ほぼ日にウェーブバードがやってきた!

 

ほぼにちは!
前回の「darlingのさわれるアニメーション体験」中継、
すご〜〜〜〜くたくさんの方が見てくださいました。
(ほぼ日としては記録!)
どうもありがとうございました。
するどい方はお気づきになったと思いますが、
あのときdarlingが使っていたのが、
ニンテンドーゲームキューブワイヤレスコントローラ
「ウェーブバード」
だったんですよ〜。

 

←ほら、ね。

なにげなーく使ってみたんですが
これ、ゲームをやりこめばやりこむほど、
「よさ」がどんどんわかってくるんです。
なにしろプレーヤーの動きが、自由。
『ゼルダの伝説』みたいな、主人公と自分が一体になって
どきどきはらはらわくわくしながら進めていくゲームだと、
プレーヤーの動きも、けっこう激しくなります。
すごく動き回るってわけじゃないけど、
「わっ!」と驚いてのけぞったり、
思わずバンザイしたり。
そんなときに「コードレス」であることの気持ちよさって
なにものにもかえがたい〜!
それに、不思議なことに、リンクをあやつるdarlingのテクも
上手くなっちゃったような???
(まあ、それは、気分の問題かもしれないけど)
この体験中継が終了した後、
スチャダラパーのBOSEさんとdarlingは
しみじみ「これ、つかっちゃうと、もとにはもどれないね・・・」
語っていました。

そんなウェーブバードですが、
12月5日に正式に発売となり、
すでに手に入れた方も多いと思います。
ほぼ日でも数台ゲットしましたよ〜!
『マリオパーティ4』や
『大乱闘 スマッシュブラザーズDX』なんかで
お昼休みに遊んだりしてます。
コードが散らからなくって、便利なんだな。

そんなある日のこと、
ちょうど発送隊のススムくんと、ほぼ日のうーが
『スマブラ』をやっていました。
一息ついて手を放したすきにわたくし(シェフ)、
こっそりウェーブバードの位置を
とりかえっこしてみました。

そしていざ次の戦いに・・・
となったとき、彼ら、あわてるあわてる。
そりゃそうだ、自分の操作してるキャラクターが
自分の選んだものじゃないんだからねー。
「あれれれれ? おれ、ネスじゃなかったっけ?」
「あれ? 動かない‥‥? リンクが?」
など、混乱しているようす。くっくっく。
もちろん怒られましたが、これ、何人かで遊ぶときには
わざとやったら、おもしろいんじゃないかなあ?

つまり、ふつう、自分が好きなキャラを自分で使うわけだけど、
いっかい選んで、ウェーブバードをかくしちゃって、
ばらばらにして選び直すってわけ。
「せーの」で始めたとき、
自分が誰だかわからなくなる面白さがあるでしょ?

「だったらさあ、真剣にプレイしている人のウェーブバードと
 同じ番号を設定したら、
 操作が横取りできるんじゃないの?
 それを“邪魔していい権利”みたいにしてさ、
 2対2のゲームの時に、うしろに1人ずつついて、
 相手の操作を邪魔する、ていうこととか、
 できないかな?」

と、ススムくん。
やってみましょうやってみましょう。
ええと、番号を同じにして、っと。
あれ? 操作が止まる。
「ほかの人が操作する」ことはできないみたいだけど、
動きづらくなっちゃうみたいです。
干渉しあってるみたいなかんじ。つまり、
同じチャンネルの人がいると、
最初に始めた人の操作を乗っ取ることはないけど、
途中で操作を止めることができる
みたいです。
レースゲームなんかで、使えるかもね?

みなさんも、「こんな使い方もあるよ〜」というのが
ありましたら、ぜひ、ご報告くださいね〜。

では、今日も「モニターレポート」掲載していきますよ!


