1995年、パリに暮らしていた
山井孝さん・自子さん夫妻が立ち上げた
レディースブランド、t.yamai paris(ティ・ヤマイ・パリ)。
パリに行く前のこと、
パリでの15年のこと、
日本に戻ってきてからの10年のこと、
そして、大好きなリバティプリントのこと。
長らく、おふたりの作る服のファンだという
伊藤まさこさんが、東京のアトリエに伺って、
おふたりとたっぷり話しました。
山井さんたちの、のびやかで明るい空気は、
そのまま服づくりにもつながっているみたい。
3回連載で、おとどけします。

t.yamai parisのプロフィール

●t.yamai paris(ティ・ヤマイ・パリ)
1995年、パリでブランドをスタート。
リュクサンブール公園近くにブティックをオープン。
2010年、東京に拠点を移す。
ベーシックを軸に甘さとモダンさをミックスした
大人の日常着を提案。
エレガンス、フェミニン、クラシカルをキーワードに
自分らしい着こなしを大切にする
女性のための服作りを続けている。

●山井孝(やまい・たかし)
文化服装学院卒業。
(株)BIGI に入社しデザイナーとして数年活動。
パリで経験を積んでみたいと渡仏。
TOKIO KUMAGAI のアトリエでアシスタントとして働いた後、
Zucca paris の企画、フランス生産等を経て
パリで自身のブランド t.yamai paris を立ち上げる。

●山井自子(やまい・よりこ)
文化服装学院卒業。
アクセサリーの企画、プレスを経た後に渡仏。
ブランド t.yamai paris をパリで立ち上げ、
パートナーとしてサポート。

t.yamai paris のウェブサイト

t.yamai paris のInstagram

その1
パリに行こう!

