HOBONICHI

つきのみせ。2021 私たちのほしい、心地いいもの。

私たちのほしい「心地いいもの」は何か。
もっと突きつめて考えたときに、
心も身体も手軽に、気分よく過ごせる
アイテムがほしいと思いました。
10月に販売するのは、別注できれいな色に
染めてもらったma.to.waのシルクの下着、
長くきれいに保管するためのオーガニックの防虫剤、
毎日に取り入れて身体を整える発酵エキス、
3つのアイテムがつきのみせに並びます。
虫に食われやすいシルク。
ma.to.waさんとつくった
素敵なシルクのアイテムを、
長く、大切に愛用してもらいたいものですが、
保管方法に悩んでいました。
そんな時、ma.to.waを手がける惠谷さんに
「いいオーガニックの防虫剤がありますよ」と
教えてもらったのが、アース製薬さんが手がける
「natuvo(ナチューヴォ)」です。

虫ケア商品の開発に強い、アース製薬さんの
技術力を活かして作られた、
日本で初めてのオーガニックの防虫剤。
オーガニック防虫成分100%で、
しっかり防虫・消臭ができるアイテムです。
厳しいオーガニックの認証基準が設けられた
エコサート認証も受けています。
開発にまつわるエピソードを、
アース製薬の三好さんにうかがいました。
ほぼ日
シルクのアイテムを保管するときに、
防虫剤は必須じゃないですか。
いろいろなものを試してきたのですが、
独特のツンとする匂いや
成分が気になっていました。
いいものがないか探していたときに、
惠谷さんから送られてきたma.to.waのサンプルの箱を
開けたら、ふわーっとミントのいい香りがしたんです。
それで、思わず惠谷さんに問い合わせてしまい、
natuvoさんを教えてもらいました。
せっかくなら、つきのみせのシルクのアイテムも長く、
大事に着てもらいたいので、
一緒にご紹介しようとなりました。
三好
ありがとうございます。
ほぼ日
この商品が生まれたきっかけを教えていただけますか。
三好
そうですね‥‥みんなで頑張りました(笑)。
私は、新しいアイテムを開発する部署にいまして、
防虫剤もその中の一つにありました。
うちでいうと、ピレパラアースや防虫力といった
ブランドが定番で、
天然由来成分を配合しているものもありましたけれど、
100%オーガニックではなかったんです。

アース製薬は化学成分を有効活用した
アイテムをたくさんつくっているけれど、
基盤には高い研究開発力があります。
そこで市場で求められているものがナチュラルなものに
変化している中で、
「研究開発力」を活かして、
オーガニックを追求した防虫剤をつくることができたら、
わが社のイメージも変わると思いました。

ケミカルに特化したメーカーだからこそ、
ケミカルで得られる効果の基準をよく理解しています。
だからこそ、ケミカルに相対するような
オーガニックを作れるんじゃないか、
それが実現できたら喜んでもらえるんじゃないか、
というのが私たちの考えです。
ほぼ日
つまり、ケミカルと同じくらいの効果が出るまで
処方を考え続けられたのでしょうか?
三好
ケミカルとオーガニックでは
薬剤の拡散方法や持続時間が違うので、
全く同じということは言えません。
ですが、「防虫ができている」と実感するレベルは
防虫剤を作り慣れている私たちの水準に合わせて
作っているので、信頼してもらいたいです。

まずは、「オーガニックの防虫剤をつくる」という
チャレンジを試みようとしたのですが、
上層部を説得するだけで2年もかかってしまいまして。
ほぼ日
挑戦を始めるのに、2年も。
今までやっていらっしゃらなかったことを
新しく始めるのは、大変なんですね。
三好
そうですね。
オーガニックのものとしては
これまで全く経験がないことですし、
防虫剤の市場にもなかったので
参考にすることもできない。
研究も、資材メーカーの手配も、
これまでの治験を活かしながらですが
いろんなことがほぼゼロベースです。
ほぼ日
オーガニックの防虫剤はないんですか。
三好
認証を取得しているものは、
ないと思います。
海外ではハーブを袋詰めにしたものなどありますが、
日本の場合は効果に対するお客様の意識が高いので。

