早野先生とヴァイオリン 両国国技館でオーケストラとヴァイオリンやチェロを演奏しませんか?初心者大歓迎!

私たちがほぼ日カルテットです!

ヴァイオリン担当 ハサウェイ ワタナベ
チェロ担当 おーた コバヤシ

2018年4月4日の両国国技館で、
ほぼ日のサイエンスフェローである早野龍五さんが
会長をつとめるスズキ・メソード主催の、
オーケストラコンサートが開催されます。
3,000人の演奏者が集合する大規模なコンサート。
そこに、弦楽器初心者の乗組員2名と読者2名による、
「ほぼ日カルテット」も混ざって、演奏をします!
ヴァイオリンやチェロを触るのも、
それどころか楽器経験もほとんどない私たち。
でも「必ず、当日、弾けるようになる」という
早野さんの言葉を胸に、
ヴァイオリンとチェロに奮闘する日々を
レポートしていきます。
先生はスズキ・メソードお茶の水センター教室で教える、
チェロは寺田義彦先生、
ヴァイオリンは藤井美和先生です。
どうぞ温かく、見守ってください!

先生のプロフィール

チェロ 寺田義彦先生(てらだ よしひこ)

東京に生まれる。スズキ・メソード チェロの創始者である故佐藤良雄氏、ヴァーツラフ・アダミーラ氏、倉田澄子氏に指導を受ける。1978年才能教育研究会助手認定を受け、その後、指導を始める。現在、才能教育研究会教育部員及びNational Cello Institute (USA) Facultyとして活動中です。

ヴァイオリン 藤井美和先生(ふじい みわ)

3歳よりスズキ・メソードではじめる。国際スズキ・メソード音楽院に入学し、鈴木鎮一氏に師事。1994年指導者認定を受け、指導をはじめる。現在、3歳から60歳代と幅広い年齢層のレッスンを受け持たれています。

立ち上がって気分転換。
演奏するって、たのしい!

ota
2018/01/30 11:00
こんにちは。
ほぼ日のおーたです。

12月に「コンサートは来年だから。」と思って
自分を落ち着かせようとしていた言葉が、
年が明けて、もう言えない時期になりました。
いつものんきな私ですが、
ほのかに緊張し始めています。

年明けに、レッスンはすでに2回。
4回目、5回目を終えました。
冬休みの宿題になっていた音階は、
自分なりに練習したつもりですが
お正月ののんびりムードも手伝って、
ちょっと滞ってしまってもいました‥‥
すみません!
ですが、指を鍛えるトレーニングは続けていました。
弓でやると一番良いのですが、
長い棒だったら菜箸でもいいよ、と教わったので、
年末年始は編み物をしつつ、
長めの編針でトレーニングしていました。

まだ初歩の初歩段階なんですが、
音階を出す練習をしていると、
集中力が途切れきて、指の力も弱まって、
どんどん変な音しか出せなくなってしまう時があります。
「こういう時は、どうしたらいいんでしょうか?」という、
とてもざっくりとした不安を寺田先生に相談したら、
「そういう時は、一度立ち上がるといいですよ。
 気が早いけど、舞台に立った時の
お辞儀の練習もできちゃいますね。」
というお答え。

なるほど、「立ち上がる」か!
思いもよらないお答えでしたが、
確かに、一度立つと仕切り直しができる感じがします。
そして座り直すと、姿勢を正すことができます。
気分も姿勢も整えることができるなんて、
素晴らしいことを教えて頂きました。

このことを教えていただいて以降、
練習の中での気分転換が
少しうまくできるようになった気がします。

ちなみに最近のレッスンでは、
私が基本の音階を弾いているところに
寺田先生が素晴らしい音を重ねてくださって、
きれいなハーモニーを奏でさせていただきました!
自分の演奏が素晴らしい音のひとつになるというのは
すごく、すごく、うれしいです!
演奏することのたのしさを感じ始めています。


必死ながら少し笑顔。

次回は、最初の目標の「キラキラ星」を
教わったリズムで演奏することです。
まずは寺田先生の模範演奏を真似ることができるよう、
練習に励みます!

