テレビのリモコンをにぎって
あちこち番組を行き来しているとき、
この人の姿が見えたら手をとめてしまう。
演技に引き込まれたり、
スカッとしたお人柄に感心したり。
三谷幸喜監督の最新映画『記憶にございません!』
アメリカ大統領を演じる木村佳乃さんの姿に
とどめのように衝撃を受けた「ほぼ日」の菅野は、
お話をうかがいに行ってまいりました。
のびのびとしたお人柄そのままのお話、
どうぞおたのしみください。

>木村佳乃さんのプロフィール

木村佳乃(きむら よしの)

1976年イギリス生まれ。
1996年にドラマデビュー。
1997年に森田芳光監督の映画『失楽園』に出演し、
日本アカデミー賞新人賞を受賞。
2010年の映画『告白』では
日本アカデミー賞ならびにブルーリボン賞で
助演女優賞を受賞。
そのほかの映画出演作には『阿修羅のごとく』
『さくらん』『誰も守ってくれない』など。
大河ドラマ「真田丸」や
朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、
「あなたには渡さない」「後妻業」など、
テレビドラマの出演も数多い。

写真 小川拓洋

前へ目次ページへ次へ

ほぼ日
木村さんは、映画でもドラマでもテレビ番組でも、
自分のいいところをのびのびと
発揮しておられるように見えます。
もともと以前からそういう方だったのか、
だんだんと変わってこられたのか、
どちらでしょうか。
木村
これはもともとだと思います。
こういう性質がもともとあって、
年齢を重ねて、
それが強く出てきたんでしょう。
ほぼ日
強く(笑)。
木村
あまりものを考えない。
おおらかである。
ほぼ日
では以前から、ちょっとおおらかな‥‥。
木村
かなり。
ほぼ日
かなり。
木村
かなりです。
通信簿にずっと「おおらか」と書いてありました。

ほぼ日
おおらかって、
自覚することはむずかしいと思うんですが、
「自分は人と比べておおらかなのかも」
と思ったことは、ありますか?
木村
そうですねぇ、なんだろう、
まずは喧嘩するのが好きじゃない、すごく苦手です。
やっぱりみんなでたのしくいるほうがいいでしょう? 
お仕事で大変だったりするかもしれないけど、
どうせならたのしいほうがいいと思います。
人が喧嘩したり、
悪口を言い合ったりするのを見るのは
好きじゃないんですよ。
ほぼ日
それ、すごくだいじなことですね。
木村
ねぇ、そう思いますよね。
ほぼ日
昔からおつきあいのあるお友達から
「おおらかだね」と言われるようなことは? 
木村
小学校低学年からつきあっているお友達が多いので、
いまさら私の性格を定義してくれる人は
ひとりもいないです。
ほぼ日
(笑)
木村
私は本当に友達に恵まれていると思います。
あ、よく欠点は言われますよ。
「いいかげんだね」とか「また忘れて!」とか。
ほぼ日
それらの特徴も、まぁ、
おおらかに含まれることですね。
木村
うん、そうですね。
ほぼ日
俳優の世界に入ってからも、
「おおらかさ」はブレなかったのでしょうか。
木村
私はこの世界に19歳で入っていて、
それはそんなに早いほうではないと思います。
19歳といえば、
人格はしっかりと形成されていますよね。
さらに、私が入った事務所の社長、
この方がまた、ひじょうにおおらかな人で‥‥。
ほぼ日
おおらかな方が、おおらかな方の事務所に。
木村
「こうしなきゃいけない」
「ああしなきゃいけない」
と、頭ごなしに言われたことは、
ありません。
ほぼ日
ああ、そうなんですか。
木村
「その人の持っている個性を尊重する」
というのがモットーで。
ほぼ日
じつは、うちの会社もわりとそうです。
木村
そうでしょうね、きっと
「ほぼ日」さんは。
ほぼ日
その人の特徴を活かす、まさにそのとおり。
木村
虚像を設定して押さえつけたりしたら、
バネみたいにバーンと跳ね返っちゃいますよね。

ほぼ日
では、いままであまり苦手なことは
してこなかったですか? 
木村
うーん、いや、あるんじゃないかなぁ。
もしそういう苦手なシチュエーションが
あったとしたら、
そこにいながらも、
ほかのことを考えちゃってると思います。
ほぼ日
つまり、逃避するということでしょうか。
木村
集中できないんですよね、見事に(笑)。
お受けした仕事はもちろん、
集中してやっているんですけれども、
それ以外の、興味が持てないことがあった場合、
ぜんぜん集中できなくて、
周りからするとかなり眠そうな顔を
しているらしいです。
ほぼ日
それはたいへんです。
興味がないことがばれてしまう(笑)。
木村
いつもそうです。
「あぁ」って、みごとに眠そうな顔に
なるみたいですよ。
ほぼ日
俳優としてのお芝居は、
受けるときにご自身で選ばれるわけですよね。
木村
はい。みんなと相談して、決めて、
しっかりやる。
初志貫徹。
ほぼ日
これまで逆境や挫折もなく、
来られたのでしょうか。
木村
いえ、逆境はよくありますよ。
役を演じることは
たいへん繊細な作業ですし、
ひじょうにむずかしいことです。
ほぼ日
そうですよね。
木村
正解がないわけですから。
役というのは
ひとりで作るわけじゃなくて、
監督やスタッフさんをはじめ、
みなさんと一緒に作りあげていきます。
そういう面でも、むずかしくなっていきます。
ほぼ日
みなさんの意見を
自分がアウトプットして
表現していくから‥‥。
木村
演じることにはつねに、壁があると思います。
そして、みんなの意見を聞いたうえで
表現したものであっても、最終的に
「合っているかどうか」の正解は、
当然ながらわからないんです。

(つづきます)

2019-09-12-THU

前へ目次ページへ次へ
  • 脚本家、演出家、映画監督として
    これまでたくさんの笑いと感動を届けてきた
    三谷幸喜さんの、映画監督作品8作目となる
    待望の最新作。
    構想13年の三谷さんのオリジナルストーリーです。
    主演は「記憶喪失の総理大臣」を演じる
    中井貴一さん。
    木村佳乃さんはアメリカの大統領を演じます。
    そのほかディーン・フジオカさん、小池栄子さん、
    石田ゆり子さん、草刈正雄さん、佐藤浩市さん、
    斉藤由貴さん、吉田羊さん、宮澤エマさん、
    有働由美子さんなど、豪華なメンバーが
    三谷監督のメガホンで
    どのようなキャラクターを演じたのか!
    1シーンずつがたのしい現代劇です。

    9月13日(金)より全国東宝系にて公開。
    上映スケジュールなど、くわしくは
    映画の公式サイトをごらんください。