「パンがないのだったら、ケーキを食べればいいのに」と、マリー・アントワネットは言ったのだそうだ。どうせ、そういう話はよくできたウソなのだろうが、ケーキがパンのかわりになると思っているマリーの気持ちが、もひとつよくわからない。ぼくは、ケーキを食べて腹を膨らませることなんて、したくない。マリーはどうかしている。しかし、とんでもなくお菓子好きな人間というのは、ほんとうにいる。ぼくは、そういう人を、ひとり知っている。しかも、マリーという名である。日本人だ。彼女は言った。 「わたしは、パンも食べるし、ケーキも食べる」 なんのこっちゃ?そのマリーは、お菓子のことを語るときと、お菓子を食べるときだけほんとうに真剣な表情をみせる。怖い。 悪いひとじゃないのだろうが、怖いのはほんとうだ。そんなマリーが、「いま、ぜったいにたべるべきお菓子はこれだ!」とほんとうに真剣に語るのが、ここ。 「マリーの部屋」なのだ。
お月見と、あま酒と。

今年のお月見は、少し早いような。



お月見は、旧暦の秋の真ん中の夜ですよね。
旧暦の秋は、7月、8月、9月だから、
その真ん真ん中にあたるのは、8月15日。

今年の、旧暦8月15日は
9月13日なので、今夜がお月見になるんですね。



お月見って、
もっと9月も深まった頃のイメージがありませんか?

特に今年は、暑さが長引いたり、
ものすごい大型の台風が直撃したり、と
夏のしっぽが、昨日くらいまで
バタバタと大暴れしてたような感じもする分、
あぁ、秋が来たなぁと
お月見にしっとりと浸るには
どことなく、まだ気持ちが追いついてないような。



でもね、
菓子は、別なんですよね。
お月見が早かろうと遅かろうと、
晴天に冴え冴えとした満月だろうと、
曇天で雲隠れしていようと、
まったく関係なく、楽しめます。

わたしだけですか?そうでもないですよね。





和菓子の月とうさぎ。
真ん中の月が黄身しぐれ、
白いうさぎが、芋あんで
桃色のうさぎが、小豆あんのおまんじゅうです。

うさぎがぷっくらしていて、
なんとも可愛らしい風情です。





月とうさぎというと、
日本では「今昔物語」に登場しますけれど、
わたしとしては、なんていうのかな、
正直、あんまり同調というか、
共感しにくい話だったりするので、
ちょっとパス。
「ちらっと書いといて、何だよ?」と思われた方は
巻五の十三話を見てみていただければ。m(_ _)m

とはいえ……乗りかかった船なので
ものすごいおおざっくり書いてみると、
要は、猿と狐とうさぎが、
帝釈天様にその本性を試される話で、
老人に身をやつした帝釈天様を助けようと
猿は木の実などを持ってきて、狐は魚などを獲ってきて、
でも何もとれなかったうさぎは、火をおこしてもらい
我が身を食してもらおうと火に飛び込む。
それを見た帝釈天様が、うさぎを月に上げてくれるという
ざっと記すと、そんな話です。

というか、
帝釈天様、試す必要ある…?とか、
火に飛び込む発想は、やめない…?とか
細かくつっこみたくなる逸話なのですよね。
でも、多分にわたくしの精進がなってないから
理解不能なのだろうとも思うので、
こんな愛のない伝え方よりも、
ちゃんとした訳を読んでみてくださいね。
そして、機会があれば、この話の真意を教えていただけると
ありがたく。

気を取り直して、かわいいうさぎの菓子を。





そして、その横に
あま酒があったのですよね。

うさぎまんじゅうと同じく、
榮太郎総本舗製の、あま酒が。





燦然と輝いてます。

そもそもですけれど、
あま酒って、おいしいですよねぇ。
ふわっと良い香りがして、
ほんのり甘くて、
どこか懐かしいような味わいで。





栓を開けて、ひと口いただいたら
さらさらしていて、とてものど越しのよい
おいしいあま酒でした。

あま酒といえば、
わたしが小さい頃は自宅で作っていて、
たくさん入ってる米粒を噛みながら飲むのが
楽しかった記憶があります。
温かくしたのをお湯のみに入れてもらって
飲むことが多かったので
なんとなく冬のイメージでしたけれど、
もともと、あま酒は夏の季語。

江戸の昔では、あま酒売りは夏の風物詩で
ひと晩で醸造するところから、一夜酒(ひとよざけ)とも
呼ばれたとか。

夏の終わりの一夜酒と
秋のはじまりの十五夜菓子。
夏と秋が交錯する今時分には
なかなかな取り合わせかも。



月見菓子や、お酒をかたわらに
澄んだ夜空に、きれいなお月さまがみえますように。
良いお月見を。


わたなべ まり

 

 