もう「キラキラ星」が弾けるとは!

hq_watanabe
2018/01/30 11:00
レッスン3回目でついに!
キラキラ星のフレーズを最後まで弾くことができました。
もちろん音程はフラフラで、先生に確かめながらでしたが、
あの嬉しさ。普段の仕事中には味わえない高揚感でした。

実は、12〜3年前までピアノを習っていました。
習っていたというよりは、
先生とおしゃべりに通ってたのが正直なところですが、
いくつかの事情が重なって続けることができなくなり、
今回ヴァイオリンを始めるまで、
ピアノを弾くことはおろか、
楽譜を開くことすらありませんでした。
でも音楽が好きなことに変わりはないので、
いちリスナーとして、音楽を楽しんできました。
が、また楽器を演奏したいという気は
まったくおきませんでした。

その気持ちが大きく変わったのは、
あるコンサートに行ったことがきっかけでした。

私は大学で事務職員として働いているのですが、
学期末になると休学・退学が目立ってきます。
その理由は「経済的な事情のため」が少なくありません。
もちろん社会に出てから
大学に戻って学ぶことはできますが、
現実問題として非常に難しいし、
よほど意志が強くないと実現できません。

たしかに大学の学費は高額です。
でも、学ぶ機会を金銭的な事情で
あきらめなければならないのは、
なんとも不公平なことだと思うのです。

そんな中、ひょんなことから
「エル・システマ」の存在を知りました。
「エル・システマ」とは、ベネズエラで1975年に始まった、
経済的に恵まれない児童や青少年向けの
音楽教育プログラムで、
日本の「スズキ・メソード」が基になったのだそうです。
子どもたちの経済状況にかかわらず、
平等に「学ぶ」機会を得られる
その仕組みに大変興味をおぼえました。


この本に出会ったのがすべてのきっかけです。くるくるヘアーに気を取られて‥‥
そして日本にも
「エル・システマジャパン」があることを知り、
震災で被災した子どもたちや
身体に障がいを持つ方々が出演する、
「エル・システマジャパン」主催のコンサートに行きました。
それは予想と大きく違って、胸が熱くなるような、
思わず泣いてしまったくらい感動的な発表会で、
自分もあの中に入って一緒に楽しみたい、
やっぱり音楽は「聴く」だけじゃなく「演奏する」ほうが、
もっと楽しいかもなぁとぼんやり思いました。
そしてその数日後にふと「ほぼ日」をチェックしたら、
「早野先生とヴァイオリン」の連載がはじまったのです。

ふうん、と思いながら読んでいくと最後に、
ヴァイオリンとチェロの初心者を、
各1名募集するとあるじゃないですか。
もうこれは「する」側にいくしかないと変なスイッチが入り、
コンサートの感動が冷めぬまま勢いで応募動機を書き、
(まぁ、当たるわけないけどね)と思いながら送信しました。
そんな気持ちでいたので「当選」の連絡をいただいたときは、
正直なんの冗談かと思いました。

練習時間を作るのはとても大変ですが、
戸惑いながらも「ほぼ日カルテット」に参加できたことで、
音楽を習うことの楽しさを思い出したのはもちろんのこと、
ここしばらく停滞気味だった日常が、
どんどん変わっていく気がしています。
音楽を「演奏する」側に来れて、
ほんとうによかったと今では思っています。

はじめてのお客さん

hq_kobayashi
2018/02/06 11:00
レッスンにきてみてびっくりしたのですが、
今回のレッスンは、見学者の方が
見守る中でのレッスンとなりました。

受講希望の方が見学にこられたのかと思います。
びっくりしすぎて聞きそびれてしまいました。

もう少しうまい方のレッスンを見学した方が良いのでは?
「レッスン受けても全然弾けないのね」
と思われて、
受講とりやめになったらどうしよう等と
余計なことを考えた結果、
最初のうちは初回以上に緊張してしまいました。

褒め上手な寺田先生の言葉にのせられているうちに、
後半はだんだんと緊張がほぐれてきましたが、
レッスン冒頭は、弦をおさえる位置を間違えること多数、
前回よりも下手になっていた気がします‥‥。


そんな中でも楽しかったのが、今回はじめて、
先生のピアノにあわせて弾くという
練習にトライできました。
今までは先生もチェロを弾きながら、
一緒にチェロを弾く練習がほとんどでした。

一人で弾くことの心細さはありますが、
「オーケストラでもちゃんと弾けるかも」
という予感をこの練習で感じることができました。

もう一つ、嬉しいことに、自分が上達しているのかも?
と思えたことがありました。
それは、弓をもつ手の形と動きをこう動かせば
良いのか、という感覚がはじめてつかめたことです。

