テレビのリモコンをにぎって
あちこち番組を行き来しているとき、
この人の姿が見えたら手をとめてしまう。
演技に引き込まれたり、
スカッとしたお人柄に感心したり。
三谷幸喜監督の最新映画『記憶にございません!』
アメリカ大統領を演じる木村佳乃さんの姿に
とどめのように衝撃を受けた「ほぼ日」の菅野は、
お話をうかがいに行ってまいりました。
のびのびとしたお人柄そのままのお話、
どうぞおたのしみください。

>木村佳乃さんのプロフィール

木村佳乃(きむら よしの)

1976年イギリス生まれ。
1996年にドラマデビュー。
1997年に森田芳光監督の映画『失楽園』に出演し、
日本アカデミー賞新人賞を受賞。
2010年の映画『告白』では
日本アカデミー賞ならびにブルーリボン賞で
助演女優賞を受賞。
そのほかの映画出演作には『阿修羅のごとく』
『さくらん』『誰も守ってくれない』など。
大河ドラマ「真田丸」や
朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、
「あなたには渡さない」「後妻業」など、
テレビドラマの出演も数多い。

写真 小川拓洋

前へ目次ページへ次へ

ほぼ日
木村さんは中学時代の3年間、
ニューヨークに住まわれていましたが、
その時期にご自身の変化はありましたか? 
木村
日本が大好きになりました。
というのも、祖父も父も
アメリカに縁があった人たちで、そのふたりから
「アメリカナイズされるな」
「日本のアイデンティをしっかり持て」
と、幼い頃から言われていました。
ほぼ日
それは国際派のご家族ならではのことですね。
木村
アメリカに行く前、つまり小学生のときですね、
映画では「E.T.」とか
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「グレムリン」などが流行ってました。
「そのアメリカに行くんだ。ワァイ!」
なんて思っていたんだけど、
ひとりで異文化に入るということは、
やっぱりそんなに生易しいものでは
ありませんでした。
ほぼ日
そうですね、
見かけがまずちがいます。
木村
当時はバブルで、
ロックフェラー・センターを日本が買収したり、
日本が反感を持たれていた時期でもあったんです。
ニューヨークは人種のるつぼです。
いろんな人がいますけれども、
みんながウェルカムってことはありません。
私はそれをとても敏感に感じていました。
ほぼ日
おおらかな性格の木村さんであっても。

木村
悔しかったんだと思います、たぶん。
自分ではどうしようもできないことで、
その世界に受け入れられないのですから。
ほぼ日
おじいさまはアメリカにご縁があった、
というお話が出ましたが、
おばあさまもアメリカに
いらっしゃったんでしょうか。
おそらく大変な経験をなさっていることでしょう。
木村
「最初、船で行った」と言ってました。
日本からロスに1か月かけて船で行って、
そこから汽車で1週間、
やっとニューヨークに到着したと聞きました。
船ではじめてアメリカの土を踏んだとき、
祖父が迎えに来てくれるはずが、
電報だけが残されていて
「行けなくなった。すまん」と書かれていた。
以来「祖父には頼れない」というのが
口癖みたいになってて(笑)。
ほぼ日
そして、いまとうとう孫である佳乃さんが
大統領を演じて‥‥アメリカには縁がありますね。
木村
本当(笑)、そうですね。

ほぼ日
木村さんは、おばあちゃんっ子だったと
伺いましたが。
木村
そうです。
おしゃれで、すごくハイカラな人でした。
明治生まれで、戦争も経験して、
戦前戦後とアメリカにいて、
とても強い人でした。
怒ったら怖かったですけど(笑)、
でも、大好きでしたね。
ほぼ日
いつもおばあちゃんと
どんなふうに過ごしてらっしゃったんですか。
木村
一緒に相撲を見てました(笑)。
ほぼ日
相撲!
木村
祖母は体育の先生だったらしくて、
マラソンも大好きでした。
おやつを食べて
一緒にテレビでマラソン見たり。
ほぼ日
そうなんですか。
木村
しかも身長が160cmくらいあって、
当時としては大きい人だったらしいです。
ほぼ日
もしかして、木村さんと、
ちょっと似てらっしゃるのでしょうか。
木村
あ、顔がそっくりです、祖母と(笑)。
祖母はよくいろんな話をしてくれました。
戦争の話もありましたし、
祖父とどうやって知り合ったとか、
そういう話(笑)。
女の子ってそういうの好きじゃないですか、
「どうやって結婚したんだ」みたいなね、
そういう他愛のない話をたくさんしました。
だから私は、
学校から帰ると祖母の所へ行って、
おやつ食べて、いっつもゴロゴロしてました(笑)。

