宮部みゆき、『メトロイド』の開発者に会う。

 
大反響を呼んでいる『メトロイド』対談。
今回は、ゲームキューブで発売された
『メトロイド プライム』についてのお話。
宮部さんのマシンガントークも一段落し、
坂本さんの緊張も徐々に和らいできたようですが……。


── ゲームキューブの『メトロイド プライム』ですが、
坂本さんの役割はどういうものだったんですか?
坂本 『メトロイド プライム』は、プログラムというか、
開発を海外でやったものですから、
全体的な部分を監修するという役目でした。
宮部 『メトロイド』の世界観とか、
これまでの流れとか設定とかを、
サポートしていくような?
坂本 そうですね。
海外には『メトロイド』のファンも多いんですけど、
細かい設定なんかは、やっぱり知らないんですよ。
宮部 そうですよね(笑)。
坂本 いちばんおかしかったのは、
サムスのモデルを作ってきて、
「メトロイドはこれでいいですか?」って(笑)。
宮部 ちがう〜(笑)!
坂本 いやいや、これメトロイドじゃなくて
サムスだからって(笑)。
宮部 ゲームのタイトルには
主人公の名前が付いてると思っちゃうんですね。
坂本 よく間違えられるんです。
でも、自分らもつい、リンクのこと
「ゼルダ」って言ったりしますよね(笑)。
宮部 そういえばそうですね(笑)。
坂本 でも、海外の人って、やっぱり
イマジネーションがすごく豊かですから、
僕も知らないような設定とかバックボーンを
どんどん書いてくるんですよ(笑)。
まあ、いいものはね、
当然使っていけばいいですけども、
「先の話はどうなるの?」っていう部分もあって。
宮部 (笑)
坂本 でも、まあ、あんまり堅苦しいことは言わず、
おもしろいものはOKってかたちで、
おおらかに監修させてもらいましたけど。
宮部 そうですか。
私はまだ全体の5分の1くらいしか
進めていないんですけど、
ぜひぜひクリアーしたいと思っていて。
死にながら、迷子になりながら、
疲れて寝てしまったりするんですけど(笑)。
でも、その手応えが
「やっぱり『メトロイド』なんだなー」
って感じてます。
坂本 『プライム』は視点が主観になったこともあって、
どういうふうに遊ばれることになるのか
自分でもわからなかったんです。
不安でもあり、楽しみでもありっていう状態で。
でもまあ、信頼できる部隊が関わってますので、
おかしなことは絶対しないだろう、と思いながら。


宮部 そうですよね。
これまでの『メトロイド』は、
サムスが動くことによって道が開いていく
というタイプだったと思うんですけど、
『メトロイド プライム』は、
バイザーを切り替えたりして、
サムスの側が変わることで道が見えていくっていう、
考え方の座標が変わった感じがして
すごく興味深かったです。
難しいですけど、画面はすごくシャープだし、
音楽もかっこいいし。
坂本 あ、音楽は、じつはウチの部署の
人間が担当してるんですよ。
『スーパーメトロイド』の
担当者がやったんです。
宮部 ああ、そうですかー。かっこいいですよねー!
だから、ちょっと懐かしい感じだったんだ。
やっぱり同じ方が作ってらっしゃったんですね。
坂本 そうですね(笑)。
宮部 私、『メトロイド』の音楽も大好きで。
あの、一度病気で入院したことがあったんですね。
たいした病気じゃなかったんですけど、
念のために1日入院しなさいと言われて。
そのときちょうど
『スーパーメトロイド』で2時間13分っていう
自分自身では最高記録を出したところだったんです。
で、急な入院だから、本も持ってなくて、
9時とかに消灯されても寝られないじゃないですか。
それで、『スーパーメトロイド』のことを
ぼーっと考えながら横になっていたら、
あの、ゲームの音楽が、
どんどんどんどん頭の中で鳴り出して(笑)。
家に帰ったとき、すぐにプレイしました(笑)。
坂本 それは……すごい……ありがとうございます。
── 坂本さん、恐縮しすぎないで。
坂本 はい。ええと、あの、ゲームの音楽って、
ホントに空耳で聞えたりしますよね。
宮部 ええ、ふーっと、聞えたりしますね。
坂本 僕もありますよ。
僕の場合は、あの、病気になりそうになりながら
開発してたほうなんで。
── なんだそりゃ(笑)。
宮部 (笑)
坂本 ホントに、『メトロイド』の音楽が、
1日中ずーっと鳴ってるんですよ。
たまに帰って、シャワーとか浴びてると、
なんか聞えてくる。あれが不思議でね。
ほんまに聞えてるんですよね。もう病気という。
── ……坂本さん、病気の意味が違いますよ。
坂本 そういうことが、よくあったな……。
── しっかりしてください。

次回へ続きます!

宮部みゆき
小説家。代表作に『模倣犯』、『理由』、
『火車』、『蒲生邸事件』などなど……。

↑宮部さんのサイトはこちらからどうぞ。

坂本賀勇
任天堂開発第一部課長。
代表作に『メトロイド』シリーズ、
『カードヒーロー』などなど……。
2003-04-19-SAT