伊藤
山井さん、こんにちは。
素敵なアトリエですね。
もしかしたらこのコースターは、
リバティの生地? 手づくりですね。
そうなんです。端切のリサイクルです。
布のコースターって、
なかなかいい感じのものが見つからないですよね?
洋服を作ると、どうしても余りが出るんですが、
捨てるのはもったいないですし。
だから、縫製工場に捨てないでと言って
回収してくるんです。
伊藤
ご自身で縫っているんですね。
渦巻き状にミシンがかかってる。
ハイ。目が回りますけどね、クルッ、クルッって。
実験のようなことです。
裏を麻にしてみたり、
間に8枚くらい、薄い布を挟んでみたり。
数十分でできちゃいますよ。
で、洗っていくと、端がどうほつれていくのかなとか、
そういうことも実験なんです。
伊藤
とてもいいですね。
母に伝えて、作ってもらおうかな? 
そして、お願いしていた洋服もできあがって! 
ありがとうございます。
自子
こちらこそありがとうございます。
伊藤
こうしてお仕事がご一緒できることが
とても嬉しいです。
伊藤さんは、以前、
ぼくらがパリにアトリエを構えていた頃、
遊びにきてくださったことがありましたね。
まだ娘さんも小さかった頃。
伊藤
15~16年くらい前のことですよね。
最初は共通の知人の紹介で
都内にあったお店に伺ったんです。
当時、子ども服を作られてて、
それがすごくかわいくて。
その頃から、リバティの生地を使った
ワンピースも作っていらっしゃいましたよね。
自子
はい、作っていましたね。
ブランドを立ち上げたころから、
作っているんです。
伊藤
私も若かったので、
リバティの華やかな柄ものを着ていたんです。
ピンクとか。
自子
色ものとか、けっこう着てらっしゃった、
その印象があります。
伊藤
それが、年齢を重ねるにつれ、
だんだん、小花柄は自分に合わないのかな、
と思うようになってきたんです。
でも、着たいという気持ちはずっとあったので、
今回、大人が着られるリバティの服を
つくっていただけないか、相談させていただいて。
自子
ちょうど、今回のコレクションが、
大人っぽいリバティで行こう、
っていうときだったので、
わが意を得たりで、すごく嬉しかったんです。
それで僕らのコレクションと同じ柄を
提案したんです。
自子
すこし形を変えてね。
伊藤
もともと、おふたりのつくる服は、
かわいらしい感じのリバティの使い方ではなくて、
そこが好きだった理由だと思うんです。
すっかりリバティの話になってしまいましたが、
それはあとでまた話していただくとして、
「weeksdays」にご登場いただくのが初めて
ということもありますから、
山井さんたちがどんな方なのかを、
お伝えしたいと思っているんです。
そうですよね。僕は、簡単にいうと、
文化服装学院を出て。
自子
わたしも、ですけどね。
伊藤
わたしもですよ!
自子
(笑)みんな同窓なんですよね。
卒業後、僕は、「BIGI(ビギ)」の
レディースのニット部門に就職をしたんです。
そのとき、彼女は、
「CUSHKA(クシュカ)」っていう、
同じグループのアクセサリーの会社に勤務していました。
伊藤
系列会社にいらしたんですね。
自子
そうなんです。
勤務場所はまったく違うんですけれど。
ところが「BIGI」に入って2年くらいした頃、
以前から持っていた海外への憧れが強くなって。
外国に住んで、いろいろ見てみないとと
思うようになりました。
というのは、その頃、仕事柄、
映画や雑誌などで
パリやロンドンの風景をたくさん見ていたんです。
そのうちに、これって、
本当はどんな感じなんだろうな、
行って確かめたいな、と、単純にそういう感じで。
伊藤
それで、フランスに?
そうなんです。
イギリスにも興味があったんですけれど、
ファッションだったらフランスなのかなと、
そんな感じで決めました。
自子
そのざっくり感、すごいと思うんですよ(笑)。
伊藤
ほんとう(笑)!
若かったんですね、そんな感じだったんですよ。
とりあえず行こう、って。
伊藤
向こうにお仕事を探して?
とんでもない、仕事なんかないですよ、あの頃。
伊藤
え(笑)?
今だったらワーキングホリデービザがあるけれど、
僕ん時は、そんなもの、なかったんです。
長く居るためには学生ビザを取らないといけなかった。
それで学校に入りました。
フランス語もまったくわからないで
フランスに行ったんです。
自子
ひどいでしょう(笑)?
伊藤
(笑)それで、学校に?
そうです。ソルボンヌに
「文明講座」という講座があって、
誰でも受けることができるんです。
そこを受講すれば学生ビザが取れるから。
伊藤
お二人は、一緒に行かれてたんですか?
自子
わたしは1年あとから行きました。
伊藤
バブルの前ですけれど、
ファッション業界が
うんと上り調子の頃ですよね。
自子
そうでしたね。
伊藤
そんななか、海外に行くので会社を辞めます、って、
入社して2年の若者が言ったわけでしょう。
上司のかたはどんな反応だったんですか。
「絶対、行ったほうがいいよ!」って。
伊藤
あら。
いい上司でした。
伊藤
お金は、どうしたんですか。
少し貯めて行きました。
でもとうぜん足りなくなるわけで、
向こうに行ってから、伝手で、
大手アパレルの支社で
アルバイトをはじめたんです。
僕は「TOKIO KUMAGAI」の
熊谷登喜夫さんが大好きで、
その会社には登喜夫さんのブランドがあったから、
ぜひにと思って。
伊藤
学生ビザで働いてもよかったんですか。
働いていい時間が決まっていました。
僕の頃はわりと規制が緩くなっていましたが、
先輩方に聞くと、そもそもフランスで日本人が
働くことが難しい時代もあったらしいんです。
「働いていたら取り締まりが来たから、
逃げろって言われて3階から飛び降りたよ」
なんていう話を聞いた事があります。
その人は、フランスで成功し世界的に有名になった
日本人のデザイナーさんですけれど。
伊藤
そんな時代もあったんですね。
そのアルバイト先ではどんなことを
なさっていたんですか。
いろいろですね。
この会社にはたくさんのデザイナーの部署があって、
そこで生地を切ったり貼ったり。
そこから TOKIO KUMAGAI のアトリエに
入ることができました。
でも残念なことに、
登喜夫さんが亡くなってしまいました。
それで1回、日本に帰って来たんですよ。
25、26歳くらいの時だったと思います。
伊藤
自子さんはその時は?
自子
一緒に帰ってきました。
そして僕は日本の友達と
ファッションの企画やデザインをする会社をつくり、
1年半くらいかな、それを続けました。
自子
私は違うところでバイトをしていましたね。
そして、もう一度、一緒にパリに行くんです。
やっぱり、前回はあまりにも中途半端だったと。
登喜夫さんとの仕事があまりにも嬉しく、
また、亡くなったことがとても残念で、
それで帰ってきてしまったけれど、
二人でもう一度やろう、って。
そうしたら、行くぞと決めたタイミングで、
デザインの仕事をしていた
関西のカタログの会社の人たちが、
「パリに事務所ができたから、
そこにぜひ行ってみたら」と教えてくれたんです。
何かできることがあるかもしれないから、
挨拶に行って、話をしてみたら? って。
自子
パリに着き、さっそくその事務所に行ったら、
日本人が3人くらいでやってる支社でした。
彼らから、現地のいろんな情報が欲しいと。
じゃあ、僕らはそういう情報を毎月、
プレゼンするような仕事をしますよ、
ということになりました。
伊藤
情報収集! なるほど、当時は、まだ
インターネットもなかったですものね。
あ、まったく普及していなかったです。
1988年頃のことですから。
伊藤
時まさしくバブル最盛期ですね。
自子
そうですね。
それで、ファッションはもちろん、
カタログ会社だから、受け口がとても広く、
雑貨、街の様子、
情報は新しいものならなんでもいいというんです。
私たちから見たパリ、ヨーロッパの情報をくれと。
伊藤
それは、例えば、写真と文章で?
そうです、そうです。
こういう事がとか、物が流行ってるとか、
こんな店ができたとか、
レポートをするんです。
伊藤
食べ物も?
自子
食べ物はあまり多くはなかったけれど、
こんなカフェができたとか、
レストランでこんなメニューが流行っているとか、
ありましたね。
伊藤
それで、二人で生活ができるくらいは、
稼ぐことができたんですね。
ギリギリだったけれど、
2人だったからなんとかなりました。
犬もいましたけれど。
伊藤
犬も(笑)!
自子
そう、犬もいましたね(笑)。
おっきな犬でした。
ラブラドールレトリバーで。
伊藤
ずっと住む気でいたのがわかりますね(笑)。
日本に帰る気がなさそう。
自子
ほんと、ほんと。
伊藤
楽しかったでしょうね、情報を集める仕事。
きっと、今では少ない仕事ですよね、
インターネットで調べられるから。
やっぱり現地のいきた情報がほしかったんですね。
伊藤
それを、どのくらい続けられたんですか。
3年くらい、やりました。
自子
私はもっとやったかも。
彼が離れてからもやっていたから、
のべ5年ほどやらせてもらいました。
ほかにも、日本から来る方をアテンドしたり。
アクセサリーの問屋に行ったり、
大きな見本市に行って
商談をする仕事も入っていましたね。
伊藤
「こういうことに関しては、あの2人、すごくいいよ」
っていう評判がきっと立ったんでしょうね、日本でも。
そうじゃないと、頼まれないと思いますよ。
自子
いえいえ、そんなにそういう人がいなかったからですよ。
(つづきます)
2020-07-05-SUN