ほぼ日
役柄として、
木村さんはこれまでいろんな時代の人を
演じてこられたと思いますが、
「こんな時代のこんな人になってみたいな」
と思ったことはありますか?
木村
えぇっ? 考えたこともなかったなぁ。
でも‥‥生まれ変わったら
男の子になってみたいとは、つねに思ってます。
夏に高校野球にハマったりしてて、
ああいうふうに夢中になって、
スポーツに打ち込んだりしてみたいです。
男の子の気持ちってよくわからないですよね、
だから興味がある。
ほぼ日
お子さんはふたりとも、女の子ですよね。
木村
はい。自分自身も、きょうだいは姉です。
しかも祖母の家に入りびたって、
女ばっかりの環境で育ってきちゃった。
ほぼ日
お父さんとはどうでしょう? 
なかがよかったですか? 
木村
いいです、いいです、
すごくいいです。
ほぼ日
そろそろ時間もなくなってきたので、
最後にお父さまのことをうかがっていいでしょうか。
個人的な話で恐縮なのですが、
私の父はわりと、格言めいたことを
言うタイプだったんです。
木村さんがお父さまから言われたこと、ありますか? 
木村
「酒は飲んでも飲まれるな」
って言われてました。
ほぼ日
(笑)
木村
あとは
「人に何か話をするときは、多少盛れ」
です。
ほぼ日
すごい名言。そのふたつ。

木村
お話するときは人をたのしませたほうがいいから、
事実とちょっとくらい離れても、
おもしろいほうがいいんだぞ、って。
父と私が話をしていると、たまに母が横から、
「そんなに大げさなことじゃなかったじゃない」
なんて言うんです。
「ママはああいうふうに言っているけどな、
ちょっとおおげさに話したほうが
盛りあがるじゃないか」
みたいなことを、父はいつもいいます。
「事実を事実として話すとき、ちょっと盛れ」
これです。
ほぼ日
「飲んでも飲まれるな」ということは、
お父さん、酒のうえの失敗が
あったのかもしれないですね。
木村
あるんじゃないですか、いっぱい。
ほぼ日
木村さんはないですか。
木村
あると思う。
ほぼ日
ああ(笑)、もっとお話を伺いたいですが、
ほんとうに時間が来ました。
本日はありがとうございました。
『記憶にございません!』の大統領姿、
もういちどスクリーンで味わいます。
木村
はい、こちらこそ、
ありがとうございました。

(おわります)

2019-09-14-SAT

前へ目次ページへ次へ
  • 脚本家、演出家、映画監督として
    これまでたくさんの笑いと感動を届けてきた
    三谷幸喜さんの、映画監督作品8作目となる
    待望の最新作。
    構想13年の三谷さんのオリジナルストーリーです。
    主演は「記憶喪失の総理大臣」を演じる
    中井貴一さん。
    木村佳乃さんはアメリカの大統領を演じます。
    そのほかディーン・フジオカさん、小池栄子さん、
    石田ゆり子さん、草刈正雄さん、佐藤浩市さん、
    斉藤由貴さん、吉田羊さん、宮澤エマさん、
    有働由美子さんなど、豪華なメンバーが
    三谷監督のメガホンで
    どのようなキャラクターを演じたのか!
    1シーンずつがたのしい現代劇です。

    9月13日(金)より全国東宝系にて公開。
    上映スケジュールなど、くわしくは
    映画の公式サイトをごらんください。