ゴッホの絵に心から感動した青年が、
のちに、
その絵が「贋作」と知った‥‥。
今やゴッホ研究の第一人者となった
その人、圀府寺司先生に聞きました。
贋作とは何か。
贋作を見て覚えた感動は本物なのか。
そして、その問いから浮かび上がる、
ゴッホという画家の、真の魅力とは。
担当は「ほぼ日」奥野です。

>圀府寺司先生のプロフィール

圀府寺司(こうでらつかさ)

1957年、大阪府生まれ。
大阪大学文学部西洋美術史専攻卒業。
1981〜88年、アムステルダム大学美術史研究所へ留学、
文学博士を取得。
オランダ・エラスムス財団よりエラスムス研究賞を受賞。
広島大学総合科学部助教授を経て、現在、大阪大学教授。
著書に
『Vincent van Gogh, Christianity versus Nature』
(John Benjamins Publishing Company,
Amsterdam-Philadelphia)、
『ファン・ゴッホ 自然と宗教の闘争』(小学館)、
『ゴッホ 日本の夢にかけた芸術家』(角川文庫)、
『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』
(編著/大阪大学出版会)、
『「ゴッホの夢」美術館ーポスト印象主義の時代と日本ー』
(編著/小学館)、
『ユダヤ人と近代美術』(光文社新書)、
『もっと知りたい ゴッホ』(東京美術)など多数。

前へ目次ページへ次へ

──
圀府寺先生は、
はじめて見たゴッホの絵に感動し、
その後、ゴッホ研究を志して、
いまでは
ゴッホ研究の第一人者として
活躍されていますが‥‥。
圀府寺
はい。
──
その「はじめて見たゴッホ」が、
なんと、
のちに贋作だったと判明したと。
圀府寺
そうです。
倉敷の大原美術館にある絵です。
──
その話が、すごいと思いました。
だって、のちの人生に
少なからず影響を与えた感動が、
贋作から受けたものだった。
圀府寺
ははは、そうですねえ。

──
まずは、その「いきさつ」から、
おうかがいできますでしょうか。
圀府寺
高校1年生のときに、
高階秀爾先生の書いた岩波新書
『名画を見る目』を読んで、
たいへんに感銘を受けたんです。
──
あの『ゴッホの眼』を書かれた先生。
すごくおもしろい本ですよね。
圀府寺
ねえ。それで、大学に入ったら
美術史、芸術関連の勉強をしたいと、
ずーっと、思っていたんですね。
──
なるほど、では、高校時代から、
美術館をめぐったり?
圀府寺
いや、高校は野球部だったので、
部室や合宿所で画集ばっかり見ている、
へんな高校球児でした。
──
そんな(笑)。
で、それがゴッホの画集だった?

圀府寺
具体的には覚えてないんですが、
ファン・ゴッホもあったでしょう。
チームメイトからは
「何読んでんねん!」とか言われる
環境だったので、
高校生のときは、
美術館に行くようなこともなく。
──
画集でガマンされて。
圀府寺
大学に入り、ようやく
堂々と美術館へ行けるようになり、
はじめて訪れたのが、
倉敷の大原美術館だったんです。
そして‥‥そこで、はじめて見た
「ファン・ゴッホ」が、
「アルピーユの道」という作品。
──
それがつまり、贋作だった。
圀府寺
そうです。
オットー・ヴァッカーの贋作という、
有名なフェイクだったんです。
──
人の名前ですね。
オットー・ヴァッカー‥‥さん。
圀府寺
20世紀のはじめに
何十枚もの贋作を世界にばら撒いた、
ベルリンの画商です。
ぼくが大原美術館で、
その贋作に「感動」した時点では、
すでにそれが本物でないことは
明らかになっていて、
裁判にもなっていたんですけど、
当時、日本にまでは、
くわしい情報が入ってきておらず。
──
え、じゃあ、海外では
真作でないことがわかっていたのに、
「ゴッホの絵」として‥‥。
圀府寺
ええ、飾られていたんです。
そもそもの発端は、1935年に、
バーナード・リーチという陶芸家が。

──
あ、民藝の。
圀府寺
そう、そのバーナード・リーチが
大原美術館を訪れた際に、
すばらしい場所だ、
すばらしいコレクションだと
褒めたんですが、
唯一ファン・ゴッホがないのが残念と‥‥。
──
おお。
圀府寺
おっしゃったばっかりにですね、
大原さんとしては、
こりゃファン・ゴッホを買わねばならんと。
それで、そのとき売りに出ていた、
「アルピーユの道」を。
──
真作だと信じて。
圀府寺
ただ、絵画作品の真作・贋作を
断定するのは、
実際にはとても難しいことなんです。
ですから大原美術館でも、
その絵は、感動するわたしの眼前に、
ふつうに飾られていました。
──
ゴッホの作品として。
圀府寺
そうです。
わたしは当時、大学1年生ですし、
本物だと言われたら、
疑うこともなく信用して見ました。
──
そうでしょうね。
圀府寺
そして、心の底から感動しました。

