惠谷太香子(えたに・たかこ)さんは、
知るひとぞ知る、下着のつくり手です。
小さな、でもたしかなものをつくる
ご自身のブランド(オートクチュール!)のほかに、
繊維の専門商社や、大手アパレルメーカーの研究所、
またはブランドなどと組んで、
「世の中にない肌着」を考え、うみだしていくのが仕事。
あのファストファッションの肌着部門を立ち上げたり、
とある有名なホテルのファブリックをすべて考えたり、
さらにフランスや香港にもエージェントがあって、
ファッションの世界をうごかすような
仕事もしているらしい‥‥。
そんな「大御所」の太香子さんなのですが、
素顔は、あかるく、たのしい人。
そして(あたりまえですけれど)
下着のことは何でも知っている人です。
そんな、パワフルで魅力あふれる太香子さんに、
伊藤まさこさんがインタビューをしました。
太香子さんのこと、下着のこと、教えてください!

惠谷太香子さんのプロフィール

惠谷太香子 えたに・たかこ

女子美術短期大学卒業後、
ブライダルファッションデザイナーの
桂由美さんに師事。
その後フランス・パリのオペラ座衣裳室に勤務、
帰国後、肌着・下着デザイナーとして独立しました。
キャリアを通して身に付けた
徹底した立体裁断の高い技術をいかし、
2003年には、大手ファストファッションメーカーの
下着部門が立ち上がるときの中心メンバーを務めました。
現在は、自身でオートクチュールを発表するかたわら、
日本の「オーガニック素材」の先端を走る
名古屋の豊島株式会社と組み、
今回の「cohan」、また、
「ほぼ日」の「白いシャツをめぐる旅。」で紹介した
シルクの肌着ブランド
「ma・to・wa」(マ・ト・ワ)などの
デザイン・開発にも携わっています。
日本の企業のみならず、香港やフランス、アメリカなど、
世界をまたにかけ活躍しています。

その3
かわいくなくちゃ、
気持ちよくなくちゃ。

伊藤
体型も個性、ということはつまり、
胸とかお尻も、それこそ人それぞれですよね。
でも今回のcohanもそうですが、
既製品って、いろんな人に合うようにできている。
その折り合いのつけ方って、
どうしたらいいんでしょう。
惠谷
国によって違うんですけど、
日本人はどっちかって言うと、丸く盛るタイプを好み、
きついブラジャーを着けるのがイヤなんです。
アメリカ人は、グーッと上げて、
脇もかなりピタッとした、フィット感の強いものが好き。
だから本来は75のCカップなんだけど、
わざわざ70のDで大きくするっていう、
そういう着方をする人もいるんですよ。
日本の方は、本当はアンダー70のCでいいのに、
きついのイヤだから75を買うわ、
ということがありますよね。
だから、本来は自分の本当のブラのサイズを
いちどはプロに測ってもらって知るほうがいいです。
それを知ったうえで、
これはフックがなくてかぶって着るから
すこしゆるいほうがいいとか、
この生地は薄いのできつくても大丈夫とか、
そんなふうに選ぶのがいいと思います。
cohanはS・M・Lでやっています。
ブラジャーって、以前はアンダーとカップ表示でしたが、
私がファストファッションの下着部門をつくったとき、
S・M・L方式にしたいと言ったんです。
そのときは、ブラジャーメーカーからの
転職組が多かったので、
「ありえない」と言われました。
ですけど、そのメーカーが提案する
カジュアルなライフスタイルを考えたら、
それがいいと思ったんです。
伊藤
それは何年のことですか。
惠谷
提案したのは2002年です。
デビューは2003年でしたね。
そうして世に出したら、
S・M・L方式でいいんだわっていう人が大勢いて、
今や日本の大手下着メーカーさんも、
S・M・Lでノンワイヤーブラを出す時代になりました。
それまで、65のA・B・C、
70のA・B・Cというふうだったのが、
ぐんと減ったので、在庫管理もしやすくなって。
でも現在は、P(プチ)や
G(グランデ)という表示ができ、
A・B・Cカップの人はSP・MP・LP、
D・E・Fの人はSG・MG・LG、
というふうになっているところもありますね。
伊藤
cohanの特徴は?
惠谷
豊島さんといっしょに「リラックスするもの」
そして「旅にもべんりなもの」ということで
考えたデザインです。
cohanは基本的に、
肌に当たる部分を綿100%にしました。
旅や出張が多い人にも使いやすいように、
とにかくコンパクトになるようにつくっています。
わたしも出張が多いので思うんですが、
荷物のなかで、ブラジャーって、やたら邪魔ですよね。
伊藤
私、スイスのアンダーウェアブランドの
ブラキャミソールが好きなんですけれど、
畳んでもゴロゴロするんですよね。
惠谷
ワイヤーがないのも、さっき申し上げたような
リンパの流れを止めないという意味もあるんですけれど、
そりゃ付けたほうが、着た感じはきれいに見える。
でもそんなにドレスアップすることって、
日常にはあまりありません。
ことに旅のときはちょっと楽なほうがいいし、
移動の電車や車、飛行機のなかでも楽だし、
荷物もちっちゃいほうがいい、と思って、
畳めるブラってできないかなと、これを考えたんです。
しかも旅先で手洗いして、タオルにくるんで
ギュッギュッとやったら、もうほとんど乾いてる。
フックアイもないから背中もすっきり見えるし、
背中が開いたものを着たときに、
見えても、そんなにおかしくない。
伊藤
Vネックの服を着ることが多いので、
胸のカットが深いのが、とても重宝するんです。
惠谷
そうですよね。
デコルテのラインはやっぱりきれいに見せたいし、
楽なブラジャーだけど、脱いでもカッコいいというか、
カッティングがきれいじゃないといけないなって。
じつはね、これ、本当はパターンが
すごくたいへんなんです。
シンプルなのでごまかしがきかなくて。
ズッてずれないような肩下がりと、胸の角度と、
ダーツを移動させことが、
じつはまあまあたいへんなことなんです。
伊藤
色のことも、聞かせて下さい。
惠谷
基本は「ヌードベージュ」です。
数百人の日本の女性の肌の色を調べて選んだ色で、
上に白や、淡い色のアウターを着ても透けない色なんです。
そしてcohanで人気のあるカラーの「ターコイズ」。
カラフルですが大人ぽく、
ちらりと見えてもチャーミングですよね。
ブラックはシャープにかっこよく。
そしてまさこさんカラーは、オリジナルで、
「weeksdays」限定の
「ハーブグリーン」をつくりましたね。
伊藤
これが可愛いんです!
惠谷
いい色ですね、これ。
日本の伝統色の萌葱色(もえぎいろ)にも近く、
ナチュラルで上品。
黄色いネイルにもぴったりな色ですよね。
──
見せるものじゃないけど、
やっぱり可愛いほうがいいわけですよね。
伊藤
そりゃそうです!
惠谷
やっぱりおしゃれな人は下着ですね。
いい下着、きれいな下着を着けていると
気持ちがいいですものね。
伊藤
あと、やっぱり「ちょっと」
見えたりするじゃないですか。
そういう時に、あ、この人、
すごくいい下着着てるな! と思いますもの。
──
このトーク、女子ならではですね。
楽しそうな会話でした。
男子はこういう話、しませんから‥‥。
伊藤
何穿いてる? みたいなね。
惠谷
たしかにたしかに。
伊藤
でもね、男性がしゃがんだ時とかに、
後ろから腰のところにトランクスが見えたりするのって、
気になりますよ?
惠谷
ふふふ、男性も気を遣うべきですよね。
(終わります)
2018-09-11-TUE