ゆーないと

ハラマキ ねこ

大胆に描かれた、ねこの柄のハラマキです。
前面には、丸くなっているねこ。
背面には、立ち上がって
何かのぬいぐるみを抱えているねこ。
ビビッドな赤は、目にも鮮やか。
チラッと見えれば、
その日のお洋服のきれいな差し色になりそう。
ぜんたいの雰囲気を引き締める、
黒いタグもポイントです。

※このハラマキの売上の一部は、
 動物愛護団体ランコントレ・ミグノンに寄付されます。

素材:のびのびタオリン
   F/S/XS 3,400円 C(子供)3,000円
   S+10cm 3,700円 F+10cm 3,900円
   (消費税込・配送手数料別)


わたしは、幼いころからどうぶつが好きだ。
だんぜん犬派の猫アレルギーで育ち、
おとなになったいま、
とつぜんにねこと暮らすことになった。
縁あって、
動物愛護団体でボランティアとしてお手伝いをしている。
「お手伝い」という意識はなくて、
「参加」している、というほうが近い。

わが家には2匹のねこがいる。
2匹は、福島の別々の場所から来た。
まったくの他人同士の共同生活は、
それなりに仲良く、たのしくやっている。
1匹には「牛」という名前をつけた。
一度は福島のほんとうの家族のもとに帰って行ったけれど、
ワケあって、再び東京にやって来て、
そのまま、家族になった。
もう1匹は「ミッツ」という名前をつけて、
「里親募集中」の状態で、1年以上、ここにいる。
このハラマキのねこの顔は、
「牛」でも「ミッツ」でもないけれど、
表情や、出で立ちは、2匹と暮らして、
毎日見て遊んで、
インプットされたものであることは、たしか。
ねこって、こんなです。
この冬は、「ねこ」をおなかに巻きながら、
2匹のねこを、ねこかわいがりしよう。

ダブルクリックやマウスホイール操作で写真を拡大できます。

ラインナップ