「ほぼ日」創刊日である1998年6月6日からの
長寿連載「マリーな部屋」の著者・渡辺真理さんが
ただひたすらに「おいしいお菓子を食べて、おしゃべりする」
そんな部活動の第2弾のゲストに、
鈴木保奈美さんをお迎えしました。
保奈美さんと真理さんが、
ふたりの「おすすめおやつリスト」をもとに
集めたお菓子を食べながら、
「目の前のお菓子」について語った4時間(!)、
後半は糸井重里も参加してのトークを、
どうぞたっぷり、おたのしみください。
あっ、お読みになる前に、
お好きなお菓子とドリンクをお手元に。
(たぶん、食べたくなります。)

撮影 浅井佳代子
ヘアメイク 福沢京子(鈴木保奈美さん)・ 石邑麻由(渡辺真理さん)
スタイリスト 犬走比佐乃(鈴木保奈美さん)
illustration koharu

>鈴木保奈美さんのプロフィール

鈴木保奈美(すずき・ほなみ)

俳優。1966年東京生まれ、茅ヶ崎育ち。
1986年デビュー。
1991年に主演したフジテレビのドラマ
『東京ラブストーリー』が大ヒット。
育児休業を経て、2008年に復帰、
俳優業のほか、エッセイ執筆をはじめる。
「ほぼ日」では「ソファみたいなスリッパ」
書籍『ほぼ日手帳公式ガイドブック2016』に登場。
飯島奈美さんの「365日の献立日記」(NHK)では
ナレーションをつとめる。

Instagram

>渡辺真理さんのプロフィール

渡辺真理(わたなべ・まり)

フリーアナウンサー。
1967年、横浜生まれ。
横浜雙葉小中高、ICU国際基督教大学卒業。
1990年にTBS入社、アナウンサーに。
1998年、フリーとなり、現在に至る。
「ほぼ日」では創刊時から連載「マリーな部屋」で、
好きなお菓子にまつわるエッセイを執筆、
「ほぼ日の學校」では
「渡辺真理の見るラジオ。」をはじめた。

ウェブサイト

前へ目次ページへ次へ

その6 ちょっと仕事の話など。

真理
それにしても、保奈美さんの一昨年あたりからの
忙しさったらないじゃないですか。
大丈夫ですか。
保奈美
去年の夏、1回熱出したかな。
真理
やっぱり。
保奈美
でも、全然、すぐ検査したら、
コロナウイルスは陰性でした。これは過労と加齢だね。
真理
加齢じゃないと思うけど、
過労ではありますよね。
すごい仕事量ですもん。
保奈美
けっこう頑張りました!
真理
このペースで、このまま?
保奈美
でも、ほら、こういうのって、
それこそ我々、受注産業だから、
真理
いや、「注」はありますよ。
保奈美
うーん? 自分がこのペースでって思っても、
そううまくいくことではないし。
真理
保奈美さんがこのペースでなさりたかったら、
続くと思うけど。逆にもっと忙しくなっちゃうかも。
ドラマも、雑誌も、書くことも、
絞れないだろうし。
保奈美
まあでも、今楽しいし、
まだ自分の伸びしろを信じているので。
まだもうちょっと上手になれるかなって。
‥‥上手になりたいので。
真理
それはお芝居のことですか?
保奈美
はい。
真理
これ以上?
保奈美
まだまだです。
いや、上手になりたいんですよ、私、本当に(笑)。
技(わざ)、ないから。本当よ。
謙遜とかじゃなくて、本当に技はないんです。
真理
いや、私はね、
いつかはちゃんとアナウンサーになりたいと
思いながら生きてますけど‥‥。
保奈美
ちょっと(笑)。
真理
どうしたら、ナレーションがうまくなれるのかなとか、
インタビューで話していただくには
どうすればいいのかなとか、
これ、エンドレスなんだよなぁ、って、
もうはるかな山の頂きを
アリンコみたいに登ってるようなもんです。
保奈美
うんうん。
真理
でも、保奈美さんはね。
保奈美
一緒よ、一緒! 
だって、日テレで『家庭教師のトラコ』
というドラマをやったとき、
脚本の遊川和彦さんとは
2年前に『35歳の少女』というドラマで
初めてご一緒して、それ以来だったんですけど
「保奈美さん、進化しましたね」
って言ってくださって!
ちょっとだけ進化したんです。
まだ進化の過程なんですよ、私。
真理
それって、進化したなぁという感嘆符の方じゃないですか?
だって、育児後、「ミセス」で
連載「ほなみ食堂」を始められて、
その後、大河ドラマで「お市の方」をなさって(*)
そこからピュアーンって加速度を増して
再ブレークと言われてて。
好きな言われ様じゃないかもしれないけど。
2010年NHK大河ドラマ「江」で
鈴木さんは10年ぶりに女優に育児休業から復帰、
12年ぶりの連続ドラマに出演して
「お市の方」を演じました。
保奈美
たぶんそれはそう見えてるだけで、
けっこう、そうじゃない時期があるんですよ。
真理
そうですか。
保奈美
だから「2年前よりちょっとうまくなったじゃん」
っていう意味でおっしゃったんです(笑)。
真理
そうかな。
保奈美
ということは、まだまだうまくなる余裕があるんですよ。
うまくなりたいよね。
真理
でも、あれですよね、お能の話じゃないですけど、
60代は60代の舞い、70代は70代の舞という。
どんどん深くという意味の深化はあるでしょうから、
80代で演じられたり書いたり
撮影で表紙をバーンってなさってたら、
カッコいいなー。
保奈美
ああ、水着で(笑)?
真理
行きます? 水着(笑)。
いや、水着とはいわずとも
80代とか90代も、バーン! って。
保奈美
ねえ、どうでしょうねえ。
真理
うちの夫(高井一郎さん、ドラマプロデューサー)は
フジテレビのドラマと言えば保奈美さんっていうくらい、
『東京ラブストーリー』はレガシーなわけで、
制作者として拝察してたんでしょうね、
「保奈美さんは、ああ見えて、たぶんすごく一途で、
真っ直ぐで、でも、器用か不器用かって言ったら、
器用な方ではないだろうから、
仕事するってパっとシフトなさったら、
そりゃあめざましい仕事をするでしょう」
って言ってました。
保奈美
すごい! わかってる、高井さん。
真理
「まさに今、仕事にシフトしてて、
それがとても楽しいんだと思うよ」と。
保奈美
すごい。
なんて、人のことよくわかってるんだろう(笑)。
話がすっかりお菓子から遠のいちゃった。
真理
そうでした。じゃあ、‥‥これ。
「ラムボール」(*)っていう横浜のお菓子です。
ユーミンさんもお好きとか。
元町の老舗のお菓子屋さんなんですけど、そこの名物で
ちょっと日持ちのするチョコレートケーキです。
ラム酒が効いてて、レーズンとかがズシッと入ってる。

