ゴッホの絵に心から感動した青年が、
のちに、
その絵が「贋作」と知った‥‥。
今やゴッホ研究の第一人者となった
その人、圀府寺司先生に聞きました。
贋作とは何か。
贋作を見て覚えた感動は本物なのか。
そして、その問いから浮かび上がる、
ゴッホという画家の、真の魅力とは。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>圀府寺司先生のプロフィール

圀府寺司(こうでらつかさ)

1957年、大阪府生まれ。
大阪大学文学部西洋美術史専攻卒業。
1981〜88年、アムステルダム大学美術史研究所へ留学、
文学博士を取得。
オランダ・エラスムス財団よりエラスムス研究賞を受賞。
広島大学総合科学部助教授を経て、現在、大阪大学教授。
著書に
『Vincent van Gogh, Christianity versus Nature』
(John Benjamins Publishing Company,
Amsterdam-Philadelphia)、
『ファン・ゴッホ 自然と宗教の闘争』(小学館)、
『ゴッホ 日本の夢にかけた芸術家』(角川文庫)、
『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』
(編著/大阪大学出版会)、
『「ゴッホの夢」美術館ーポスト印象主義の時代と日本ー』
(編著/小学館)、
『ユダヤ人と近代美術』(光文社新書)、
『もっと知りたい ゴッホ』(東京美術)など多数。

  • ゴッホ展は、上野の森美術館で、
    10月11日(金)から!

    ゴッホの短くも濃密な画業の移り変わりを、
    ゴッホにつよく影響を与えた
    オランダのハーグ派、
    フランスの印象派の作品も交えつつ、
    たどっていく展覧会だそうです。
    《糸杉》や《麦畑》《薔薇》など
    有名な作品もやってくるみたい。
    監修は、テンペル館長。
    ハーグ美術館からもゴッホの絵が来ます
    スヌーピーやベビースターラーメンなど、
    コラボグッズも、おもしろそう!

     

    東京展
    会期:2019年10月11日(金)
    ~2020年1月13日(月・祝)
    会場:上野の森美術館
    休館日:12月31日(火)、1月1日(水・祝)
    兵庫展
    会期:2020年1月25日(金)~3月29日(日)
    会場:兵庫県立美術館
    より詳しくは、公式サイトでご確認ください。