「パンがないのだったら、ケーキを食べればいいのに」と、マリー・アントワネットは言ったのだそうだ。どうせ、そういう話はよくできたウソなのだろうが、ケーキがパンのかわりになると思っているマリーの気持ちが、もひとつよくわからない。ぼくは、ケーキを食べて腹を膨らませることなんて、したくない。マリーはどうかしている。しかし、とんでもなくお菓子好きな人間というのは、ほんとうにいる。ぼくは、そういう人を、ひとり知っている。しかも、マリーという名である。日本人だ。彼女は言った。 「わたしは、パンも食べるし、ケーキも食べる」 なんのこっちゃ?そのマリーは、お菓子のことを語るときと、お菓子を食べるときだけほんとうに真剣な表情をみせる。怖い。 悪いひとじゃないのだろうが、怖いのはほんとうだ。そんなマリーが、「いま、ぜったいにたべるべきお菓子はこれだ!」とほんとうに真剣に語るのが、ここ。 「マリーの部屋」なのだ。
ちょっとタイムの、
エイプリルフール。
こんなふうに書くのは、
はじめてなのですが、
どうにも、やりきれない気持ちの
ここ、ふた月ほどです。


いつだったか、ほぼ日10周年くらいだったかな、
「現身(うつしみ)で、なにがあっても
この部屋では、菓子のことをつづります」みたいな
文章を寄せたのですよね。
実際、今もそうなんです。
ただ、ただ、菓子のことだけ書いていたい。
(すみません、読んでいただく側は食傷気味かも。)

でも。。。



2月に、我が家の7歳半のセントバーナードが
急逝しました。
ひと月後の3月に、溺愛してる12歳のネコが
逝きました。


仕事でなにがあったとか、
家の事情がどうだとか、
人間関係とか、
それはそれでゼーゼー息切れすることもありますけど、
動物の家族との別れだけは。。。
どうにもなりません。気持ちが。



セントバーナードはスイスアルプス発祥の種だけあって
kiriのチーズが大好きでした。
たくさんほしがるけど、そんなにはあげないように、
ちょこちょこ、一緒に食べたりしてました。


▲アビーとKiri。
 おっとりだけど、頑固。マイペースだけど、繊細な女子。



いや、彼らのことを過去形で書くのも
まだ、すごく違和感があるというか。。。

なにが言いたいかというと、
そんな心理状態なので、ごめんなさい、ということだけ
お伝えしたくて。
ここでは、ちらっとわかっていただいた方がいいかな、
と思って、打ち明けました。



前回、前々回のマリーな部屋も、
書きたくて書いてるのだけど、
どこかで平静を装いつつ、押し隠してることに
ちょっと無理がありました。

バレンタインのときは、
福田さんのチョコレートの可愛らしさに
助けられましたし、
ひな菓子のときには、
土楽の福森さんちの白い秋田犬、ヤンが眠る
うつくしい裏山を想って書きましたけれど。

でも、せっかく
この部屋に来てくださる方には、
こんなふうに気持ちを押し殺しながら
接するのは申し訳ないし、嫌だ。。。と
思う自分がいます。
かといって、
打ち明ければいいってものでもない、とも思うので
白状するか、迷ったのですけれど。



前に、
わたしにとってはソウルメイトのような
チワワを亡くしたことがあって、
その2017年4月から半年くらいは
どうにも書く気になれなくて、
なにを書いていいのかもわからなくて、
振り返ってみると、この部屋の更新が
えらくイレギュラーなのですよね。

今は、
そんなふうにしたくない気持ちもあります。

だから、ちょっとメンタルがよくないです、
それは、こんな理由でして、
といいわけした上で、またゆるゆると
やっていこうと思っています。



コージーコーナーのkiriのチーズケーキ、
うちの子が逝ってから
ショーケースで見かけて、
kiriの文字につい足がとまりました。


きれいな景色をみても、
すてきな音楽を聴いても、
花が咲いても、散っても、
ふいに何かを思い出しても、
蛇口をひねったみたいに涙が出てきて、
ヒトの体はほとんど水分なんだなぁ
なんて、妙に感心したりしてます。



それでも、仕事のときと、
家事をしてるときなんかは
スイッチングできてる(気がする)自分を
不思議に思いつつ、安心したりもしてます。
こういうときは、体を動かすのもひとつですよね。

あと、イトイさんの
「かならず先に好きになるどうぶつ。」を読んだり、
横尾忠則さんの「タマ、帰っておいで」を眺めたり、
伊集院静さんの「さよならの力」を買ってみたり、
城山三郎さんの「そうか、もう君はいないのか」にも
助けを求めたり。
(これは、奥様への愛惜の回想録ですけれど)


