きっと誰もが知ってるかわいい絵巻、
鳥獣戯画。有名ですよね。
いま、東京国立博物館で
全4巻の全場面が展示されています。
これ、史上初の快挙なんだそうです。
(新型コロナで休業中ですが)
何人もの腕利きの絵師が、
何十年もの時間をかけて描き継いだ、
全長44メートルのオチなき物語。
すっかり知ってるつもりだったけど、
聞けば聞くほど知らないことだらけ。
その謎、ふしぎ、歴史とすごみ、
おもしろさ‥‥などなどについて、
土屋貴裕先生に、うかがいました。
担当は、ほぼ日の奥野です。
再開の日がくることを、祈りながら。
(緊急事態宣言の前の取材でした)

>土屋貴裕先生のプロフィール

土屋貴裕(つちやたかひろ)

東京国立博物館 学芸研究部調査研究課絵画・彫刻室長。専門は日本絵画史。特に古代中世のやまと絵、絵巻。東京文化財研究所研究員を経て、2011年より東京国立博物館研究員。「鳥獣戯画京都高山寺の至宝」(2015年)、「国宝 鳥獣戯画のすべて」(2021年)等の特別展を担当。主な著作に、高山寺監修・土屋貴裕編『高山寺の美術』(吉川弘文館、2020年)、土屋貴裕・三戸信惠・板倉聖哲『もっと知りたい鳥獣戯画』(東京美術、2020年)。

  • かつて、マッキー片手にオランダをめぐり
    「ひまわり」はじめ、
    ゴッホの名画を模写した経験を持つ先生が、
    日本の誇る「鳥獣戯画」の複製を模写。
    兎が、猿が、蛙が‥‥。
    スライドショー形式で、お楽しみください。
    ※特別な許可を得て模写しております

    previous arrow
    next arrow
    Slider