手話イメージ

きっかけは糸井重里が、
「リモート会議は感情の表現が難しいな」
と書いたことでした。それにある読者の方が
「わたしは簡単な手話をつかってますよ」
というメールを送ってくださり、
ほぼ日でも手話を学んでみよう、
ということになりました。
どなたに学んだらいいか、探していたら、
ぴったりの先生と巡り会いましたよ。
NHKでパラスポーツを取材している
リポーターの、後藤佑季さんです。
去年、朝のニュースで
「リモートの時代、もっと広がる手話の可能性」
という取材をされていました。
ほぼ日の乗組員たちに、
「手話を学んでみたい人?」と問いかけたら、
思った以上にたくさん手があがり、
みんなで手話を学ぶことになりました。
後藤佑季さんに教えていただく全4回の授業。
動画を観ていただくのが一番ですが、
テキストでもお伝えいたします。

>後藤佑季さんのプロフィール

後藤佑季(ごとう・ゆうき)

1996年生まれ。岐阜出身。

慶應義塾大学在学中の2017年、NHKが全国の障害のある人を対象に公募したリポーターのひとりとして採用。

生まれた時から聴覚障害があり、左耳に人工内耳を装用。現在、パラスポーツや共生社会実現への課題などを取材している。

自身の経験から「見えない」障害のある人の存在を伝えるべく奮闘中。

取材記事はこちら↓

https://sports.nhk.or.jp/paralympic/article/reporter/

前へ目次ページへ次へ

第1回 手話は言語

後藤佑季さんの授業をテキストでもどうぞ!
(動画とテキストの内容はほぼ同じです)

14人の乗組員たちは
「ほぼ日の學校」でも使用している
大教室に集まりました。
大きな拍手で迎えられ、
本日の講師である後藤佑季さんが登壇です。

自身は手話のネイティブではない後藤さん。

「最初にあいさつの手話を覚えていただきたいな」
と話されました。

たとえば海外旅行に行くと、
現地語のあいさつだけでも覚えようとしますよね?
アメリカだと「Hello」、フランスだと「メルシー」って。

それと同じように、
日本国内で使われる
「日本手話」のあいさつだけでも
ぜひ覚えてほしい!
とのことでした。

というわけで、
手話でのあいさつから授業スタートです。

 

■「おはよう」と「こんにちは」「こんばんは」

まず、「おはよう」は
「朝」と「あいさつ」を意味する
2つの手話の組み合わせです。
起きる時に枕を外すしぐさで
「朝」の手話になります。

「あいさつ」は、両手の人差し指を立てて、
向かい合うように指を折り曲げます。
これは人と人が向かい合って
お辞儀している様子を表しています。

この2つの手話を組み合わせると、
「朝」の「あいさつ」で
「おはようございます」という意味になります。
ちゃんと語源が分かると面白いですよね?

「こんにちは」と「こんばんは」も、
「おはようございます」と考え方は一緒です。

「こんにちは」は、
顔を時計の文字盤に見立てて、
指2本を短針と長針がわりに12時を指します。
これで「昼」という手話になります。

「昼」の手話 「昼」の手話

「昼」に「あいさつ」の手話を組み合わせると
「こんにちは」になります。

そして、「こんばんは」。
夜になって日が暮れていく様子を、
手のひらを身体の前で交差することで表します。
これが「夜」の手話です。

「夜」の手話 「夜」の手話

「夜」と「あいさつ」の手話を組み合わせて
「こんばんは」になります。

この授業を行ったのはお昼時だったので、
さっそく後藤さんと乗組員で
「こんにちは」と手話であいさつしてみました。

■後藤さんの聴覚障害

無事に手話であいさつができたところで、
改めて後藤さんのご紹介です。

後藤佑季さんは岐阜県出身の24歳です。
大学3年生の時から、
主にパラスポーツのリポーターを行いながら、
障害のある人に関わるテーマなど、
共生社会の実現に向けた取り組みの取材もしています。

後藤さんは「Pendred症候群」
という病気が原因で難聴になりました。
「感音性難聴」という種類の難聴で、
音が聞こえにくいだけでなく、
音が歪んで聞こえてしまいます。

生まれた時は、比較的軽度の難聴でしたが
どんどん症状が重くなり、
現在は両耳120デシベル程度ー
サイレンの音、ジェット機の音さえも
ほとんど聞こえない程の難聴になりました。

■「人工内耳」を入れている

後藤さんはちいさい頃から
補聴器をつけて生活をしていましたが、
小学校3年生の時に、
「人工内耳」を入れる手術をしました。
今日の授業でも
後藤さんが耳に付けているものです。

