃でいいですね。

白川
はい、意図的にそうしました。
文章も1つの小見出しを3000字くらいにおさめています。
というのも、3000字ってスマホで読むニュースの
2本分くらいなんです。
本をよまない方でも、スマホでニュースを読むのだとしたら、
文字を追うのは必ずしも嫌いなわけではないと思うんです。
そういう方たちにも、読みやすい形にしたいと考えたんですよ。
さくっと読むことができる長さですね。
白川
そう思っています。
流れていってしまう「情報」ではなくて、
「知識」を得るために本を読むということに
戻ってきてほしいという気持ちもあります。
あ、ここにも安田登さんが!
白川
そうなんですよ。こちらでも書いていただきました。
こちらの6冊に関しては、トートバッグかなにかにいれて、
中身が見えないようにしておいて、
お客さんと相談ベースで僕がおすすめをしようかな、
なんて考えているんですよ。
最近、こんなことがあって、とか、
こんな事考えてるんですよ、ということから、
ジャストなものを選んでくれる書店。

白川
はい。
ある意味「おしつけ」なんですけど‥‥。
いいですね。
「自分で選ぶ」って自由ですけれども、
逆に選択肢が無限で、面倒くさくなってしまうこともあるから
それくらい強いおすすめがあるとかえって楽かもしれないです。
白川
そうだといいんですけれども‥‥。
ちょっとやってみようかと‥‥。
当日、どんな形であれ、
どれもたのしみにしています!
今日はありがとうございました。

そして、わたしたちは外にでて、
PARCOに向かいます。
徒歩約5分といったところです。

入口のところで、やっぱりこの自販機で
立ち止まってしまいました。
90年代に青春だった人々ホイホイ。
WAVEのロゴ。

なんで、新製品がドリンクなんだろう。謎を呼ぶ。なんで、新製品がドリンクなんだろう。謎を呼ぶ。

ここで、どれだけ散財をしたかを
自慢し合う年上の二人を
「無」でながめる
カメラマン・フジーでありました。

この日は、もう一軒取材にいきました。
次は、赤坂の「双子のライオン堂」です。

(つづく。次回は「双子のライオン堂」さんへガオー(GO、です。念の為))

2020-02-09-SUN

前へ目次ページへ次へ