──
心の底から‥‥。
圀府寺
はい。感動したんです。
絵ハガキもちゃんと買いましたし、
美術館のとなりにある
「エル・グレコ」という喫茶店で
コーヒーを飲みながら、
ファン・ゴッホの余韻をかみしめもしました。
──
余韻まで。
圀府寺
家に帰ってからも、
うっとりカタログをながめながら、
ふたたび余韻にひたりました。
──
はー‥‥。
圀府寺
それから1カ月くらいが経ったとき、
海外の資料を読んでいたら、
たったひと月前に
心の底から感動した作品が
「贋作です」と書いてあったんです。
──
うわー。
圀府寺
申し上げたように、
当時、海外研究者のあいだでは、
それが
「オットー・ヴァッカーの贋作」
であるということは、
ほぼ常識になっていたんですね。
──
その情報が、日本には、
まだきちんと届いていなかった。
圀府寺
そうなんです。
そして、あの作品がやっかいだったのは、
当時の世界的なファン・ゴッホ研究者で
ファン・ゴッホの「総作品カタログ」を
編纂したことで有名な
ヤコプ・バールト・ド・ラ・ファイユの
鑑定書まがいの紙が、
カンヴァスの裏に貼ってあったことです。
──
鑑定書‥‥まがいの紙?
圀府寺
そこには「真作」とは書かれておらず、
ただ、
「わたしが鑑定した作品カタログの
何番にあたる絵です」
とだけしか、書いていなかったんです。
ファン・ゴッホの世界的権威のサインとともに。

──
真作か贋作の判断は、なされていない。
圀府寺
そんな紙がくっついていたら、
真作と信用して買っちゃうと思います。
ド・ラ・ファイユの権威は、
当時もかなりは揺らいではいましたが、
それでもまだ、
美術界では世界的に有名な人でした。
──
感動した作品が贋作と知って、先生は。
圀府寺
もちろんショックではありましたけど
まだ学生でしたし、
何のアクションも起こしませんでした。
その後、80年代に入ってから
日本で大きな展覧会が開催されたとき、
海外の研究者たちが、
その贋作を見に行ったんですね。
──
大原美術館へ。
圀府寺
ファン・ゴッホの作品じゃないことは、
当然わかっていました。
つまり、彼らは、
有名なオットー・ヴァッカーの贋作を、
見に行ったんです。

──
なるほど。
圀府寺
そこで、何やかやしゃべっているのを
テレビだか新聞だか忘れましたが、
そばにいたマスコミの人が聞きつけて、
騒ぎになってしまったらしいんです。
──
なんと。
圀府寺
そこで、美術館さんも展示から外して、
収蔵庫に片付けてしまわれた。
だいたい、経緯はそんな感じですね。
──
その「アルピーユの道」という絵は、
ゴッホがよく描いていた
背の高い「糸杉」のような木が2本、
立っている作品ですよね。
圀府寺
そうです。
この3枚のうちどれかが、その贋作。

圀府寺司『もっと知りたい ゴッホ』(東京美術)より圀府寺司『もっと知りたい ゴッホ』(東京美術)より

──
はい、ぼくは答えを知っていますが、
ひとつは紛れもなくゴッホの作品、
ひとつは先生が感動した贋作、
ひとつは日本の現代アーティストが
その贋作を見て
「自分がもっとゴッホ風に描いたら」
といって描いた作品ですね。
圀府寺
当時5歳の息子は当てました。
美術史の先生何人かに試してみたら、
さすがにみんな、当ててました。
──
おお。
圀府寺
さて、いったいどれが本物でしょう‏?

001
ゴッホは、むずかしくない。

私がゴッホと出会ったのは10代のころ。
アートの好きな家でもなく、
いたってふつうの中学生だったんです。
でも、はじめて出会って、
非常に「感銘を受けることができた」。
それは、おそらくゴッホが、
とてもわかりやすい画家だから、です。
モチーフ、筆使い、表現豊かな手法。
誰にでも理解できるところが、
ゴッホの魅力のひとつかなと思います。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 
1881年9-10月 
鉛筆・ペン・インク・筆・不透明水彩、簀の目紙 
23.4×31.2cm 
P. & N. デ・ブール財団 © P. & N. de Boer Foundationフィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》  1881年9-10月  鉛筆・ペン・インク・筆・不透明水彩、簀の目紙  23.4×31.2cm  P. & N. デ・ブール財団 © P. & N. de Boer Foundation

(つづきます)

2019-10-10-THU

前へ目次ページへ次へ
  • ゴッホ展は、上野の森美術館で、
    10月11日(金)から!

    ゴッホの短くも濃密な画業の移り変わりを、
    ゴッホにつよく影響を与えた
    オランダのハーグ派、
    フランスの印象派の作品も交えつつ、
    たどっていく展覧会だそうです。
    《糸杉》や《麦畑》《薔薇》など
    有名な作品もやってくるみたい。
    監修は、テンペル館長。
    ハーグ美術館からもゴッホの絵が来ます
    スヌーピーやベビースターラーメンなど、
    コラボグッズも、おもしろそう!

     

    東京展
    会期:2019年10月11日(金)
    ~2020年1月13日(月・祝)
    会場:上野の森美術館
    休館日:12月31日(火)、1月1日(水・祝)
    兵庫展
    会期:2020年1月25日(金)~3月29日(日)
    会場:兵庫県立美術館
    より詳しくは、公式サイトでご確認ください。