今まで、弓を持つ手の形と動きが
何度も教えていただいたにもかかわらず
どうしてもしっくりこず、
家で練習している際もなかなかうまくいかないことが
ストレスになっていました。

ただ、今日は寺田先生のアドバイスが感覚的にわかるというか、
こう手を動かせばいいのかということの
感覚がつかめた気がします。

あ、こういうことか、というのが急にわかるように
なるこの感覚は、楽器に限らずいろんなところで
経験してきた感覚です。
よく、大人よりも子供のほうが覚えが早いと
言いますが、新しいことを始める際に、
子供よりも大人の方がよい点もあるなと。

うまくいかなくても、やり続ければある程度までは
できるようになる、ということが、
経験として分かっているというのは、
大人の武器なのではないかと感じました。
ただ、この感覚は家で練習しないと
すぐに消えてしまいそうなので、
しっかり復習したいと思います。

レッスンが終わった際に、
「見学者の方がいると緊張しますね」と
寺田先生にこぼしたところ、
「でも本番はお客さんがみてますからね。」
ともっともなお言葉が。
自信のなさや、下手なことを隠そうとする気持ちが、
緊張につながっている気がするので、
(もちろん練習はしますが)
気負わず楽しく弾いていこうと感じました。

じっくり聴く

yoko.hasada
2018/02/06 11:00
こんにちは、
ほぼ日のハサウェイです。

ほぼ日カルテット、
ついにあと2ヶ月ほどで
4月4日、両国国技館の本番をむかえます。

仕事の都合でレッスン日を変えていただくと、
私の前後はだいたい3〜5歳くらいの
ちいさな女の子、男の子です。
きれいなワンピースやシャツを着て、
ちいさな身体で私よりひと回りちいさな
ヴァイオリンを抱え、
大人顔負けのきれいな音色を鳴らします。
すごく楽しそうに弾いていて、
背中がとってもたくましい。
私なんかより全然難しい曲を弾いているのですが、
自慢げに弾くのではなく心からたのしそうで、
いいなと思いました。

レッスンでも、あまり教科書を読み込んで
ぎちぎちにルールを守って、
という感じではありません。
どちらかというと、感覚を大切にするレッスン。
耳で先生の弾くヴァイオリンの音色を聴いて、
ここかな? と探りながら
身体の中に音を染み込ませていく感覚です。

レッスンに通うようになり最近、
じっくり「聴く」「観察する」という行為を、
普段あまりやっていなかったんだなと思いました。
あまりにもはじめてのことばかりなので、
ヴァイオリンのレッスンではかなり集中しています。
一音も聴き逃したくない気持ちです。
でも私生活では、どんなに美味しいごはんも、
香りや食感を感じるまで集中して観察していたかと言われると、
そうでもなかったなと思うようになりました。


じっくり「聴く」っておもしろいです。
特に先生の弾く姿をじっくり観るのが好きです。
先生の膝の使い方や弦とたわむれる感じを
忘れたくないなと思いながら見ています。
いまは、きらきら星をいろんなリズムで弾いています。
リズムがよいときは膝が大きく揺れ、
休符のあるリズムは身体の芯が通っている感じがします。

その感じを身体に染み込ませていくためにも、
もっともっと練習をしたいです。
はあー、あと2ヶ月緊張します。

見守られて、頑張っています。

ota
2018/02/13 11:00
こんにちは。
ほぼ日のです。

今回は、チェロを始めてからの
周りからの反響をお伝えしたいと思います。

私がチェロを始めたと周りの人に伝えると、
「私もやってみたい!」と言う人が、結構多いんです。
私もそうでしたが、何となくイメージで
弦楽器は子どものころから
始めるものだって思っていて、
「大人からも始めてもできるの?」
と、言われることもあります。
正直、まだまだ発展途上なので、
自信を持って「できるよ!」とは言いづらいですが、
「ちゃんと練習すれば、上達するよ!」とは言えます。
「ちゃんと練習すれば」がポイントです。
当たり前ですが。

以前、寺田先生に、
前後のレッスン生の方の中に
「大人から始めた方ですよ。」
という方々もいらっしゃって、
それが、みなさん上品で素敵なご婦人ばかりなんです!
こんな素敵な方たちも大人から始めているんだったら、
私も頑張ればもっと上達できるのかも!と、
勇気をいただいた覚えがあります。