横浜・元町の喜久家がつくるケーキ。
横浜の定番スイーツと言われています。
保奈美
ずっしり来そうだね、これはね。
真理
お酒にも合います。
糸井
‥‥こんにちは~。

保奈美
糸井さん!
真理
わぁ、糸井さん乱入。
やったー!
糸井
俺はどういう立場なの(笑)?
保奈美
お久しぶりです!
糸井
お久しぶりです、保奈美さん。
今日は真理ちゃんのために‥‥。
ありがとね。
保奈美
いえいえ!
真理
もう今ね、一通り、食べちゃいました。
たらふく食べて、おしゃべりするだけの時間(笑)。
保奈美
そういう会なんです。
真理
いちおう対談なんですけれど、
出だしも締めもなく(笑)。
糸井
え、もう終わるの?
真理
いえ、まだまだ。
糸井
(お菓子の山を見て)‥‥すごいなあ。

保奈美
フェスです。
真理
菓子フェスです。
糸井
どっちが先輩なの? 2人は。
真理
保奈美さんが昭和41年生まれでいらして
私が42年だから。
保奈美
1年先輩です。
真理
1年後輩です。
糸井
同じくらいなんですね。
真理
私はずっとTVで保奈美さんを見てましたけどね。
保奈美
90年代にね。
糸井
(笑)真理ちゃんは大人になってから
僕と会ってるんだ、割と。
真理
25歳くらいだったかな。
糸井
でも保奈美さんは、少女のときに僕は会ってるから。
保奈美
少女でした? 私。
糸井
少女のようでしたよ(笑)。
保奈美
(笑)
真理
糸井さんと保奈美さんは、以前?
保奈美
沖縄に一緒に行ったんです。
糸井
コマーシャルに出てもらって。
『東京ラブストーリー』をやってるときで、
たしか、ビールだったね。
保奈美
はい、ビールのコマーシャルでした。
でも、それ、採用されなかったんですよ、確か。
糸井
そうだっけ?
保奈美
だから、沖縄まで糸井さんと行ったという
贅沢な思い出だけが残ってます。
すごくたくさんロケしたんですよね。
糸井
そう、すっごい楽しかった。
だから、保奈美さんは割りと若いときを知ってるけど、
真理ちゃんはもう大人になってから会ってるから、
真理ちゃんのことを僕はちょっと
保奈美さんより年上の人みたいに思ってたんだ。
真理
保奈美さんは、そのCMのときは20代? 10代?
糸井
20代。
保奈美
私、10代のとき仕事してないから。
糸井
10代じゃないよね。大学生くらい。
保奈美
でも、私、大学、
籍8年くらい入ってたんです(笑)。
だからずーっと大学生だったんです(笑)。
糸井
え? そうなんだ、辞めなかったんだ。
保奈美
出席日数が足りなくて、結局、
卒業できなくなってあきらめたんです。

2023-03-19-SUN

前へ目次ページへ次へ