テレビのリモコンをにぎって
あちこち番組を行き来しているとき、
この人の姿が見えたら手をとめてしまう。
演技に引き込まれたり、
スカッとしたお人柄に感心したり。
三谷幸喜監督の最新映画『記憶にございません!』
アメリカ大統領を演じる木村佳乃さんの姿に
とどめのように衝撃を受けた「ほぼ日」の菅野は、
お話をうかがいに行ってまいりました。
のびのびとしたお人柄そのままのお話、
どうぞおたのしみください。

>木村佳乃さんのプロフィール

木村佳乃(きむら よしの)

1976年イギリス生まれ。
1996年にドラマデビュー。
1997年に森田芳光監督の映画『失楽園』に出演し、
日本アカデミー賞新人賞を受賞。
2010年の映画『告白』では
日本アカデミー賞ならびにブルーリボン賞で
助演女優賞を受賞。
そのほかの映画出演作には『阿修羅のごとく』
『さくらん』『誰も守ってくれない』など。
大河ドラマ「真田丸」や
朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、
「あなたには渡さない」「後妻業」など、
テレビドラマの出演も数多い。

写真 小川拓洋

前へ目次ページへ次へ

ほぼ日
本日はお話を聞かせていただきます、
よろしくお願いいたします。
木村
こちらこそよろしくお願いします。
いまお持ちになってるのは、
『記憶にございません!』のパンフレットですね。
ほぼ日
はい。
映画のイメージビジュアルイラストを
最初に見たとき、
どれがどなたなのか、すぐわかったんですが、
木村さんだけが一瞬わかりませんでした。

©2019 フジテレビ 東宝 ©2019 フジテレビ 東宝 

木村
ああ、でしょうね(笑)。
でも顔は似てますね。
ほぼ日
顔は、似てます。
木村
ようは髪型ですよね。
ほぼ日
はい、髪型です。
この髪型には、
木村さんのふだんのイメージはありません。
あとはメイクのせいで、わからない。
今回の映画の木村さんのお役柄が、えーっと、
スーザン・セントジェームス・ナリカワ大統領。
木村
そうなんですよ。
ほぼ日
なんと、アメリカの大統領。
大統領を演じることについて、
最初にどう思われましたか。
木村
冗談だと思いました。
ほぼ日
(笑)

©2019 フジテレビ 東宝 ©2019 フジテレビ 東宝 

木村
三谷さんはよく冗談をおっしゃるので。
冗談だと思った、はっきり言って。
ほぼ日
「初の」日系女性大統領という設定ですよね。
こういった特殊な役柄の場合、
どんなことを手がかりにして
「演じる」段階まで持っていかれるんでしょうか。
木村
特殊とはいっても、
たとえばトランプさんの大統領選挙のときに
ヒラリーさんが演説していたようすは、
テレビで頻繁に見られましたよね? 
私はあの演説、よく見てました。
ほぼ日
ああ、なるほど。
ヒラリー・クリントンさんの演説のしかたを。
木村
そして三谷さんが、
「見かけはマーガレット・サッチャーさんと
ヒラリー・クリントンさんを
足して2で割った感じ」
とおっしゃっていて。

ほぼ日
たしかに髪型はイギリス首相だった
サッチャーさんに似てますね。
いただいた資料によると、
ナリカワ大統領のメイクは、三谷監督のアイデアで
「エリザベス・テイラー」だそうですが。
木村
本当? そうだったんですね。
ほぼ日
はい、ここにも書いてあります。
いつもの木村さんのお顔じゃない度合いがすごくて、
スクリーンにくぎづけになりました。
木村
メイクはだいぶ濃かったです。
ほぼ日
眉の角度もずいぶん‥‥。

©2019 フジテレビ 東宝 ©2019 フジテレビ 東宝 

木村
ですよね。
前提として、これだけのカツラを
かぶってるってことですよ。
かなりメイクしないと、
あのカツラに負けちゃいます。
ほぼ日
あ、あれはカツラなんですね! 
木村
すっっっごく、カツラです。
ああそっか、そっか、
私はエリザベス・テイラーだったんだ。
自慢しよう。
ほぼ日
自慢(笑)。
ヒラリーさんとサッチャーさんを、
合わせたようなイメージで。
木村
そうです、見かけはね。
ほぼ日
中身は、堂々たる大統領。
木村
はい、そうです。
ほぼ日
そしてセリフは英語だから‥‥
木村
英語のセリフは、
外国人の先生と「そういう」練習をしました。
大統領っぽいしゃべり方というんでしょうか。
ほぼ日
大統領っぽくしゃべるとは。
木村
大きい声で、ゆっくりはっきり。
実際のヒラリーさんの演説もそうなんですが、
強調するところを、
彼らはさらにすごくゆっくり言います。
ほぼ日
あぁ。気づかなかったけど、そうか。
木村
そしてオーバーアクション。
日本の人はあまりやらないけど、
手を動かして話します。
ほぼ日
やってみよう。
大きい声で、ゆっくりはっきり、
強調するときには、さらに、ゆーっくり言う。
木村
そうです、そうです。

ほぼ日
木村さんは中学時代に、
アメリカにお住まいだったんですよね。
この大統領のセリフも、
ご自身の英語力がまずベースにあるのかと。
木村
いえいえ、アメリカにいたのは
中学生の3年間だけだったので、
私の英語は中学英語なんですよ。
ほぼ日
そこからヒラリーさんのような
朗々と話す英語にするために、
練習が必要だったんですね。
木村
そう。
まぁでも、日系だということで、
ちょっとエクスキューズはありました。
ほぼ日
そして、主演の中井貴一さんは、
記憶をなくした総理大臣の役です。
木村
しかも私の役は、
貴一さん扮する総理が
記憶を失ってらっしゃることに一切気づいてない。
ほぼ日
記憶を亡くした総理大臣、
それに気づいていない日系の女性大統領、
セリフは英語、
複雑な掛け算のミックスジュースのようなシーンで、
「自分はいまいったい何を観てるんだろう」
という気になり、その自分の混乱ごと、
あそこで爆笑しました。
木村
ありがとうございます、それはよかった。

(つづきます)

2019-09-11-WED

前へ目次ページへ次へ
  • 脚本家、演出家、映画監督として
    これまでたくさんの笑いと感動を届けてきた
    三谷幸喜さんの、映画監督作品8作目となる
    待望の最新作。
    構想13年の三谷さんのオリジナルストーリーです。
    主演は「記憶喪失の総理大臣」を演じる
    中井貴一さん。
    木村佳乃さんはアメリカの大統領を演じます。
    そのほかディーン・フジオカさん、小池栄子さん、
    石田ゆり子さん、草刈正雄さん、佐藤浩市さん、
    斉藤由貴さん、吉田羊さん、宮澤エマさん、
    有働由美子さんなど、豪華なメンバーが
    三谷監督のメガホンで
    どのようなキャラクターを演じたのか!
    1シーンずつがたのしい現代劇です。

    9月13日(金)より全国東宝系にて公開。
    上映スケジュールなど、くわしくは
    映画の公式サイトをごらんください。