逆に「小さいころ、チェロやっていました。」
という人もいて、
案外やっていた人も多いんだともわかりました。

あとは、他の弦楽器をやっている人たちからも、
お声がけいただきます。
音階をどうやって出すのかや、
ピックで弾くのと弓で弾くのとの違いなど、
お互いの楽器との共通点や違いを話したりします。
こんな話は、チェロを始めるまでできなかったので、
さまざまな種類の弦楽器を見る目が
ちょっと変わってきそうです。

また、私はだいたい仕事の終わった夜に、
会社の会議室で練習しています。
案外、音は聞こえないようなので、
思いっきり弾いていますが、
会議室の場所によっては、
たまに漏れ聞こえている時もあるようで、
音が聞こえた人たちは
「部活の練習みたいな感じだねー。」
と、心優しい乗組員のみんなは
心地よいはずではない音を
聞き流してくれています。


やさしい猫ぽーに見守られながら練習中。

たまに練習している部屋に
乗組員が入ってきてくれることもあります。
「弾いてるの、聞かせてよー。」
と言われたりするんですが、
なんせ音程が安定しないし、変な音もでるし、
「人様にお聞かせできるようなものじゃないから!」
と言っても出ていかない人もいるので、
渋々、練習している「キラキラ星」を弾いてみます。

そうすると、あれ?不思議。
人に聞かせると思うと、何かスイッチが入るのか
1人で練習しているときより、いい音が出ます。
緊張感のおかげでしょうか。
人に聞いてもらうと思って弾くときは、
気持ちが結構違うものですね。

こういうことがあると、
1人での練習ももちろん大事ですが、
人の前で弾くというのも、
またひとつの練習なんだなと思いました。

というように、
教えてくださる寺田先生はもちろん、
いろんな人に見守っていただきながら
チェロの練習に励んでいます。
あらためて、頑張ります!

レッスンへ向かうところ。

弦が共鳴してるのが見えました!

hq_watanabe
2018/02/13 11:00
こんにちは、です。

前回のレッスンから少し時間が空いて、
ちょっと久しぶりな感じの4回目レッスンです。

今回はみっちり「キラキラ星」を
自主練習してから臨んだので、
ちょっと上達したぞ、という気になっていましたが、
違うリズムで弾いてみると‥‥あれ? ひっかかる。
調子よくスキップしていたのに
急に素っ転んだというか、リズムが悪くなります。
メロディーは同じでもテンポが違うと、
途端に難しくなるんですね。
これはまた練習しなきゃな、と思いました。

初心者は弦を押さえる位置に
シールを貼ったりするそうですが、
借り物の楽器のためそれは出来ません。
耳で音を聞いて位置を合わせるしかないのですが、
それがまだぱっと定まらないのが悔しいところ。
でも、正しい位置で音が出せると、
隣の弦が共鳴して振動するんですよね。
先生に言われてびっくりしました。
目で見える共鳴って初めてかも。感動です。
その共鳴が見たくて、
耳を澄ませ、
ポジションを確認し、
弓の角度に注意し、と
夢中で音を出していたのですが、なかなか出来ない。
ああ難しい!
ふと気づいたらまたもや汗だくに‥
と、今回のレッスンは
残念ながらここで終了となりました。



ちょっと弾いただけでも
指先にこんなふうに跡が残ります。
これが結構痛い。
どれくらい練習を重ねれば、
慣れていくのでしょうか‥‥?

仕事の都合もあり、
まとまった練習時間がなかなか取れません。
音が出せないときの練習方法は
どうしたらいいのでしょうか。
思いつくことと言ったら、
・弓を持って振りまわす運動
・楽譜についてるCDを聴いてみる
・Youtude等で演奏家の動画を研究する
このくらいしか。
ほかになにかないかなぁ。

習い事をするのってとても楽しいけれど、
自分がしっかりしないとすぐサボってしまいます。
でもカルテットのメンバーは
みんな同じ条件なんですよね。
そう思うと、
上手になるための努力が苦じゃなくなります。
なかなか顔を合わせる機会はないけれど、
仲間と一緒にやるって、
そういうところがいいですよね。

レッスン7回目の感想

hq_kobayashi
2018/02/20 11:00
こんにちは、小林です。

前回と違い、今回は前半調子がよく、
後半の調子が崩れてしまいました。
まだまだレッスンを通して
満足する演奏ができるまでには、
遠い道のりを感じます。

右手の弓を持つ手の動きはかなり良くなってきたかなと
自分でも思うのですが、今度は左手がうまく動かず、
左手でおさえた音程がずれていると気持ちが悪く、
気持ち悪いのを直そうと焦って動きが雑になり、
余計に弾けなくなるという悪循環に‥‥。