でも、
この悲しさも淋しさも、
それほどの愛情と幸せをもらっていたことの
証だから
流す涙もふくめて、ぜんぶ彼らとの時間。
めいっぱい、それを感じていたい気もしています。
そして、
つかれた身体を離れた彼らが、
わたしの心の奥に、ずっといてくれることも
感じるので、
わたし自身も、だんだん平常になっていくと思ってます。

そんなわけで、今回は
「ちょっと、タイム」みたいな白状の回でした。
エイプリルフール、
あんまり意識したことなかったですけど、
ぜ〜んぶウソだったら、いいのになぁ〜〜
なんて、つい思う日です。

それから、ほぼ日に遊びに行ったとき、
たくさん可愛がってくださったこと、
ほんとうに、ありがとうございました。
彼女にかわって、心からのお礼を。
そして、ネコの写真も一枚だけ。

また、来月か再来月、
おいしい菓子を見つけたら、書きますね。


わたなべ まり













▲おにーちゃんの愛称。
 ごはんも寝る場所も全部ほかの子にゆずってしまう優しい子。




 

2021-04-01-THU

コージーコーナー(ケーキ)


ツイートするFacebookでシェアする


いままでのタイトル
◆1998-06-06〜2005-12-30までの更新
◆2006-02-10〜2011-06-24までの更新
2011-07-14 涼しげな夏菓子を少し。
2011-08-09 あんぱんとカルピス
2011-08-14 真夏のスヌーピー!
2011-09-06 残暑のケチャップ
2011-10-05 秋、来たり‥‥
つきたての大きな豆大福。
2011-10-19 小さいアップルパイといちじくパイと
パンプキンパイと‥‥。
2011-11-03 “ありあけのハーバー”が
ロールだそうです!
2011-12-20 アトムのクリスマス
ロールだそうです!
2012-01-31 友達マドレーヌ
2012-02-11 バレンタインなのですが、
板チョコ特集になりました。
2012-02-21 やっぱり林檎は凄いです。
2012-03-08 そういえば、ホワイトデーですね。
2012-04-01 白松がモナカ
2012-04-27 新緑溢れる頃のかしわ餅
2012-05-15 初夏にさしかかる頃のエクレア
2012-06-28 あじさい
2012-07-20 またまた真夏のスヌーピー
2012-08-21 ありがとう! ロンドン!! の菓子
2012-08-22 はなちゃんに似てる。
2012-09-08 おみやげのチカラ
2012-10-25 ハートのお饅頭‥‥♡
2012-11-28 旅の香りの東京駅舎最中と利休饅
2012-12-08 特にクリスマス限定じゃないけれど、
とても伝統のある菓子を。
2012-12-27 うっかりしてました‥‥
今度こそ今年の最終稿、カステラです。
2013-01-11 迎春の巳菓子
2013-01-28 節分ですが、
メルヘンのサンドイッチ
2013-02-06 チョコレートに囲まれると幸せです。
2013-02-17 春先のヨーグルト
2013-03-03 前回のヨーグルトの
ちょっとした補足です!
2013-03-29 気づけば弥生も終わりのわらび餅
2013-04-08 春色のお祝いクッキー
2013-04-26 至福のコーヒーロールと、
大地のプリン
2013-05-31 プリン続きなのですが、
コルドン・ブルーなのです!
2013-06-28 祝・富士山!
2013-07-23 小さいパンダのあんぱんと
大きな有珠山、羊蹄山
2013-08-09 今年は、真夏のダースベイダー
2013-08-28 夏の終わりのスイカ飴
2013-10-17 秋のシャモニー
2013-11-20 芋とネコ
2013-12-06 12月14日といえば、義士羊羹。
2013-12-20 今年もクリスマスですね〜。
2014-01-01 あけまして
おめでとうございます。
2014-01-16 はなちゃんに似てる! あげいん
2014-01-31 ちょっとだけ、節分
2014-02-12 またまたバレンタインの季節です。
2014-03-28 永遠の定番菓子も、
進化し続けるんですね! の巻
2014-04-17 桜の終わりに、花衣
2014-04-28 菓子でも鯉のぼり
2014-05-19 皐月五月の空色の菓子
2014-07-01 七夕ちかくの、ささらがた
2014-08-15 夏ですから! 
シロクマなんて、どうでしょう?
2014-09-05 秋の足音に、うさぎ菓子。
2014-09-20 菊、薫りはじめる頃の流鏑馬
2014-10-21 葡萄なんですけど。。。
2014-10-24 可愛いハロウィーン菓子を
いただいたのです。
2014-11-01 葡萄そのものの次は、
葡萄の菓子を。
2014-11-28 奈良におわす大仏プリン
2014-12-23 Merry Christmas!
チョコレートフルーツケーキ
2015-01-07 新春のしかどら
2015-02-03 風邪の季節のシロクマヨーグルト
2015-02-13 STARWARSバレンタイン♪
2015-02-24 チョコの余韻って‥‥ないですか?
2015-02-27 春浅い桃の節句のひな菓子たち
2015-03-28 桜の頃の桜餅
2015-05-04

