Slider

 

2020年3月に、渋谷パルコ8階「ほぼ日曜日」で、
演劇団体のマームとジプシーが
『CYCLE』という作品を上演します。

マームとジプシーファンのみなさんにはもちろんですが、
「演劇がはじめて」という方々にも、
ちょっと強めにこの公演をおすすめしたいと思っています。

そのおすすめの理由を感じていただくために、
インタビューを行いました。
脚本・演出の藤田貴大さんをはじめ、
マームとジプシーとコラボレーションしている方々に
ご登場いただきます。

どうして、何度も観たくなるのだろう?
友だちにすすめたくなるのは、なぜ?

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
2010年2月26日に『CYCLE』の公演中止(延期)を決めました。
くわしくはこちらのご案内をお読みください。
そうした状況ではありますが、
この公演のために行ってきたインタビューは
本番直前の空気を伝える記録として予定通り掲載します。
延期となった『CYCLE』がいつか上演されるとき、
再び今回のインタビューを読むことをたのしみにしつつ、
この注意書きを記します。(ほぼ日・山下)

>マームとジプシーとは

マームとジプシー(まーむとじぷしー)

藤田貴大が全作品の脚本と演出を務める演劇団体として2007年設立。
俳優、テクニカルスタッフともにほぼ同メンバーで活動するものの、
カンパニー化はせず作品ごとに出演者とスタッフを集め創作を行っている。
2012年よりオリジナルの演劇作品と並行して、他ジャンルの作家との共作を発表。
あらゆる形で作品を発表し、演劇界のみならず
様々なジャンルの作家や観客より高い注目を受けている。