テレビのリモコンをにぎって
あちこち番組を行き来しているとき、
この人の姿が見えたら手をとめてしまう。
演技に引き込まれたり、
スカッとしたお人柄に感心したり。
三谷幸喜監督の最新映画『記憶にございません!』
アメリカ大統領を演じる木村佳乃さんの姿に
とどめのように衝撃を受けた「ほぼ日」の菅野は、
お話をうかがいに行ってまいりました。
のびのびとしたお人柄そのままのお話、
どうぞおたのしみください。

>木村佳乃さんのプロフィール

木村佳乃(きむら よしの)

1976年イギリス生まれ。
1996年にドラマデビュー。
1997年に森田芳光監督の映画『失楽園』に出演し、
日本アカデミー賞新人賞を受賞。
2010年の映画『告白』では
日本アカデミー賞ならびにブルーリボン賞で
助演女優賞を受賞。
そのほかの映画出演作には『阿修羅のごとく』
『さくらん』『誰も守ってくれない』など。
大河ドラマ「真田丸」や
朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、
「あなたには渡さない」「後妻業」など、
テレビドラマの出演も数多い。

写真 小川拓洋

前へ目次ページへ次へ

ほぼ日
木村さんが演じる役には、
いろんなものがあったと思います。
自分ではない人を演じるということは、
かなりいろんなことを経験しないと
心模様が汲みとれないんじゃないかと
思うのですが。
木村
ええ、そういうふうに思ったこと、
昔ありました。
経験の少なかった若いころ、
そういうふうにすごく思ってて‥‥、
あるとき、ふと思いついたんです。
ほぼ日
はい。

木村
たとえば「ネバーエンディング・ストーリー」。
あれってファンタジーですよね。
ほぼ日
はい、ファンタジーですね。
木村
あの世界を実際に経験した人はだれもいません。
だから想像でやるしかない。
そうでないと魔法使いの役なんて、
誰もできないわけです。
誰もが本当の魔法使いじゃないから。
ほぼ日
たしかに、たしかに。
木村
その発想を転換させて、
「いや、できるよな」と。
「どんな役でも想像力が追いついていけば」
と思うようになりました。
ほぼ日
へぇえ! 
木村
「ハリー・ポッター」だって、
実際の撮影はグリーンバックなわけですよ。
「エイ!」なんて言って、
杖から魔法の光線をビューっと出すわけで、
あれを本当に出せる人はいませんものね。
※グリーンバック
合成映像を作る際に使われる緑色のスクリーン。
緑の部分に別の背景がはめこまれる。
ほぼ日
ええ、そうですよね。
木村
頼りになるのはやっぱり想像力、
つまり空想力というか‥‥まぁ、
それが演技力なのかもしれない。

ほぼ日
そうかぁ。
木村
実際経験したものと、
そうじゃないもの、
すごく差はあると思います。
でも、できないことではありません。
ほぼ日
これまで木村さんの映画やドラマを
拝見してきたのですが、
最近でガツンときたのが、
NHKの朝ドラの「ひよっこ」で。
木村
あ、「ひよっこ」ね! 
ほぼ日
「ひよっこ」の東京の場面で、
沢村一樹さんと有村架純さん、
菅野美穂さんと木村さんが、
四つ巴でひとつの部屋にいるシーンがありました。
木村
あぁ、ありましたね。
ほぼ日
あのシーンの迫力がすごくて、
衝撃に耐えられず泣きました。
あのときの「美代子」は、すごく繊細ですよね。
美代子の体験は、
木村さんには本当はないはずなのに、
なんであんなことができるんだろう、と思いました。
木村
あぁ、あれは書いてあったんです。
脚本に。
いい脚本って、読むとワッと引き込まれます。
そして、
「これをちゃんと、
書いてあるとおりに表現しなきゃ!」
と思います。
そこから、監督や共演の方、
照明さん、音声さん、カメラさん、
みんなで作品を作り上げていくという感じです。
ほぼ日
脚本にある美代子さんを、
書いてあるとおりに表現するために、
まずはご自身の想像力を駆使して‥‥。
木村
そうです。
私はけっこう、人の意見を聞きます。
ほぼ日
意見を。

木村
脚本を読んだ読後感や自分だけの価値観、
それだけで進めないほうが
いいと思っています。
ほぼ日
へぇえ。そうか、そうなのですか。
木村
自分の価値観、つまり主観だけでやろうとすると、
絶対に失敗するんです。
間違いなくそう。
なぜなら、役は私じゃないからです。
自分だけの思想が役に入ってしまうのは怖いです。
監督をはじめ、いろんな方の意見を聞いて、
相談してやります。
そうじゃないと、
やっぱり役が私になっちゃうんですよ。
ほぼ日
役は自分ではない、と。
木村
そこは本当に。
脚本を読んだときの、
自分の感想はもちろんあります。
でもそのままやっちゃうのは怖いと思う。
だから、人にものをすごく聞きます。
「私はこう思いましたけど、これ、どうですか」
そうじゃないとね、どう言ったらいいだろう、
つまり「自分だけ」だと限界があるんです。
ほぼ日
自分の考えつくことだけでやってしまうと。
木村
自分の主観が入りすぎると、
間違いなく役が薄っぺらくなります。
役は自分じゃないし、また、
自分と役を比べる作業は、一切しません。
ほぼ日
俳優さんのお仕事を、
そんなふうに考えたことはなかったです。
木村
でも、結局は、
最後にやるのは私だし、顔も私です。
ほぼ日
ああ、そうですね。
木村
特殊メイクで変えられたとしても、
顔はそうそう変わらないし、
声はかなりいっしょ。
絶対に「私」の要素は入っちゃう。
だからギリギリの段階まで、
なるべく違うものを
取り入れたいと思っています。
ほぼ日
木村さんは、俳優というお仕事を
やめようと思ったことはなかったですか?
木村
ないです。
具合が悪いとか、そういうことで
やめようかな、と思うこともあるかもしれません。
でも、役をいただいて成立する仕事なので、
自分でやめようとすることはないと思います。
ほぼ日
俳優さんというお仕事は、
カメラの前でパワーが要りそうだし、
さまざまに気をまわさなきゃいけないし、
尽きぬ泉のように表現しなきゃいけないし‥‥
かなりハードなのでは、と思ってしまいます。
木村
それは、どんなお仕事も一緒だと思います。
どんなお仕事も。
それは本当にそう思う。

(つづきます)

2019-09-13-FRI

前へ目次ページへ次へ
  • 脚本家、演出家、映画監督として
    これまでたくさんの笑いと感動を届けてきた
    三谷幸喜さんの、映画監督作品8作目となる
    待望の最新作。
    構想13年の三谷さんのオリジナルストーリーです。
    主演は「記憶喪失の総理大臣」を演じる
    中井貴一さん。
    木村佳乃さんはアメリカの大統領を演じます。
    そのほかディーン・フジオカさん、小池栄子さん、
    石田ゆり子さん、草刈正雄さん、佐藤浩市さん、
    斉藤由貴さん、吉田羊さん、宮澤エマさん、
    有働由美子さんなど、豪華なメンバーが
    三谷監督のメガホンで
    どのようなキャラクターを演じたのか!
    1シーンずつがたのしい現代劇です。

    9月13日(金)より全国東宝系にて公開。
    上映スケジュールなど、くわしくは
    映画の公式サイトをごらんください。