GWなので、
マグノリアなカップケーキを。

2015-06-19 小夏かん(寒天)と小夏柑
2015-07-25 夏本番のカステラ
2015-08-21 深い感謝をこめて、
チョコレートテリーヌを。
2015-09-27 お月見のうさぎの菓子を
いろいろと。
2015-10-26 たまごサンドと十六夜の月と。
2015-12-04 もうすぐクリスマスなので、
とっておきのクッキーを。
2015-12-17 SWクリスマス☆
2016-01-01 あけましておめでとうございます。
2016-02-06 今、おいしいと思うチョコレート
2016-02-15 春待つ あまおういちご大福
2016-03-23 春は別れの芋ようかん
2016-04-29 苺ミルクプリンと、
びっくりするほど甘い苺の話
2016-06-17 サレは、お好きですか?
2016-08-02 ゆきちゃんに似てる
2016-08-26 夏のジブリ!
2016-09-27 女王陛下のカップケーキ
2016-10-13 深まる秋に、至福の黄金安納芋あんぱん
2016-11-09 鹿鳴く秋の鹿まんじゅうと、鹿もなか。
2016-12-21 エーデルワイスのクリスマス
2017-01-02 2017年は、幸せなクッキーから。
2017-02-03 節分とネコ
2017-02-14 HAPPY St.Valentine's Day
2017-03-14 ホワイトデーなのですね!
2017-04-14 イースターが
じわっと熱くないですか?
2017-06-20 梅雨時に、小さいけどパワフルな
ミントのキャンディーを。
2017-10-31 ハロウィンキャラメルと
ふくろうキャラメル
2017-11-24 晩秋の姫柿
2017-12-23 クリスマスの菓子の家
2018-01-01 迎春。
とらやの小形羊羹が子犬柄です!
2018-02-03 豆がおいしい節分です。
2018-02-14 バレンタインに、ゴジラを。
2018-03-03 ひよ子のひな祭り
2018-04-18 ブイちゃんと、ドコノコと、ドコノコケーキ
2018-06-06 初夏の北海道のバターケーキ
2018-07-07 七夕のチェブラーシカ
2018-08-27 夏の終わりのスヌーピー
2018-09-21 夏すぎて、秋のはじめの栗菓子
2018-10-21 ゆーないとちゃん、おめでとう!
2018-11-30 魔法のクッキーとココアであたたかな冬を。
2018-12-24 和菓子のサンタとトナカイと。
2019-01-01 めでたく、亥最中で迎春を。
2019-02-03 黒豆こたべと、栗きんとんこたべ。
2019-02-14 ジャムの妖精が作り出す魔法のチョコレート
2019-04-12 コッペパンの春
2019-06-28 バターたっぷりのシガール 祝50周年!
2019-08-31 マリーな部屋のマリー
2019-09-13 お月見と、あま酒と。
2019-10-30 過ぎてしまった豆月夜に思いを馳せつつ、
豆菓子を。
2019-11-27 ちょっと早めに来年の福を福ネコで。
2019-12-21 サンタのケーキと、三十四丁目の奇蹟。
2020-01-01 初春の真珠のマドレーヌ。
2020-02-03 鬼に笑われそうな節分です。。。
2020-02-14 老舗チョコのバレンタインは、
いかがでしょう?
2020-03-19 祝・対談の
真っ白なレアチーズケーキ
2020-07-08 ソフトクリームどら焼きを
知っていますか?
2020-12-24 ずっと変わらないプリンで、
メリークリスマス。
2021-01-01 謹賀新年、風神雷神のご利益を。
2021-02-02 今年の節分は一日早いとか!?
2021-02-14 チョコの箱も、素敵なんです。
2021-03-03 春はそこまで。
桃の節句のひな菓子を。