「畑deしぼり」を作ってくださっている
ベルファームさんのジュースは、
フレッシュで、透き通っていて、
おいしいのが特徴です。
どうしてこんなにきれいな色なんだろう。
すーっと飲めるのは、なんでだろう。
そしてなぜ、ペットボトルや瓶ではなく、
「冷凍パック」なんだろう。
いろんな疑問を、社長の鈴木さんと、
工場長の永島さんにうかがってきました。

第1回 安心できる「飲む野菜」を届けたい。
2021-03-30-TUE
第2回 しぼる機械も手作りなんです。
2021-03-31-WED
第3回 100歳になっても元気で働ける場所。
2021-04-01-THU

第3回
100歳になっても
元気で働ける場所。

――
ベルファームさんのジュースは、
少し小さめの100g、
つまり100ml前後ですけど、
このサイズにした理由はあるんですか。
鈴木
本当に初期のころは冷凍にしていなかったので、
青汁を500mlのペットボトルに入れて販売していたんです。
200mlを瓶詰めしていた時期もありました。
ある日「こんなに飲めない」と言うお客さまがいて、
半分飲んで、残りを置いておいたそうなんです。
「2~3日置いたら味が変わって、
飲めないから捨てちゃったよ」と言われて。
それじゃあもったいないし、ロスも出てしまうし、
ということで、ちょっと少なめの100mlくらいにした、
というのがきっかけです。
写真
――
なるほど。
永島
もうひとつの理由としては、
食べることの楽しみというのは、
歳とともに大きくなっていくものです。
高齢の方はとくに、全体に食べられる量が
少なくなっていきます。
1回1回の食事が大切なのに、一気に200mlを
飲んでしまうと、それでお腹いっぱいになってしまって、
食べたいもの、飲みたいものが楽しめなくなってしまう、
という声があったんです。
それなら、最初から少なめの量にして、
無理なく楽しく続けていただけたらいいなと。
一方で、ご病気をされている方などで、
にんじんジュースをたくさん飲みたい、ということで、
何袋も飲まれる方もいらっしゃいますね。
人それぞれ、用途に合わせて飲んでいただいてます。
鈴木
うちのスタッフで、美容のために、
1日3袋飲んでる女性もいますよ。
それから、お客さまのなかには、
原料の1つとして上手にジュースを使っている方も
いらっしゃって、ときどき教えてくださるんです。
野菜ジュースにりんごや豆乳を入れて
アレンジしているそうです。
――
ああ、まさにベルファームさんのインスタグラムに、
にんじんジュースに、バナナとヨーグルトを入れた
自家製スムージーのご紹介がありましたね。
写真
ベルファームさんの公式インスタグラムより。
ベルファームさんのにんじんジュースに
バナナ、ヨーグルトを入れて混ぜたスムージー。
鈴木
まさにそういうことです。
お客さまがおっしゃるには、
わざわざケールやにんじんといった
生野菜を買いに行って、
洗ったり切ったりしてジュースにするより、
そのまま使えるので楽なんだそうです。
農薬不使用で添加物が入っていないので、
安心できる原料の1つが
常に冷凍庫に入っているような感じみたいです。
それを使って自分好みに味を作りたいんだ、って
おっしゃってました。
――
それはいいですね。
「アレンジしておいしく飲みたい」
というお客さまもいる一方で、
これは農場長が以前おっしゃってたんですけど、
青汁を飲み続けていると、
普通の飲みやすさでは満足できなくなって、
もっともっと苦いものを求めていく
お客さまもいらっしゃる、と。
鈴木
(笑)
永島
たしかに、そうなんですよ。
――
そのほうが体にズシンと
しみわたる感じがするんでしょうか。
鈴木
そういうご意見も多いです。
最初は、青汁が飲みにくいので、
青汁とシークワーサーを組み合わせたものを
飲まれている方も、そのうち慣れてきちゃうと、
ちょっと甘すぎるかな、という感じで、
最終的にはノーマルなタイプの青汁に落ち着いて、
継続される、というケースが多いです。
――
今、お客さまの話をうかがいましたけど、
この場所はジューススタンドも併設されてますよね。
直接買いに来られたりする方も
いらっしゃいますか。
鈴木
ええ、地元の方以外にも、
東京からも来てくださいますし、
埼玉、千葉からも、
ネットで場所を調べて来てくださったり。
写真
――
(そばに置かれていたお客さまノートを拝見しながら)
ああ‥‥いいですね。
お子さんの描いた絵の下に、感想が。
「白桃、めっさ旨いです」
「素材そのままの味がたまらなく旨いです」って。
フルーツもおいしいんですよね。
写真
鈴木
うれしいですね。
ご家族で来られる方、多いんです。
写真
――
ほかに、お客さまからは
どんな感想が届けられていますか。
鈴木
体調面で悩んでいた方で、
いまでは365日、
このジュースが欠かせなくなってしまったんです、
とおっしゃる方がいました。
「旅行先でも飲まないといられないから、
わざわざ小さなクールボックスを買って、
旅先にも持って行って飲んでます」って。
写真
――
へええ、旅先にクーラーボックス!
毎日欠かさず飲んでくださっているんですね。
鈴木
はい。私たちもびっくりしているんですけど、
20年、30年と定期購入で継続して
飲んでくださっている方は、
定期便をストップしてほしいとか、
届く日をずらしてほしいというお電話が
ほとんどないんです。
永島
私は工場長をさせていただいてるんですけど、
ここの工場で働くパートさんたち、
みなさんいきいきしてるんですよね。
で、ベルファームで働くようになって、
こうなったんだ、って言ってくれるんです。
工場でケールを搾るときに、
必ずみんなで試飲するんですけど、
あの‥‥みなさん、かなり多く飲むんですよ。
一同
(笑)
――
「試飲」なのに(笑)。
永島
ええ。でも、
「もう、どんどん、飲んでください」と私も言ってます。
私の役目は、そういう先輩たちに
元気で働いてもらうことなんです。
最年長は78歳の方で、いまも現役で働いてくださってます。
写真
鈴木
最近引退されましたけど、
81歳の方もいましたね。
永島
そう。現場で第一線で働いてくださいました。
――
へぇぇ。
永島
私が真剣に思っているのは、
80、90、100歳になっても、うちの工場で
いきいきと元気に
楽しく働けるような環境にしたいんです。
――
わぁ‥‥そういう職場環境って、
なかなかないですよね。
永島
そのためにも、
先輩たちが苦手な重すぎるものは
若いスタッフに任せたり、
細かい部分は文字ではなく、
色で見分けられるようにしたり。
先輩たちの経験と若い人たちのパワーの
相乗効果で、新たな取り組みをしていきたいです。
それは、これからの日本でも必要なことだと思います。
ーー
今後、どんなジュースを作っていきたい、
という目標はありますか?
永島
これはまだ先の話ですけど、
今後は、これまでは取り除いていた
不溶性の食物繊維も入れた、
新たなジュースを作ろうという考えがあります。
腸内環境を整えることって、
まさに研究が進んでいる分野ですし、
「低速すり搾り」のさらっとした食感を活かした上で、
繊維質も栄養も両方スムーズに取れるような形の
ハイブリットな商品も作っていきたいなと。
――
食物繊維が入ったうえで、口当たりの良いもの。
いまのジュースも充分においしいのに、
ここからさらに進化していく、
というのも楽しみですね。
今日はどうもありがとうございました!

(おわります)
2021-04-01-THU

15袋入り発売記念「畑deしぼり」春の送料無料キャンペーン!