ナチュラルっぽいものは、
簡単に実現できるんですけどね。
オーガニックの厳しい基準の一つである、
エコサート認証を取得した
オーガニック100%の防虫剤じゃないと
私たちは意味がないと思っていました。

開発に動き出せることになって、
オーガニック75%を商品化するまで
約2年かかりました。
しかし、動き出すまでに数多く研究を行っていたので
そこを含めるともっと長期になりますね。
75%を世に出して2年後に、
念願のオーガニック100%ができました。
ほぼ日
「エコサート認証」を取得することは、
最初から目標にされていたんですね。
三好
はい。そこは化け学の会社らしいといいますか、
自信を持って、オーガニックと言いたいですから、
「オーガニックの指標」がほしいと思いました。
だけど、なかなか徹底的に管理されている、
信頼できる基準が見つからなかったんです。

食品だと、ある程度信頼できる
オーガニック基準があるのですが、
雑貨、しかも防虫剤というカテゴリーになると
第三者の基準がないんです。
よく悪くも、自社基準になるんですよね。
それですと、オーガニックアイテムがほしい方の
基準に合っていない可能性もありますし、
誠実なものづくりではないと思いました。
それで、初めからエコサート認証を目指して
研究チームにあれこれわがままを伝えたと思います。
ほぼ日
研究開発部門の方々とも、
二人三脚で開発してこられたんですね。
三好
研究者だって人間だから、
私たちのやりたいことに
「やってみたい!」と興味を持ってくれて
同じ方向を向いて
一緒に仕事をしたほうがいいですよね。
開発まで時間がかかるでしょうし、
もしかしたら販売が叶わないかもしれない。
研究チームも試行錯誤しながら、
一緒に頑張ってくれました。
なんせ、エコサート認証をとるのが大変で、
そこは担当者が本当に頑張ってくれました。
ほぼ日
認証を取るのは大変だったんですね。
三好
はい、社内でエコサート認証の取得経験が
ある者がいなかったので、
ゼロから勉強し、エコサート認証はどういいのか、
なぜオーガニックの防虫剤が必要なのか、
一生懸命考えながらやっていたそうです。

認証を取得する場合、
使用する素材もすべて
エコサートが認めているものでないといけません。
たとえば商品の使用期限を担保するための酸化剤なども、
オーガニックでなければいけない。
世の中に出回っていないものが多いので、
コストが上がっていくんですよね。
値段が高いと売れない、という懸念もありましたが、
あくまでも「オーガニック100%」を
目指してよかったなと思います。
ほぼ日
他に、ご苦労された点はありましたか。
三好
この商品は「衣類ケア」と謳っているのですが、
つまり、防虫も、消臭もしてくれるアイテムなんです。
最初に、ふわっといい香りがした、と
おっしゃってくださいましたけど、
研究チームは、この匂いを開発するのが
とても大変だったそうです。
ほぼ日
ブレンドされている天然精油は
スペアミント、レモングラス、
ゼラニウム、ラベンダー(ラバンジン)の4種類。
丸みのあるやさしいミントの香りが
気持ちいいと思いました。
三好
天然成分は効き目がやさしいぶん、
一種類のみですと期待する効果が得られません。
防虫効果が得られる最適解を見つけるまで、
研究チームは何度も実験を繰り返してくれました。
また、すごく効いたとしても
匂いがキツかったら使わないと思うんですよね。
お気に入りの大事なお洋服の場面で
使用いただくものだと思うので、
心地のいい香りの精油のバランスは
ものすごく難しいことです。
ほぼ日
精油の種類は数多あるので、
絞っていくのが難しそうです。
三好
そうですね。
いい香りだったとしても、
防虫効果が6ヶ月は続いてほしい。
防虫効果、使用感、香りの検討を重ね
今のものに落ち着きました。
はっきりと香るわけではないので、
香水を吹きかけたときの最後の残り香のような
やさしい香りをイメージいただけたらと思います。
ほぼ日
消臭については、
どんな効果なんでしょうか。
三好
洋服を閉まっているとにおいがこもってしまって、
独特の保管時のイヤなニオイが出てきます。
それを、抑える効果があります。