補聴器は聞き馴染みのある方も多いと思いますが、
人工内耳は補聴器とはぜんぜん違うものなのです。

頭の中に「電極」というものを入れていて、
外側から磁石で機械をくっつけています。

人間の耳は、音を受け取った鼓膜が信号に変えて、
それを脳が受け取って
「音」として認識しています。
後藤さんは、
その「信号に変える機能」に障害があるので、
代わりに機械が信号に変える作業をしてくれています。

画像提供:©日本コクレア 画像提供:©日本コクレア

現在、後藤さんは人工内耳を外すと
音がまったく聞こえません。
人工内耳を付けてはじめて、
音のある世界に入ることができます。

 

■手話は言語

後藤さんは、
「今日どうしても伝えたいこと」として、
以下の言葉を話されました。

「小さい頃は少し音が聞こえていたので、
日本語が母語です。
手話のネイティブではありません。」

日本語が母語。
つまり「生まれたときに触れた言語」
が日本語だということです。
一方で、生まれたときから耳が聞こえない人は
日本語を聞くことが出来ません。
そうした人々にとって、母語は手話になります。

後藤さんは続けてこう言いました。
「手話は言語なのです。」

日本語や英語は「言語」です。
これらの言語を母語とする人がいるように、
手話が母語である人もいます。

英語も日本語も手話も、
それぞれが独立して発展・普及している、
ひとつの「言語」だということです。

ちなみに、母語が手話なのは
耳が聞こえない人だけではありません。
「CODA(コーダ)」と呼ばれる
聞こえない両親のもとに生まれた、
耳の聞こえる子どもは
手話でコミュニケーションする環境で育ちます。
彼らの母語は日本語ではなく、
手話ということになります。

手話は「聞こえない人のためのもの」
というだけではないのです。

■手話の「つくり」

後藤さんは「手話は言語」と話されましたが、
具体的に手話という言語の
「なりたち」をご紹介します。

まず、手話は、以下の2つの動作から成り立ちます。
・手指動作(指や手を動かす動作)
・非手指動作

非手指動作は
表情だったり、うなずき、肩の動き、眉の上げ下げ……
こういった動作で、疑問詞や句読点を作ります。
単純に、「指の動き・手の動き=手話」
というわけではないのです。

さらに文法が日本語とは異なります。
日本語というよりは、
英語に近いイメージです。
最初に伝えたいことを言って、
それから理由を説明していきます。

たとえば「私は神田へ行きました」
という日本語を手話で伝えようとすると
「私は行きました。どこかというと神田です」
という順番でやることが多いです。

最初に伝えたいことを言って、
その後に理由を説明していくという形式です。
そのためか、「物事をはっきり伝える手話話者が多い」
と後藤さんは話します。

手話話者の方と話すと
「この人、言い方がはっきりしているなあ」
って思うことがあるそうですが
そうしたストレートな伝え方は
手話話者の文化では当たり前のことだそうです。

「言葉から受ける印象」も、
日本語と手話ではやっぱり違うんですね。

■手話は誰にとっても有用?!

「手話は誰にとっても
有用なのではないかと考えています。」
と、後藤さんは語り、
その理由をお話してくれました。

手話は、
相手が遠くても、静かな所でも、
うるさい所でも会話ができる言語です。

遠くにいる相手に
「トイレ行ってきたい」
って大声出して伝えるのは
ちょっと恥ずかしい。
でも、手話では声を張り上げなくても
伝えることができます。

駅のホームのような騒がしい場所でも、
手話だったら、しっかり会話できます。

これはやっぱり、聞こえない人たちが、
目を使って会話をするために
生まれたものだからなんですね。

聞こえる人でも、
あまり声を出したくないシーン、
音が聞こえない場所はたくさんありますよね。

そうしたときに、
声ではなく手話を使うことで
スムーズにコミュニケーションを取れるかもしれません。

この手話ならではの特性を指して
後藤さんは「手話は誰にでも有用」
とお話してくれました。

これで第1回の授業は終わりです。
後藤さんはこの他にも、手話ならではの表現方法や、
手話の方言や外国語について。
そして「コロナ」「令和」などの
新しく生まれる手話についてもお話くださいました。
全編が気になる方は、
ぜひ動画をチェックしてみてくださいね。

(つづきます)

手話イラスト:高澤季裕
原稿編集:金沢俊吾

2021-08-23-MON

前へ目次ページへ次へ
  • 掲載した指文字一覧表は
    公益社団法人東京聴覚障害者総合支援機構 東京都聴覚障害者連盟の
    公式サイトより購入可能です。