ほぼ日にウェーブバードがやってきた!

 
こんにちは、樹の上の秘密基地です。
ほぼ日にやってきた
「ニンテンドーゲームキューブ ワイヤレスコントローラ
 ウェーブバード」。


さっそくほぼ日で体験してみました!

参加したのは、柳澤超くん(ススムくん)をはじめとする
「ほぼ日発送隊」でもおなじみのめんめん。
そしてdarlingです。

まずは、コントローラをセット、セット。
単三乾電池2本を入れるのですな。
編集部にあったアルカリ乾電池を入れます。
すごいな、これで100時間、もつんだって〜!



これでスイッチをオン・・・したけど、
あれ? うんともすんとも、いわないよー。



「ああ、そうか、ウェーブバードから送信するわけだよね。
 ということは受信する装置がないといけないわけだ。
 えーと(がさがさ)あった! これじゃない?」

そうでした。受信のための「レシーバー」というのがあって
これを、ゲームキューブ本体に、差し込むんでした。
かちゃり。



「・・・まだ、動かないよ??」

ちょっと待って。説明書を読みましょう。
あ、なるほど。
ウェーブバードには、本体とレシーバーにそれぞれ
「チャンネルスイッチ」というのがあって、
本体のスイッチ番号と、レシーバーのスイッチ番号を
合わせておかなくちゃいけないんだって。
というわけで、合わせました。つながりました!!

「おお、ほんとに、ワイヤレスだ〜!」
と喜ぶススムくん。
「いいよ、これ。いままで、コードがついているのが
 あたりまえだったわけだけど、
 そのコードが、姿勢を固定させてたってわかるよ。
 これなら、ゲームしすぎて肩凝り、ってことが
 なくなるかもよ!?!?」

 
どれどれ、貸してごらんなさい。とdarling。
「そんなに、ちがうの〜?」
と、『スターフォックスアドベンチャー』を始めました。



「あれ? 軽いじゃん」

コントローラの使い心地はどうです?



「あ・あ・あ、これは、いいね〜!
 自由だね〜〜!
 てことは、こーんなポーズでも、いいわけだな。ほら」
と、ソファにごろり。



「こーんなポーズでも?」



そんなポーズでゲームをする人はいません。

「ま、そりゃそうだ・・・
 でもこれ、ワイヤレスになったことで、
 ほんとうに自由になったね〜!
 何メートルくらい離れてもいいの?」

ええと、説明書には6メートル程度って書いてありますよ。

「じゃあ、ちょっと離れてみるよ。
 (すたすた)これでどうだろ?」



どうですか?

「・・・・・」

イトイさーん。どうですかーっ?
画面は動いてますよ。
ちゃんと作動してると思いますが?

「遠くに来すぎて画面が見えないよ・・・」

それじゃ意味がないです!
もちょっと近くにどうぞ。
(すたすた)





「そうだねー、これくらいだと、いいね。
 ようするに、ゲーム中に興奮して
 椅子やソファから立ち上がったり、
 仰向けにでんぐりがえったりしても
 ぜっんぜん大丈夫
、ってことだね〜!
 ふだんのゲームしている感覚とは
 やっぱり違うね。いいね」
 
続いてはススムくん。
家では、どんなふうにゲームしてますか?
まずはふつうのコントローラで。



「こんなふうにソファに横になって、
 でも手だけゲーム画面の方に向けてるってかんじかな?」

では、ウェーブバードに換えてみてください。



「あ! 手がらくだ! 肩もらくだね〜!」



「ほら、うーさん、やってみなよ」
と、ぽんと手渡すススムくん。



「おおお! すごい! らくちん!
 ていうか、これ、操作しやすさもいいけど、
 いま、僕に、ほらって渡したでしょう?
そうそう、ススムくんが、うーさんに、
「ほら」って軽く手渡ししましたよ。
「ふつうなら、そのときに、コードがなにかに
 引っ掛かったり、するじゃないですか!
 でも、ウェーブバードだったら、大丈夫なんだね〜!」
そーか。これが、2人以上で遊ぼうってときなんかは、
もっとこんがらがりますよね。
コントローラ、友達と遊ぶために買い足す予定だったら
これって、かなりいいんじゃないかな!!

「あと、いまは、スターフォックスをやってるけど
 たとえば『マリオパーティ4』なんかの
 みんなで競争するタイプのゲームなんかは
 とくに、ぴったりだよねー」

「『バイオハザード0』だったら、じりじり後ずさりして
 怖いシーンで逃げられるよ」

「逃げちゃ、だめじゃん!(笑)」

「ゼルダは?」

「そりゃ、熱中するに決まってるから、
 ソファにゆっくり座ってだね、
 テレビとのあいだをちゃんと開けて、
 じっくりプレイするさ〜〜!」

そうかそうか。いいことばっかりじゃないかー。

「これ。家に持って帰っていい?」

とdarling。
あ、だめなんす、これ、特別に1個借りたやつなんです。

「もっとこのコントローラで遊びたいな。
 みんなだってそうだろ?」

うん、ほしいほしい。

「これさ、じっさいにやってもらうと、
 そのよさが、もっと伝わるんだけどなあ〜〜」

じゃあ、もうちょっと貸して下さいって
任天堂さんに頼んでみましょうか。

「それならいっそ、ほぼ日読者にも
 借りれたら・・・よくないか?
 なるたけいっぱい

うわ、そらできっこないですよー。

するとdarling、

「俺、言ってみようか」

「あっ、言いましたね?
 じゃあ、社長からお願いして下さいよ! 絶対!」

「うっ・・・都合のいいときだけ社長て言うなよ〜!」

というわけで、なんとdarlingが交渉役に!!

その結果は・・・次回、お伝えしまーす!
2002-11-20-WED