ケミカルのいいところは、効果効能です。
比べると、オーガニックはどうしたって
敵わないと思います。
しかし、オーガニックを求めている人はいるし、
効き目も香りも「これなら出せる」と
私たちが自信を持てるレベルに
できたと思います。
精油も、無農薬栽培されたものですしね。
産地でも香りが全然違うので、
その中から最適な香りを生み出すのも、
研究チームにとって相当な苦労だったと思います。
ほぼ日
最後に、防虫剤の正しい使い方を
お伺いしても良いでしょうか?
三好
コートなど大物の衣類は、
着用後にブラッシングすることをおすすめします。
外から害虫の卵を持って帰ってくる可能性もあるので、
ブラッシングは大切ですね。

お洋服をケースに収納する際は、
服をぎゅうぎゅうにつめない方が良いです。
空間を持たせるようにゆったりさせることで
有効成分がしっかりと行きわたります。
上に防虫剤を置いてくださると効果も発揮されます。
衣替えで棚にしまわれる際も、同じです。
ほぼ日
交換するタイミングはいかがですか?
三好
厳密に規定するのが難しいのですが、
香りがなくなってきたら交換いただけたらと思います。
開け閉めが頻繁だと、
密閉時に比べ効果がなくなるのが早いので。
ほぼ日
個人的に、他にはどのように保管のケアをされていますか?
三好
クローゼットは風通しをよくするために
洋服の数を減らしたり、
クローゼットを時々開けるようにしています。
ほぼ日
なるほど、勉強になりました。
商品開発に対して信念を持って取り組まれていて、
natuvoへの情熱や思いを感じました。
三好
うれしいですね、
ありがとうございます。
いろんな方にご愛用いただけたらうれしいです。
(アース製薬・三好さん、ありがとうございました。)
エコサート認証とは?
natuvoが取得しているエコサート
ホームフレグレランス認証とは
どのような認証なのか、
エコサートジャパンの青島さんと芦川さんに
お話を伺いました。

「エコサートは、フランスに本部がある
国際有機認証機関です。1991年に設立。
農産物をはじめ、加工食品や畜産物、
化粧品、繊維、ホーム&フレグランスなど
さまざまなオーガニック認証を提供しています。
認証件数は世界トップクラスで、
厳しい審査基準のもと認証を提供するため
多くの信頼を得ております。
国際的な有名企業も名を連ねており、
つきのみせで扱うピュビケア
認証をうけているアイテムがあります。

エコサートが扱う認証には、
世界的に扱われる化粧品のCOSMOS認証などの
パブリック認証とキャンドル&ホームフレグランスなどの
エコサート独自のプライベート認証があります。
オーガニック栽培の原料を使用するなど、
いずれも環境に負荷をかけないという基準に特化して、
サステナブルな製品づくりを目指しています。

キャンドル&ホームフレグランスの認証は2種類あり、
natuvoが取得しているのは「Organic」。
2種のうち、より厳しい基準になります。

まず、すべての原料が天然由来であること。
アルコールを除く植物原料の95%以上が
オーガニックであり、
アルコールもオーガニックに限られます。
有機認証を取得した畑で栽培された
オーガニック原料の使用が推奨され、
出来る限り化学的な工程を避けて製造されます。
オーガニック原料は全て認証を取得しており、
使用できるパッケージはリサイクルできる素材など
環境にやさしいものに限ります。

審査も厳しく、すべての原料、製造工程、処方、
品質管理や環境に対する配慮など、
すべての審査をクリアしなければいけません。
製造の現場も訪れて、
一つ一つ丁寧にチェックしていきます。

日本で、ホームフレグランス認証を取得している
アイテムは数種類しかありません。
しかし、日々密接に使うものなので
オーガニックかどうか、を製品選択の
ひとつの基準として考えても良いかもしれません。

「世の中にサステナブルな製品が広まっていくことは
地球環境の改善や、
より良い未来につながっていくと思うので、
オーガニックアイテムがもっと世の中に
浸透してもらえたらいいですね。」

エコサートについてくわしくはこちらもご覧ください。
https://www.ecocert.com/en/home
https://www.ecocert.co.jp/
natuvo organic100
10.13 (WED) ON SALE
クローゼット用(3コ入)
¥2,178(税込み・配送手数料別)
引き出し・衣装ケース用
(12コ入)
¥2,178(税込み・配送手数料別)