右手に比べて左手は
あまり練習できていない自覚があったので、
左手を重点的に鍛えたいと思います。

言い訳をさせていただくと、
右手は弓だけあれば持ち方の練習などはできるので、
練習のハードルが低いのですが、
左手は音をださないと意味がないので、
仕事が終わった後、夜家で練習するのが
なかなか難しいのです。

そんな中、今日は今練習している
キラキラ星変奏曲に続いて、
フランス民謡も練習曲に加わりました。
寺田先生、優しいお顔をしてぐいぐいきます。
ただ、私が左手の動きに
不安を感じているのを察していただき、
「左手の練習はまずピチカートで弾いて
位置を覚えるのが良い」
というアドバイスもいただきました。
平日の夜もなるべくピチカートで、
練習を重ねようと思います。


ついに合同練習もあります。
弾くことに関してはたのしみというより
不安のほうが強いですが、
他の方の弾いているところを
間近でみられそうなので、
とてもたのしみです。

合同練習

yoko.hasada
2018/02/20 11:00
こんにちは、ハサウェイです。

ヴァイオリンを習いはじめて約2ヶ月。
ついにオーケストラにまざって、
演奏するチャンスがありました!
4月4日の両国国技館に向けて、
スズキ・メソードの生徒たちが300名ほど集まり
合同練習があったのです。


つい最近まで、平昌に行っていたわたし。
ヴァイオリンに一週間以上触っていなかったので、
ひさしぶりのレッスンは、ボロボロ。
指がうまく動かない。
音を忘れてしまっている。
キラキラ星のフレーズも忘れている。
肩に力が入りすぎて異様に疲れる。
ヴァイオリンってシンプルに
持っているように見せかけて、
意外と普段しない指の形や姿勢なんです。
縦長だし、指と指の幅を思いっきり開くし。
でも練習すればその形が私のものになっていく。
日々の練習の大切さと、
このままでは合同練習は参加不可だと感じました。


とりあえず、合同練習の会場までは行ってみました。
扉を開けると上級生クラスの方々が、
「どどーん」とベートーヴェン7番を弾いています。
立ち姿だけでかっこいい。
華麗に出される音色もかっこいい。
写真を大量に撮ってしまいました。
自分の未熟さを痛感させられ
もう帰ろうかななんて、
言っていたら藤井先生とばったり。
なんと、待っていてくださったそうなんです。
ありがたさと心強さとともに、
逃げられない覚悟ができました。

300人弱の演奏者に混ざります。
前後左右、全員ヴァイオリン奏者。
向こう側にいるチェロ奏者の方々の音色や
ピアノ、管楽器、音と音がまざりあって、
身体が宙に浮かび上がる心地になりました。
一緒に演奏するって、すごい。
聴く側ばかりで
演奏する側ははじめてだったので、
うれしくてたまらなかったです。
ふだん、あまり緊張もしないし、
自惚れてしまいがちなのですが、
これは練習せねば、と本気で思わされました。
そして別の楽曲ももっと弾いてみたいと思いました。

たった2ヶ月しかやっていない私を混ぜていただき
深く感謝を思いながら、やってみると
できることやできないことが見えてきて、
なにごとも体験が大事だと感じました。
いろんなひとに「すごいね」と言われますが、
はじめるのはピアノやギターと変わらず簡単です。
ただ、満足いく音色や演奏技術は
やっぱり練習が必要。
早野先生に、
「あの人は医者をやりながら演奏してる」とか
「相馬のみんなは3年でベートーヴェンを弾いた」とか
そんな話を伺って励まされました。


帰りに藤井先生に
浅草名物のどら焼きをいただき、
これがとんでもなくおいしくて、
気合いが入りました。
ご褒美って大事ですね。
よし! あと2ヶ月がんばります!

2018年4月4日(水)、両国国技館

全世界に音楽教室を展開するスズキ・メソード主催の、
歴史あるオーケストラコンサート。
3,000人の演奏者が集まる景色は圧巻です!
ほぼ日カルテットが参加するのはごく一部の楽曲、
他のプログラムではプロの演奏も聴けますよ。
詳細はこちらからどうぞ。

協力 公益社団法人才能教育研究会(スズキ・メソード)
楽器協力 株式会社ヤマハミュージックジャパン