レポート#011 トギーさん
【もう戻れないかも


■遊んでみたゲームソフト名
スターフォックスアドベンチャー
ピクミン
■ウェーブバードを使ってみての感想
まず驚いたのは、軽いって事。
今までだと、コードの重みのせいなのか、
なんか引っ張られてる感じがしてました。
ゲームキューブと綱引き状態って感じでしょうか?
それが、当たり前ですが、全くない。
あまりに無さ過ぎて、逆に違和感を覚えるぐらい、
軽く感じました。(笑)

さらに、手とのフィット感がいい!
コード付きのコントローラでも、
フィット感はよかったんだけど、
さらにGOOD!
ゲームキューブに対しての、すわる角度・持つ角度が
自由になったから、そう感じるんだと思います。

あと、座っている場所から、直接ゲームキューブ本体が
見えないんだけど、それでもお構いなしでプレイできてます。
テレビやビデオのリモコンみたいに、
操作の時に気を使わなくてもOKなのはかなり快適です。

正直、こんなに便利で快適で良いとは思いませんでした。
なんか、全てから解放された気分です。(笑)
もう、コード付きには戻れないかも?

コード付きのほうは、友達用にして、
自分は快適なウェーブバードってのが、
いいんじゃないかな〜!?
トギーさんはブーメランの人ですよね。
投げないでね、ウェーブバードはね。

レポート#012 Mizunagi Ryoさん
【ガラス戸が閉められる!


■遊んでみたゲームソフト名
スーパーマリオサンシャイン
■ウェーブバードを使ってみての感想
☆ "Q"への取り付け
早速ウェーブバードをGCに取り付けました。
我が家のGCはPanasonic製の"Q"です。
ワイヤレスレシーバーの接続プラグ面が、
任天堂製GCに合わせて微妙に反っている(Qは平面)ので、
ちゃんと奥まで接続できるのかとか、
縦長の受信部がトレイとぶつかったりしないか、
などと心配していましたが、どちらも杞憂だったようです。
(↓一応参考までに…)
プラグ面
受信部
☆ 遊んでみました
スーパーマリオサンシャインをプレイしました。
やはり一体感が違いますね。走り回るマリオに合わせて、
立って椅子に足をかけながらプレイしてみたりしましたが、
操作もミスせず気持ち良いです。
通常のコントローラと操作感の違いはありません。
ワイヤレスにありがちな送受信の遅延も無く、
アクションの命であるレスポンスも安定しています。
振動機能が無いので、人によっては物足りないと
思われるかもしれませんが、
元々オフにしてプレイする派のワタクシは気にしません。
重量も通常のコントローラとさほど変わらず、
むしろ腕が固定されないぶん、体感的には軽く感じます。
☆感想
本体とコントローラを繋ぐ線が無いというのは、
物理的な面で大きなメリットでした。
我が家の"Q"は性質上、TV下のラックに納めてありまして、
ゲームで遊ぶときはコントローラを接続するために、
ラックのガラス戸を開けっ放しにしなければ
ならないのですが、これがワイヤレスになったことで、
閉めたままでもOKになりました。
見た目もすっきりして気分的にも解放感高いです。
他にも、多人数対戦の時には必ず本体の周辺2m以内に
いなければならない、という制約から解放されることが
期待できます。2m以内って結構肘がぶつかったりして、
詰まるんですよね。
ともかく…良いですね。とても良いです。
発表時から目を付けていたワタクシの期待に
見事応えてくれた…という感じですね。

わあ、こまかなレポートありがとうございます!
「インテリア的によい!」という意見、
わかりますわかります。
ほぼ日は「そのへんに、ごろんと」おいてあるような
状態ですけど、それでもコードがないっていうのはいい!
多人数になればなるほど、
狭い中に大勢いなくてすむというのも納得です!

レポート#013 オーレンさん
【シルバーに合うよ〜!


■遊んでみたゲームソフト名
スーパーマリオサンシャイン
■ウェーブバードを使ってみての感想
ゲーム機が溢れているイトコの所から誘拐してきたまま、
ずっと借りっぱなしのGCユーザー(ソフトは自分のもの)
という立場から卒業すべく、
このたび新しく出たシルバーのゲームキューブを
手に入れました。

「ウェーブバード」を装着すると…ま
るであつらえたようです。
す、素敵…!!
それはともかく、使用の感想を…。

手に持ってみて…思ったよりも凄く軽かったです!
64コントローラに振動パックが付いたような重さを
想像していたので驚きました。

それに通信機能もほんとうにバッチリですね!
普通のコントローラと同じように操作出来て
無線だということを忘れるくらいですよ!

