手話イメージ

きっかけは糸井重里が、
「リモート会議は感情の表現が難しいな」
と書いたことでした。それにある読者の方が
「わたしは簡単な手話をつかってますよ」
というメールを送ってくださり、
ほぼ日でも手話を学んでみよう、
ということになりました。
どなたに学んだらいいか、探していたら、
ぴったりの先生と巡り会いましたよ。
NHKでパラスポーツを取材している
リポーターの、後藤佑季さんです。
去年、朝のニュースで
「リモートの時代、もっと広がる手話の可能性」
という取材をされていました。
ほぼ日の乗組員たちに、
「手話を学んでみたい人?」と問いかけたら、
思った以上にたくさん手があがり、
みんなで手話を学ぶことになりました。
後藤佑季さんに教えていただく全4回の授業。
動画を観ていただくのが一番ですが、
テキストでもお伝えいたします。

>後藤佑季さんのプロフィール

後藤佑季(ごとう・ゆうき)

1996年生まれ。岐阜出身。

慶應義塾大学在学中の2017年、NHKが全国の障害のある人を対象に公募したリポーターのひとりとして採用。

生まれた時から聴覚障害があり、左耳に人工内耳を装用。現在、パラスポーツや共生社会実現への課題などを取材している。

自身の経験から「見えない」障害のある人の存在を伝えるべく奮闘中。

取材記事はこちら↓

https://sports.nhk.or.jp/paralympic/article/reporter/

前へ目次ページへ次へ

第2回 自己紹介してみよう

後藤佑季さんの授業をテキストでもどうぞ!
(動画とテキストの内容はほぼ同じです)

■手話で自己紹介してみよう

「では、実際に手話を使ってみよう!」
ということで、
第2回は実践編です!

参加している乗組員が、
それぞれ自己紹介をやってみることになりました。
たとえば、後藤さんの場合は
「私は後藤佑季です」という文章を手話で表現してみます。

この文章を手話に分解してみます。
「私」+「名前」+「苗字」+「名前」+「言う」。
これで「私の名前は〇〇です。」という手話になります。
(一つの例で、ほかにもいろんな表現の方法が
あるそうです)

まずは後藤さんがお手本を見せてくれました。

  
「私」

「私」の手話 「私」の手話

  
「名前」

「名前」の手話 「名前」の手話

  
「後藤」
後藤は「後ろ」と「藤の花」の手話を組み合わせます。

「後ろ」の手話 「後ろ」の手話

「藤の花」の手話 「藤の花」の手話

  
「ユ、ウ、キ」
これは指文字を使います。
最後に「言う」

「言う」の手話 「言う」の手話

これらを全て組み合わせると
「私の名前は後藤ユウキといいます」
という手話になります。

■指文字ってなに?

名前の表現は「指文字」というものを使います。
この「指文字」とは、
かなの46文字をそれぞれを表すものです。

画像提供:公益社団法人東京聴覚障害者総合支援機構東京都聴覚障害者連盟 画像提供:公益社団法人東京聴覚障害者総合支援機構東京都聴覚障害者連盟

ちょっと極端ですが、
指文字さえ覚えていれば
手話単語を覚えていなくても、
全部を「かな」で表すことで
会話ができるということになります。

後藤さんも、
手話単語がふいに思い出せないとき、
指文字を使うことがあるそうです。

手話がない固有名詞もあるので、
そういうときにも指文字を使います。

自己紹介では、
名前、ファーストネームは
指文字で一音ずつ表現するのが
一般的です。

名前って、同じ「ユウキさん」でも、
いろんな漢字がありますよね。
苗字は漢字を手話で表記しやすいのですが、
名前は漢字と読み方が多様ですし、
その漢字の意味を手話でやっても伝わりにくいことから、
だそうです。

 

■自分の苗字と名前の手話を調べてみよう!

ここからは、乗組員たちが自己紹介をするために、
自分の苗字の手話と、
名前の指文字を調べることになりました。

苗字は手話の辞書を使います。
使い方は、日本語の辞書と同じです。
後藤さんの場合は「後ろ」という手話と、
「藤」っていうのは調べます。

指文字は、実は知る方法がたくさんあります。
スマートフォンで
「指文字表」と検索するだけでもたくさん出てきます。

今回は、乗組員が辞書とスマホを使って
自分の苗字と名前を調べ、
各自が練習したのちに
みんなの前で自己紹介を披露しました。

(つづきます)

手話イラスト:高澤季裕
原稿編集:金沢俊吾

2021-08-24-TUE

前へ目次ページへ次へ
  • 掲載した指文字一覧表は
    公益社団法人東京聴覚障害者総合支援機構 東京都聴覚障害者連盟の
    公式サイトより購入可能です。