日比野克彦

ハラマキ キイマキガミ

古代の壁画のようだったり、
グラフィックアートのようだったり、
いろいろな見方ができる柄です。
ハラマキに、なにが描かれているのか‥‥。
じっくり見るのもたのしいですね。
洋服のすそからチラッと見えたときに、
ポイントになる色合いです。

素材:うすいタオリン
   F/S/XS 3,400円 C(子供)3,000円
   (消費税込・配送手数料別)



「万が一ちらっと見えても、ありだと思える。
 もしくは、見せるハラマキ。
 まずは、そういうものにしようと思いました。
 すこしだけ見えたときにわかるよう、
 細かい柄がぜんたいにあるのがいいかな、と。
 最初にそれくらいのことおおまかに決めておいて。

 

 そこからは、なにも考えずに描いたっていうのが
 正直なところです。

 

 ぜんたいに行きわたる細かい紋様。
 たとえばマヤの絵文字のようにも見えるし、
 洞窟の壁画の紋様にも見える。
 地上絵に見えるかもしれない。
 そういう抽象や象形の
 絵画的なものが基本的に嫌いじゃないし、
 実際に見にいくことも好きなんです。
 実際に見にいくと、
 こういう美術館で見るよりも現場感があるから、
(取材はとある美術館のロビーで行いました)
 かっこよく言えば、
 『体が覚える』みたいな感覚があります。
 だからなんにも考えないで描けば、
 自分からはこういうものが出てくる。
 これがひとつめに描いたハラマキのためのデザインです。

 

 最後に、アイキャッチがほしかったので、
 ワンポイントのマークを入れました。
 『鍵』的なイメージとか、
 『書道の落款』的なイメージに近いですね」

ダブルクリックやマウスホイール操作で写真を拡大できます。

ラインナップ