2019-09-13-FRI

榮太樓總本鋪


ツイートするFacebookでシェアする


いままでのタイトル
◆1998-06-06〜2005-12-30までの更新
◆2006-02-10〜2011-06-24までの更新
2011-07-14 涼しげな夏菓子を少し。
2011-08-09 あんぱんとカルピス
2011-08-14 真夏のスヌーピー!
2011-09-06 残暑のケチャップ
2011-10-05 秋、来たり‥‥
つきたての大きな豆大福。
2011-10-19 小さいアップルパイといちじくパイと
パンプキンパイと‥‥。
2011-11-03 “ありあけのハーバー”が
ロールだそうです!
2011-12-20 アトムのクリスマス
ロールだそうです!
2012-01-31 友達マドレーヌ
2012-02-11 バレンタインなのですが、
板チョコ特集になりました。
2012-02-21 やっぱり林檎は凄いです。
2012-03-08 そういえば、ホワイトデーですね。
2012-04-01 白松がモナカ
2012-04-27 新緑溢れる頃のかしわ餅
2012-05-15 初夏にさしかかる頃のエクレア
2012-06-28 あじさい
2012-07-20 またまた真夏のスヌーピー
2012-08-21 ありがとう! ロンドン!! の菓子
2012-08-22 はなちゃんに似てる。
2012-09-08 おみやげのチカラ
2012-10-25 ハートのお饅頭‥‥♡
2012-11-28 旅の香りの東京駅舎最中と利休饅
2012-12-08 特にクリスマス限定じゃないけれど、
とても伝統のある菓子を。
2012-12-27 うっかりしてました‥‥
今度こそ今年の最終稿、カステラです。
2013-01-11 迎春の巳菓子
2013-01-28 節分ですが、
メルヘンのサンドイッチ
2013-02-06 チョコレートに囲まれると幸せです。
2013-02-17 春先のヨーグルト
2013-03-03 前回のヨーグルトの
ちょっとした補足です!
2013-03-29 気づけば弥生も終わりのわらび餅
2013-04-08 春色のお祝いクッキー
2013-04-26 至福のコーヒーロールと、
大地のプリン
2013-05-31 プリン続きなのですが、
コルドン・ブルーなのです!
2013-06-28 祝・富士山!
2013-07-23 小さいパンダのあんぱんと
大きな有珠山、羊蹄山
2013-08-09 今年は、真夏のダースベイダー
2013-08-28 夏の終わりのスイカ飴
2013-10-17 秋のシャモニー
2013-11-20 芋とネコ
2013-12-06 12月14日といえば、義士羊羹。
2013-12-20 今年もクリスマスですね〜。
2014-01-01 あけまして
おめでとうございます。
2014-01-16 はなちゃんに似てる! あげいん
2014-01-31 ちょっとだけ、節分
2014-02-12 またまたバレンタインの季節です。
2014-03-28 永遠の定番菓子も、
進化し続けるんですね! の巻
2014-04-17 桜の終わりに、花衣
2014-04-28 菓子でも鯉のぼり
2014-05-19 皐月五月の空色の菓子
2014-07-01 七夕ちかくの、ささらがた
2014-08-15 夏ですから! 
シロクマなんて、どうでしょう?
2014-09-05 秋の足音に、うさぎ菓子。
2014-09-20 菊、薫りはじめる頃の流鏑馬
2014-10-21 葡萄なんですけど。。。
2014-10-24 可愛いハロウィーン菓子を
いただいたのです。
2014-11-01 葡萄そのものの次は、
葡萄の菓子を。
2014-11-28 奈良におわす大仏プリン
2014-12-23 Merry Christmas!
チョコレートフルーツケーキ
2015-01-07 新春のしかどら
2015-02-03 風邪の季節のシロクマヨーグルト
2015-02-13 STARWARSバレンタイン♪
2015-02-24 チョコの余韻って‥‥ないですか?
2015-02-27 春浅い桃の節句のひな菓子たち
2015-03-28 桜の頃の桜餅
2015-05-04

GWなので、
マグノリアなカップケーキを。

2015-06-19 小夏かん(寒天)と小夏柑
2015-07-25 夏本番のカステラ
2015-08-21 深い感謝をこめて、
チョコレートテリーヌを。
2015-09-27 お月見のうさぎの菓子を
いろいろと。
2015-10-26 たまごサンドと十六夜の月と。
2015-12-04 もうすぐクリスマスなので、
とっておきのクッキーを。
2015-12-17 SWクリスマス☆
2016-01-01 あけましておめでとうございます。
2016-02-06 今、おいしいと思うチョコレート
2016-02-15 春待つ あまおういちご大福
2016-03-23 春は別れの芋ようかん
2016-04-29 苺ミルクプリンと、
びっくりするほど甘い苺の話
2016-06-17 サレは、お好きですか?
2016-08-02 ゆきちゃんに似てる
2016-08-26 夏のジブリ!
2016-09-27 女王陛下のカップケーキ
2016-10-13 深まる秋に、至福の黄金安納芋あんぱん
2016-11-09 鹿鳴く秋の鹿まんじゅうと、鹿もなか。
2016-12-21 エーデルワイスのクリスマス
2017-01-02 2017年は、幸せなクッキーから。
2017-02-03 節分とネコ
2017-02-14 HAPPY St.Valentine's Day
2017-03-14 ホワイトデーなのですね!
2017-04-14 イースターが
じわっと熱くないですか?
2017-06-20 梅雨時に、小さいけどパワフルな
ミントのキャンディーを。
2017-10-31 ハロウィンキャラメルと
ふくろうキャラメル
2017-11-24 晩秋の姫柿
2017-12-23 クリスマスの菓子の家
2018-01-01 迎春。
とらやの小形羊羹が子犬柄です!
2018-02-03 豆がおいしい節分です。
2018-02-14 バレンタインに、ゴジラを。
2018-03-03 ひよ子のひな祭り
2018-04-18 ブイちゃんと、ドコノコと、ドコノコケーキ
2018-06-06 初夏の北海道のバターケーキ
2018-07-07 七夕のチェブラーシカ
2018-08-27 夏の終わりのスヌーピー
2018-09-21 夏すぎて、秋のはじめの栗菓子
2018-10-21 ゆーないとちゃん、おめでとう!
2018-11-30 魔法のクッキーとココアであたたかな冬を。
2018-12-24 和菓子のサンタとトナカイと。
2019-01-01 めでたく、亥最中で迎春を。
2019-02-03 黒豆こたべと、栗きんとんこたべ。
2019-02-14 ジャムの妖精が作り出す魔法のチョコレート
2019-04-12 コッペパンの春
2019-06-28 バターたっぷりのシガール 祝50周年!
2019-08-31 マリーな部屋のマリー