私も妹もアクションものをプレイする時、
画面のキャラと一緒に体が動いてしまうタチで
マリオの際どいジャンプアクションのときなど
コントローラを持つ手が
マリオが飛ぶ方向へ大きく動いてしまいます。

視力はこれ以上悪くしたくないものですから
ゲームをするときテレビから少し離れて座るのですが
キューブは「テレビ台」の棚が所定の位置。
ですからコントローラはいつも
コードが「ビーーン」となるわけです…。

「ウェーブバード」は素晴らしい!!
あの「ビーーン」がありません!

妹と二人で、立ち上がって腕を伸ばして
高い位置からボタンを押したり、
寝ころんで逆さまになってみたり、
いろんな姿勢でマリオを操作してみました。
受信距離もほんとうに広いですね!
少しくらいおかしな方を向いていても
ちゃんと信号を拾ってくれるのですね!

あとゲーム中の悩みだった
コントローラコードの「ゴールイン」

ゲームは居間のテレビでやることが多く、
そのテレビの横には父の棚が。
父には良く、コントローラのコードに
「ゴールイン!」されます(←わざと)
小さなイトコが遊びに来たときには
イトコ君にも「ゴールイン」されていました。
けれど「ウェーブバード」ならもう安心!

これで私も妹も、心おきなく色んな姿勢で
オーバーアクションもしつつ
ゲームが出来るというわけです(^-^)

点数を付けるなら100点満点で180点!!
満点を大幅に越えています!
贅沢な事を一つ、言わせていただくと…
これで振動機能もついていたら…

ともかく、私も妹も
大満足、大興奮の「ウェーブバード」!
この素晴らしさを
さっそく周りのキューブユーザーに
自慢しつつ広めます!!

ありがとうございました!

なるほど、シルバーには、合うだろうなあ。

こうなるんだもんなあ。
ところで「ゴールイン」笑いました!
そうなんですよねえ、それって悩みですよねえ。
でもだからって、前横切られると、
困っちゃうんですけどね。

レポート#014 タップさん
【点灯点灯点灯!


■遊んでみたゲームソフト名
スーパーマリオサンシャイン
裏ゼルダ
■ウェーブバードを使ってみての感想
早速、使ってみましたウェーブバード。
ワイヤレスだけあって電池分の重みが懸念されましたが
ストレスをあまり感じない重量です。これなら長時間の
プレイにも耐えられそうです。
で、実際にゲームをやってみました。
あれですね、あの、キューブにくっつけたレシーバー。
あのレシーバーのランプって、ウェーブバードから
何らかの操作をすると、それとシンクロして
点灯するようになってるんですね。

アナログスティックを、ほんのすこぉーし倒しても点灯
テレビから少し離れて、ほんのすこぉーし倒しても点灯
物陰にひっそり隠れて、ほんのすこぉーし倒しても点灯
いやいや別の部屋から、ほんのすこぉーし倒しても点灯

といったように、点灯しすぎで、びっくりです。
点灯させたいのか、ゲームをしたいのか
この時点でわからなくなってしまうぐらいの
レスポンスの良さに大満足です。
といっても、画面上ではマリオが
ほんのすこぉーし歩いているだけなんですが・・・・。

なわけで、ウェーブバードはもはや、
我が愛機として君臨しております。
最後に、チャンネルが16個用意されてるのも
任天堂らしくて好きです。
どうもありがとうございました。

そそそそそ!
ほんとに、 敏感に点灯してくれるよねえ!
けっこううれしいもんです。
そして「16チャンネル」についても
ほぼ日でも驚きました。
これなら、たとえば敏感すぎて
隣の家まで届いちゃったとしても
(あるのかね、あるかも??)
チャンネルが違えば
だいじょうぶですもんね。

というあたりで、今日はおしまい。
まだまだあるレポート、まだまだ紹介しますよ!
お楽しみにね〜!
「買ったよ〜」というご報告もおまちしてまーす。

2002-12-12-THU